クルマ・バイク

“高いから必要ない“のか? 自動車の「車両保険」賢い入り方

投稿日:

自動車保険には、自分の車の損害を補償する「車両保険」がある。必要に応じて加入でき、保険金も一定の範囲 … 保険や資産運用などマネー系に強く、「All About」で自動車保険ガイド記事のほか、銀行や保険会社、証券会社などの刊行物、国交省、財務省等官公庁の媒体など幅広く執筆。ほかにも雑誌「プレジデント」「ベスト …

-クルマ・バイク

関連記事

イード、IAAE 2018で e燃費アワード 2017-2018結果を詳細報告

イード、IAAE 2018で e燃費アワード 2017-2018結果を詳細報告

e燃費アワードはe燃費のユーザーが投稿した実燃費データをもとに、燃費に優れたクルマをランキング形式で表彰するもので、今回で12回目を迎える。 e燃費の吉田凌マネージャーは「e燃費アワードは総合部門のほかに、新型車、ガソリン車、ディーゼル車、ハイブリッド車、軽自動車、輸入車、カタログ燃費達成率の8部門で …  レスポンス(Response.jp) イード、IAAE 2018で e燃費アワード 2017-2018結果…https://response.jp/article/2018/03/14/307231.htmlイードは3月14日に東京ビッグサイトで開幕した第16回国際オートアフターマーケットEXPO 2018(IAAE2018)で、『e燃費アワード2017-2018』結果の詳細報告および、アワード選定のデータ源となるマイカー燃費管理サービス「e燃費」を紹介展示している。

決算プラス・インパクト銘柄 【東証2部・新興市場】 … バイク王、MV東北、イオン九州 (7月4日発表分)

決算プラス・インパクト銘柄 【東証2部・新興市場】 … バイク王、MV東北、イオン九州 (7月4日発表分)

上昇率ランキング― … を経て5日9時27分現在、水準を切り上げている銘柄を上昇率の大きい順にランキングした。 … <3377> バイク王 東2 +0.51 7/ 4 上期 黒転  みんなの株式 決算プラス・インパクト銘柄 【東証2部・新興市場…https://minkabu.jp/news/2150980最新投稿日時:2018/07/05 09:28 – 「決算プラス・インパクト銘柄 【東証2部・新興市場】 … バイク王、MV東北、イオン九州 (7月4日発表分)」(株探)

【特集】「全固体電池」関連がランキング上位に、トヨタなど開発を本格化<注目テーマ>

【特集】「全固体電池」関連がランキング上位に、トヨタなど開発を本格化<注目テーマ>

みんなの株式と株探が集計する「人気テーマランキング」で、「全個体電池」が6位となっている。 全固体電池は、現在普及している … トヨタ自動車<7203>は、2020年代前半をメドにリチウムイオン電池に代わる「全固体電池」を実用化し、既存のガソリン車と遜色無いEVの実現を目指している。同社は17年12月に「全固体電池」 …  kabutan.jp 「全固体電池」関連がランキング上位に、トヨタな…https://kabutan.jp/news/marketnews/?b=n201803230372★人気テーマ・ベスト101 セルフレジ2 5G3 ドローン4 人工知能5 ICタグ6 全固体電池7 RPA8 ブロックチェーン9 再生医療10 量子コンピューター みんなの株式と株探が集計する「人気テーマランキング」で・・・。

日本で売れている車を見ると「中国人は赤面してしまう」、そのワケは=中国メディア

日本で売れている車を見ると「中国人は赤面してしまう」、そのワケは=中国メディア

たとえば、日本の自動車販売台数ランキングで上位を占めているのはいずれも日本メーカーの車であり、この点は中国とは大違いだと指摘。中国の自動車市場では販売台数ランキングの上位に海外メーカーの名前がずらっと並んでいるのが現状で、国産車である中国車は「メンツが立たない」とみなされる傾向があることと真逆で …  ニフティニュース 日本で売れている車を見ると「中国人は赤面してし…https://news.nifty.com/article/world/china/12190-20180311_00023/ 自家用車の普及が進む中国では、多くの消費者が「どのような車に乗っているか」という点を気にする。これは自動車が乗る人の社会的地位やステータスを示すツールとしての側面があるためであり、多くの中国人消費者…

軽自動車販売、N-BOX が2万台超えで6か月連続トップ 2月車名別

軽自動車販売、N-BOX が2万台超えで6か月連続トップ 2月車名別

ホンダ『N-BOX』が前年同月比13.3%増の2万2007台を販売し、6か月連続のトップとなった。 2位は前月同様、日産『デイズ』で、同11.2%減の1万4294台。3位には2ランクアップで、同24.7%増の1万3620台のスズキ『スペーシア』が入った。 2月の軽自動車販売台数ランキング上位10車は以下の通り(カッコ内は前年同月比) …  レスポンス(Response.jp) 軽自動車販売、N-BOX が2万台超えで6か月連続トッ…https://response.jp/article/2018/03/06/306855.html全国軽自動車協会連合会は3月6日、2月の軽四輪車通称名別新車販売台数(速報)を発表。ホンダ『N-BOX』が前年同月比13.3%増の2万2007台を販売し、6か月連続のトップとなった。