クルマ・バイク

軽自動車販売、N-BOX が4年連続トップ 2018年上半期車名別

投稿日:

-クルマ・バイク

関連記事

〔情報BOX〕3月配当利回りランキング、日経300で日産トップ 金融も上位

〔情報BOX〕3月配当利回りランキング、日経300で日産トップ 金融も上位

… 日経株価指数300を構成する3月期決算企業の予想配当利回りは、日産自動車が4.75%でトップ。みずほフィナンシャルグループ、MS&ADインシュアランスグループホールディングス<8 725.T>といった金融株や、三井物産、丸紅など商社株の一角が上位に入っている。 ○配当利回りランキング上位20社 利回り 1 7201.  JP 〔情報BOX〕3月配当利回りランキング、日経300…https://jp.reuters.com/article/%E3%80%94%E6%83%85%E5%A0%B1%EF%BC%A2%EF%BC%AF%EF%BC%B8%E3%80%953%E6%9C%88%E9%85%8D%E5%BD%93%E5%88%A9%E5%9B%9E%E3%82%8A%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%AD%E3%83%B3%E3%82%B0-%E6%97%A5%E7%B5%8C300%E3%81%A7%E6%97%A5%E7%94%A3%E3%83%88%E3%83%83%E3%83%97%E3%80%80%E9%8 …

日経平均寄与度ランキング(前引け)~ 日経平均は反発、三菱自や三越伊勢丹が構成銘柄の上昇率上位

日経平均寄与度ランキング(前引け)~ 日経平均は反発、三菱自や三越伊勢丹が構成銘柄の上昇率上位

日経平均構成銘柄の上昇率トップは、三菱自動車<7211>で10.1%高、同2位は三越伊勢丹ホールディングス<3099>で7.7%高となった。三菱自動車が前日に発表した18年3月期決算では、営業利益が982億円で前期比19.2倍となり、19年3月期は1100億円で同12.0%増と市場予想並みの水準を見込んでいる。円高で大手 …  みんなの株式 日経平均寄与度ランキング(前引け)~ 日経平均…https://minkabu.jp/news/2100034最新投稿日時:2018/05/10 12:44 – 「日経平均寄与度ランキング(前引け)~ 日経平均は反発、三菱自や三越伊勢丹が構成銘柄の上昇率上位」(フィスコ)

【北京モーターショー 2018】中国事業の展望についてトヨタ専務役員 中国本部長 小林一弘氏に聞く

【北京モーターショー 2018】中国事業の展望についてトヨタ専務役員 中国本部長 小林一弘氏に聞く

続いて、世界の自動車販売台数ランキング(2017年1月~12月累計)で、中国は2939万台と世界でトップ。2位はアメリカの1723万台、3位は日本の524万台、インド413万台、ドイツ371万台であることを示すとともに、自動車保有台数においても、中国は1億6285万台(2015年)、1億9440万台(2016年)と、アメリカに続いて2 …  Car Watch 【北京モーターショー 2018】中国事業の展望につい…https://car.watch.impress.co.jp/docs/event_repo/beijing2018/1120006.html トヨタ自動車 専務役員で中国本部長である小林一弘氏は、4月27日(現地時間)に中国・北京の「北京モーターショー 2018」で行なったトヨタのプレスカンファレンス後、記者団とのラウンドテーブルに出席。中国市場の現状とトヨタの中国事業の展望について話した。

世界の低燃費SUVトップ10、ほとんどが日本車! 非日系は2つのみ、しかも下位=中国メディア

世界の低燃費SUVトップ10、ほとんどが日本車! 非日系は2つのみ、しかも下位=中国メディア

そのうえで、米国で先日発表された世界の低燃費SUVランキングを紹介。ランキングは10位が現代・ツーソン、9位が日産・ローグ、8位がベンツ・GLA、7位がマツダ・CX-3、6位がホンダ・CRV、5位がスバル・クロストレック(XV)となっている。さらに4位はホンダ・HR-V、3位はレクサス・NX、2位はレクサス・RX、1位は …  ニフティニュース 世界の低燃費SUVトップ10、ほとんどが日本車…https://news.nifty.com/article/world/sech/12190-20180226_00011/ 今の世界の自動車市場における流行は、SUVだ。世界最大の自動車市場である中国では特にSUVの人気が強く、SUV車種の販売に力を入れた日系メーカーは昨年軒並み中国市場で好成績を残した。中国メディア・今…

販売台数に異変 日産ノートがトヨタ プリウスを抜いた理由

販売台数に異変 日産ノートがトヨタ プリウスを抜いた理由

乗用車の車種別販売ランキングで異変が起きている。 … 先月発表の「乗用車車名別販売台数ランキング」(日本自動車販売協会連合会、2018年3月期)によると、トップ5は次の通り。 … 日産「ノート」は、同社が独自に開発した電気自動車の新しいハイブリッドシステムの一種、「e―POWER」が好評で3カ月連続のトップ。  日刊ゲンダイDIGITAL 販売台数に異変 日産ノートがトヨタ プリウスを抜…https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/life/228769 乗用車の車種別販売ランキングで異変が起きている。圧倒的強さを誇ったトヨタの“プリウス&アクア連合”の牙城が崩れて…