クルマ・バイク

BMWやメルセデスに恩恵か-米・EU自動車関税の撤廃案が実現なら

投稿日:

-クルマ・バイク

関連記事

検査不正発覚でスバルが一歩後退 日本企業のブランド価値

検査不正発覚でスバルが一歩後退 日本企業のブランド価値

1~8位は前年と変わらず、首位は11年連続でトヨタ自動車だった。2位には … ランキングは昨年6月末までの動向を加味しており、前会長カルロス・ゴーン被告の …  沖縄タイムス+プラス 検査不正発覚でスバルが一歩後退 日本企業のブラ…https://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/385113 コンサルティング会社のインターブランドジャパン(東京)は14日、世界で事業を展開する日本企業の2019年のブランド価値ランキングを発表した。

自動車部品業界『他社牽制力』ランキング…トップ3はデンソー、住友電装、日立オートモティブ

自動車部品業界『他社牽制力』ランキング…トップ3はデンソー、住友電装、日立オートモティブ

パテント・リザルトは6月21日、独自に分類した自動車部品業界の企業を対象に、2017年の特許審査過程にて他社特許への拒絶理由として引用された件数を …  レスポンス(Response.jp) 自動車部品業界『他社牽制力』ランキング…トップ3…https://response.jp/article/2018/06/21/311088.htmlパテント・リザルトは6月21日、独自に分類した自動車部品業界の企業を対象に、2017年の特許審査過程にて他社特許への拒絶理由として引用された件数を企業別に集計した「自動車部品業界 他社牽制力ランキング2017」をまとめた。

高速渋滞ワースト、中央自道調布-高井戸が1位

高速渋滞ワースト、中央自道調布-高井戸が1位

とりまとめ結果によると、インターチェンジ(IC)別年間渋滞ワーストランキングは、16年に2位だった中央自動車道(上り)調布IC-高井戸IC間が1位となった。昨年1位だった東名高速(上り)横浜町田IC-海老名ジャンクション(JCT)間は2位。 高速道路4社が管理する渋滞損失時間の合計は年間2.1億人・時間で、これは高速道路を …  www.logi-today.com 高速渋滞ワースト、中央自道調布-高井戸が1位https://www.logi-today.com/313758

2018年上半期の車名別販売ランキング、軽自動車「N-BOX」が唯一の10万台超えで全体トップ

2018年上半期の車名別販売ランキング、軽自動車「N-BOX」が唯一の10万台超えで全体トップ

2018年上半期の登録車車名別販売台数ランキングは、1位に日産自動車「ノート」7万3380台(前年比87.1%)、2位にトヨタ自動車「アクア」6万6144台( …  Car Watch 2018年上半期の車名別販売ランキング、軽自動車「N…https://car.watch.impress.co.jp/docs/news/1131423.html 日本自動車販売協会連合会と全国軽自動車協会連合会は7月5日、2018年6月と上半期(1月~6月)の乗用車車名別販売台数と軽四輪車通称名別新車販売速報を発表した。

「プリウス」を中古で買うなら押さえたい常識

「プリウス」を中古で買うなら押さえたい常識

プリウス』が絶対王者ではなくなった理由」(3月12日配信)で解説したように、ピークに年間30万台以上を売った先代3代目(2009~2015年)ほどの勢いはないが、毎月コンスタントに1万台前後を販売。2017年も日本自動車販売協会連合会(自販連)がまとめている乗用車ブランド通称名別ランキング(軽自動車除く)で約16万 …  東洋経済オンライン 「プリウス」を中古で買うなら押さえたい常識 | 中古車https://toyokeizai.net/articles/-/212737トヨタ自動車が2015年末から日本国内で販売している4代目「プリウス」。「『プリウス』が絶対王者ではなくなった理由」(3月12日配信)で解説したように、ピークに年間30万台以上を売った先代3代目(2009~2015年…