クルマ・バイク

電通が平均給与484万円でトップ 契約社員の年収ランキング

投稿日:

グローバルウェイの「契約社員の年収が高い企業ランキング」では、平均年収484万円の電通が1 … 1位の電通は、2位の日産自動車を100万円近くも引き離した。

-クルマ・バイク

関連記事

日本企業のブランド価値ランキングでトヨタ自動車が11年連続首位!

日本企業のブランド価値ランキングでトヨタ自動車が11年連続首位!

ブランドコンサルティングを手掛けるインターブランドジャパンが2月14日、グローバルに展開する日本企業のブランド価値ランキング「Japanʼs Best Global …  clicccar.com(クリッカー) 日本企業のブランド価値ランキングでトヨタ自動車…https://clicccar.com/2019/02/16/702406/ブランドコンサルティングを手掛けるインターブランドジャパンが2月14日、グローバルに展開する日本企業のブランド価値ランキング「Japanʼs Best Global Brands 2019」を発表しました。

日経平均寄与度ランキング(大引け)~ 日経平均は反落、ファーストリテや花王が値下がり寄与上位

日経平均寄与度ランキング(大引け)~ 日経平均は反落、ファーストリテや花王が値下がり寄与上位

本日の日経平均も75円安からスタートしたが、米関税発動はある程度織り込み済みとみられ、為替の円高一服とともに自動車株などに買いが入った。日経平均は …  マネーボイス 日経平均寄与度ランキング(大引け)~ 日経平均は…http://www.mag2.com/p/money/4653911日大引け時点の日経平均構成銘柄の騰落数は、値上がり116銘柄、値下がり103銘柄、変&#…

ランクル人気はなぜ続く? 日産や三菱が撤退した大型本格四駆でトヨタだけが生き残る理由

ランクル人気はなぜ続く? 日産や三菱が撤退した大型本格四駆でトヨタだけが生き残る理由

かつて各メーカーがラインナップしていた大型の本格四駆ですが、いまや絶滅危惧種となってしまいました。現在残っているのはトヨタ「ランドクルーザー」のみとなり …  くるまのニュース ランクル人気はなぜ続く? 日産や三菱が撤退した大…https://kuruma-news.jp/post/159675かつて各メーカーがラインナップしていた大型の本格四駆ですが、いまや絶滅危惧種となってしまいました。現在残っているのはトヨタ「ランドクルーザー」のみとなりますが、販売が好調です。なぜランクルだけが生き残っているのでしょうか。

日本企業、ブランド価値でも新陳代謝進まず 18年順位

日本企業、ブランド価値でも新陳代謝進まず 18年順位

ブランドコンサルティング会社の米インターブランドは14日、2018年の日本企業のグローバルブランド価値ランキングを発表した。ランキングの公表を始めた09年当時と自動車やエレクトロニクスといった伝統的な主要産業の企業が上位を占める構図が続く。世界では米国のアップルやアマゾンが存在感を示している。 日本法人 …  日本経済新聞 電子版 日本企業、ブランド価値でも新陳代謝進まず 18年順位https://www.nikkei.com/article/DGXMZO2688907014022018X12000/ ブランドコンサルティング会社の米インターブランドは14日、2018年の日本企業のグローバルブランド価値ランキングを発表した。ランキングの公表を始めた09年当時と自動車やエレクトロニクスといった伝統的

スペーシアの反撃とN-BOXには及ばない理由

スペーシアの反撃とN-BOXには及ばない理由

軽自動車新車販売の車名別ランキングで王者のホンダ「N-BOX」(約12.7万台)に続く2位に食い込み、前年同期の5位から3つも順位を上げた。それだけではない …  東洋経済オンライン スペーシアの反撃とN-BOXには及ばない理由 | 軽自動車https://toyokeizai.net/articles/-/230756スズキの軽自動車「スペーシア」がジワリと販売台数を伸ばしている。全国軽自動車販売協会連合会(全軽自協)の統計によれば、今年上期(2018年1~6月)にスペーシアは、前年上期比約6%増の約7.9万台を販売。軽自…