クルマ・バイク

18年新車販売、ホンダ「N―BOX」が2年連続首位

投稿日:

-クルマ・バイク

関連記事

中古車、軽自動車が人気 ガソリン高で燃費意識

中古車、軽自動車が人気 ガソリン高で燃費意識

ガソリン高が中古車の人気車種に影響を及ぼしている。中古車情報誌「カーセンサー」を発行するリクルートマーケティングパートナーズ(東京・品川)が12日発表 …  日本経済新聞 電子版 中古車、軽自動車が人気 ガソリン高で燃費意識https://www.nikkei.com/article/DGXMZO38843000S8A211C1QM8000/ガソリン高が中古車の人気車種に影響を及ぼしている。中古車情報誌「カーセンサー」を発行するリクルートマーケティングパートナーズ(東京・品川)が12日発表した2018年の中古車の人気ランキングによると、

モンキー、125cc版登場で中古バイクの人気が急騰 goo+dランキング

モンキー、125cc版登場で中古バイクの人気が急騰 goo+dランキング

NTTレゾナントが運営する「goo+d(グッド)ランキング」は、ポータルサイト「goo」の「goo自動車&バイク」における中古バイクカテゴリーの車種別ページビュー …  レスポンス(Response.jp) モンキー、125cc版登場で中古バイクの人気が急騰 …https://response.jp/article/2018/11/16/316254.htmlNTTレゾナントが運営する「goo+d(グッド)ランキング」は、ポータルサイト「goo」の「goo自動車&バイク」における中古バイクカテゴリーの車種別ページビュー数(2017年11月~2018年10月)から人気の中古バイクをランキング形式で発表した。

2018年度の研究開発費ランク…1位トヨタ、2位ホンダ、3位日産、4位デンソー 日経調べ[新聞ウォッチ]

2018年度の研究開発費ランク…1位トヨタ、2位ホンダ、3位日産、4位デンソー 日経調べ[新聞ウォッチ]

2018年度の研究開発費が最も多い企業はトヨタ自動車で1兆800億円、前年度に比べて1.4%増。2位はホンダで7900億円、 … クルマを作る会社」から「モビリティ・カンパニー」にモデルチェンジすると宣言したのはトヨタ自動車だが、研究開発費の内訳 …  レスポンス(Response.jp) 2018年度の研究開発費ランク…1位トヨタ、2位ホンダ…https://response.jp/article/2018/07/26/312345.htmlトヨタ自動車など自動車メーカー3社の研究開発費を合わせると2兆4100億円の投資額になり、自動運転や電動車のほか、ホンダは人工知能(AI)、日産はコネクテッドカーなどにも積極投資するという。

発売後7年でも販売首位争いのトヨタ・アクアの数字を鵜呑みにできない裏事情

発売後7年でも販売首位争いのトヨタ・アクアの数字を鵜呑みにできない裏事情

いまのところ自販連の通称名別販売台数ランキングや、全軽自協(全国軽自動車協会 … ディーラー名義などでの自社登録(軽自動車は届け出)を行ったり、カーシ … としてカウントしたクルマは、早くて半年ぐらいと短期間で中古車や登録(軽自動車は …  WEB CARTOP 発売後7年でも販売首位争いのトヨタ・アクアの数字…https://www.webcartop.jp/2018/10/279812自動車は新型車のほうがよく売れる傾向にある。より新しい装備や技術などが採用され、商品力が高いためだ。だが、発売から7年となるトヨタ・アクアはいまだに販売台数で首位争いをし、ライバルの日産ノートe-POWERに迫っている。だがその数字を鵜呑みにはできないという。

ホンダ N-BOX 圧勝、自己最多更新の24万1870台でV4達成…軽自動車販売 2018年車名別

ホンダ N-BOX 圧勝、自己最多更新の24万1870台でV4達成…軽自動車販売 2018年車名別

全国軽自動車協会連合会は1月10日、2018年(1~12月)の軽四輪車通称名別新車販売 … 2018年の軽自動車販売台数ランキング上位10車は以下の通り。  レスポンス(Response.jp) ホンダ N-BOX 圧勝、自己最多更新の24万1870台でV4…https://response.jp/article/2019/01/10/317866.html全国軽自動車協会連合会は1月10日、2018年(1~12月)の軽四輪車通称名別新車販売台数(速報)を発表。ホンダ『N-BOX』が過去最高の24万1870台(前年比10.7%増)を販売し、4年連続トップとなった。