クルマ・バイク

“高いから必要ない“のか? 自動車の「車両保険」賢い入り方

投稿日:

自動車保険には、自分の車の損害を補償する「車両保険」がある。必要に応じて加入でき、保険金も一定の範囲 … 保険や資産運用などマネー系に強く、「All About」で自動車保険ガイド記事のほか、銀行や保険会社、証券会社などの刊行物、国交省、財務省等官公庁の媒体など幅広く執筆。ほかにも雑誌「プレジデント」「ベスト …

-クルマ・バイク

関連記事

国土交通省が公表!! 燃費の良い乗用車ベスト10【軽自動車編】2018年版

国土交通省が公表!! 燃費の良い乗用車ベスト10【軽自動車編】2018年版

国土交通省では、自動車ユーザーの省エネルギーへの関心を高め、燃費性能の優れた自動車の開発・普及を促進するため、毎年、燃費の良い乗用車のベスト10とともに、「自動車の燃費性能の評価及び公表に関する実施要領(平成16 … なお、今回のランキングは2017年末時点で新車として販売されているクルマが対象だ。  Autoblog Japan 国土交通省が公表!! 燃費の良い乗用車ベスト10【…https://jp.autoblog.com/2018/04/02/10-2018-rank-suzuki-daihatsu/国土交通省では、自動車ユーザーの省エネルギーへの関心を高め、燃費性能の優れた自動車の開発・普及を促進するため、毎年、燃費の良い乗用車のベスト10とともに、「自動車の燃費性能の評価及び公表に関する実施要

フォードF-150ラプター(4WD/10AT)【試乗記】

フォードF-150ラプター(4WD/10AT)【試乗記】

アメリカ=北米のクルマ市場で、そうした前提条件を省いた販売上位は、ピックアップトラックやSUVなどの“ライトトラック”が占める。 実際、昨2017年の北米の自動車販売ランキングも、1位はいつもどおりのF-150、続いて2位が「シボレー・シルバラード」、3位がクライスラーの「ラム」と、デトロイトスリーのフルサイズピックアップが …  ORICON NEWS フォードF-150ラプター(4WD/10AT)【試乗記】https://www.oricon.co.jp/article/412348/フォードF-150ラプター(4WD/10AT)【試乗記】|これぞオフロードのスーパーカー! アメリカにおける不動のベストセラー「フォードF-150」のハイパフォーマンスバージョンにあたる「ラプター」を、まさかの日本で試乗。荒野を走破するためだけに開発されたモンスターの、意外な一面をリポートする。

安全なクルマ SUV 2018

安全なクルマ SUV 2018

安全なクルマ SUV 2018 … 最近では、セーフティ・サポートカー(略称:サポカー) といった国が推奨する新しい自動車安全コンセプト提唱されている。 … このミドルサイズのSUVは、今回ランキング入りしていないエクストレイルやハリアーも歩行者検知式自動ブレーキが標準装備化されていて、一定の予防安全性能をもっている。  新車情報Car-Topics|中古車… 安全なクルマ SUV 2018https://221616.com/car-topics/20180420-95899/人気のミドルサイズのSUVは、価格が高めなこともあり、比較的充実した安全装備をもつモデルが多いのが特徴。そこで安全装備が充実したミドルサイズSUVをピックアップし、その装備を徹底的に比較します。

2018年ボーナス支給額、1位トヨタ、2位ソニー、3位ホンダ…日経1次集計[新聞ウォッチ]

2018年ボーナス支給額、1位トヨタ、2位ソニー、3位ホンダ…日経1次集計[新聞ウォッチ]

それによると、1位はトヨタ自動車で17年比5.65%増の243万円、2位はソニーで同17.54%増の237万8500円、3位がホンダで同5.51%増の235万5000円。 このほか、自動車関連 … 毎年、同様の支給額ランキングが発表されるが、各社の平均年齢にしても大きな差があることから単純に比較はできない。ただ、業績が好調だっ …  レスポンス(Response.jp) 2018年ボーナス支給額、1位トヨタ、2位ソニー、3位…https://response.jp/article/2018/04/16/308563.html安倍内閣の支持率が危険水域ぎりぎりの30%台に低下したことも、セリーグ最速の10敗に到達し,最下位でもがく巨人も気掛かりだが、働くサラリーマンにとって最も気になるのは懐具合。

最新!これが正社員数の多いトップ500社だ

最新!これが正社員数の多いトップ500社だ

またランキングでは5年前の正社員数と比較した増減率を掲載。人数が増加しているか減少しているかは、企業の活力をみる指標ともなる。同じ製造業でも業界によって明暗が分かれる結果となった。 ランキング上位には売上規模の大きなグルーバル企業が目立つ。典型的なのが自動車メーカーだが、全世界で現地生産を進め …  東洋経済オンライン 最新!これが正社員数の多いトップ500社だ | 企業…https://toyokeizai.net/articles/-/2150202019年入社の就職活動が本格化し、オフィス街ではスーツ姿の就活生が目立つようになった。今シーズンも売り手市場と言われ、大企業でも採用予定数の確保に苦心しそうだ。ただ、知名度で言えば同等の大企業だとして…