クルマ・バイク

高速道路のGW渋滞ランキング、2017年のワーストは東名上り「御殿場~大井松田」、損失した時間は837 …

投稿日:

国土交通省は、2017年の年間およびゴールデンウィーク期間(2017年4月28日~5月7日)の高速道路の渋滞ランキングを発表した。それによると、2017年ゴールデンウィーク期間の高速道路渋滞ワーストは、前年と同じくE1 東名高速道路 (上り)御殿場~大井松田。2位はE23 東名阪自動車道(上り)亀山JCT~鈴鹿、3位 …

-クルマ・バイク

関連記事

佐藤琢磨、今季最高の4位 自動車インディカー第10戦

佐藤琢磨、今季最高の4位 自動車インディカー第10戦

佐藤琢磨、今季最高の4位 自動車インディカー第10戦 … 自動車のインディカー・シリーズ第10戦は24日、米ウィスコンシン州エルクハートレークで決勝 … 男子テニスの25日付世界ランキングが発表され、錦織圭(日清食品)は27位で変わらなかった。  日本経済新聞 電子版 佐藤琢磨、今季最高の4位 自動車インディカー第10戦https://www.nikkei.com/article/DGXLSSXK10081_25062018000000/ 自動車のインディカー・シリーズ第10戦は24日、米ウィスコンシン州エルクハートレークで決勝が行われ、佐藤琢磨(ホンダ)は今季最高の4位だった。ジョセフ・ニューガーデン(米国、シボレー)が今季3勝目、

「痛車」は自動車保険に入れる? 補償対象外になりうるケースと注意点

「痛車」は自動車保険に入れる? 補償対象外になりうるケースと注意点

自動車に、アニメやゲームなどに関連した装飾を施すなど、好きなようにカスタマイズをする通称「痛車(いたしゃ)」。ボディにステッカーやラッピングを施したり、なかにはエアロパーツなどを取り付けたりするものもあるようだ。愛車を痛車にカスタマイズするときに気になるのが「自動車保険」。そもそも痛車は自動車保険に加入する …  山陽新聞デジタル|さんデジ 「痛車」は自動車保険に入れる? 補償対象外にな…http://www.sanyonews.jp/article/707344/1/rct=oricon「痛車」は自動車保険に入れる? 補償対象外になりうるケースと注意点。山陽新聞デジタル(さんデジ)は山陽新聞社のニュースサイトです。岡山県内各地域や国内外のニュース、スポーツ速報を配信します。

バイク王 バイクライフ研究所『リセール・プライス』ランキングを発表『カワサキ・Z900RS』が3連覇!

バイク王 バイクライフ研究所『リセール・プライス』ランキングを発表『カワサキ・Z900RS』が3連覇!

バイクライフの楽しさやバイク市場の動向を広く社会に発信することを目的に活動を行う『バイク王 バイクライフ研究所』(所在地: 東京都港区、所長: 澤篤史) …  プレスリリース・ニュースリ… バイク王 バイクライフ研究所『リセール・プライス…https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000046.000013703.html株式会社バイク王&カンパニーのプレスリリース(2019年1月10日 13時07分)バイク王 バイクライフ研究所『リセール・プライス』ランキングを発表『カワサキ・Z900RS』が3連覇!

大坂、18位で変わらず 女子テニス世界ランキング

大坂、18位で変わらず 女子テニス世界ランキング

女子テニスの16日付世界ランキングが発表され、大坂なおみ(日清食品)は18位で変わらなかった。奈良くるみ(安藤証券)は99位。 1位シモナ・ハレプ( …  日本経済新聞 電子版 大坂、18位で変わらず 女子テニス世界ランキングhttps://www.nikkei.com/article/DGXLSSXK10136_16072018000000/ 女子テニスの16日付世界ランキングが発表され、大坂なおみ(日清食品)は18位で変わらなかった。奈良くるみ(安藤証券)は99位。 1位シモナ・ハレプ(ルーマニア)、2位キャロライン・ウォズニアッキ(デ

メルカリ、ZOZO躍進、日本企業のブランド価値ランキングで見える産業構造変化

メルカリ、ZOZO躍進、日本企業のブランド価値ランキングで見える産業構造変化

トップ40のうち9ブランドが自動車関連だった。 ランキング全体でもっとも多い業種は11ブランド入った金融関係で、6位のMUFG(三菱UFJフィナンシャル・ …  Beyond メルカリ、ZOZO躍進、日本企業のブランド価値ラン…https://boxil.jp/beyond/a6142/インターブランドジャパンのブランド価値ランキング「Best Japan Brands」は、企業のブランドが「将来どれくらい収益を上げると予想されるか」という観点で作られている。そのため、そのブランドが今後も成長するかどうか見極めるのに役立つ。2019年版では、初登場のメルカリ、急成長のZOZOなど、新興勢力の躍進が目立っ…