クルマ・バイク

「住みよさランキング」富裕度トップ30都市

投稿日:

-クルマ・バイク

関連記事

販売ランキング上位が人気車とは限らない! 販売台数数字に隠された真実とは

販売ランキング上位が人気車とは限らない! 販売台数数字に隠された真実とは

一般社団法人・日本自動車販売協会連合会(以下自販連)と、一般社団法人・全国軽自動車協会連合会(以下全軽自協)からそれぞれ、2018年2月の車名別販売ランキングが発表されたので、それらをベースに登録車と軽自動車を … その結果2018年2月にもっとも売れたクルマは2万2007台を販売したホンダN-BOXとなった。  WEB CARTOP 販売ランキング上位が人気車とは限らない! 販売…https://www.webcartop.jp/2018/03/214147日本自動車販売協会連合会と、全国軽自動車協会連合会から、2018年2月の車名別販売ランキングが発表された。トップは2万2007台を販売したホンダN-BOX。登録車で最上位は日産ノートだ。だがこのランキング、上位=人気とは限らないという。数字の真実とは?

最新!「社会人が転職したい会社」ランキング

最新!「社会人が転職したい会社」ランキング

このランキングを紹介するとともに、新卒の就活生の人気ランキングとの違いを見ていきたい。きっと大学生 … 1位は昨年に引き続き、トヨタ自動車が入った。直近の …  ニフティニュース #write($topics 'text_column' 20) – (1…https://news.nifty.com/article/magazine/12208-041853/社会人が「次に行きたい会社」はどこか――。就活生の多くは社会で働いた経験がないために、志望企業の選び

日産「ノート」が発売5年目なのに好調な理由

日産「ノート」が発売5年目なのに好調な理由

さらに全軽自協(全国軽自動車協会連合会)統計を含めた、含軽統計では、2017年度での総合販売ナンバーワンがホンダ「N-BOX」になっている。軽自動車を含んだ統計ではもちろん、軽自動車を除いた登録車の乗用車ブランド通称名別ランキングでも「2017年度にもっとも売れたクルマ」にはなれなかったのである。  東洋経済オンライン 日産「ノート」が発売5年目なのに好調な理由 | 販売…https://toyokeizai.net/articles/-/215498日産自動車のコンパクトカー「ノート」が国内新車市場で快走している。日産は4月5日、ノートが「2017年度国内販売でコンパクトセグメント1位を獲得」という題名のニュースリリースを発信した。リリースによると、20…

自動車、米減税効果が剥落 今期減益額が大きい企業

自動車、米減税効果が剥落 今期減益額が大きい企業

2018年3月期に最高益を更新する企業が相次ぐ中、19年3月期は減益に転じる企業も多い。会社予想ベースの今期の最終減益額が大きい企業をランキング …  日本経済新聞 自動車、米減税効果が剥落 今期減益額が大きい企…https://www.nikkei.com/article/DGXMZO31146390Q8A530C1DTA000/2018年3月期に最高益を更新する企業が相次ぐ中、19年3月期は減益に転じる企業も多い。会社予想ベースの今期の最終減益額が大きい企業をランキングすると、自動車大手が上位を占めた。米法人税率の引き下げの影響が剥落するのが主因だ。

ローム、自動車用途に特化した昇降圧DC/DCコンバータを開発

ローム、自動車用途に特化した昇降圧DC/DCコンバータを開発

従来、昇降圧DC/DCインバータは、常に昇圧を行う必要があるが、自動車では、実際に昇圧が行われるのは数ms程度のクランキング(出力電圧が低下する現象) …  マイナビニュース 人とくるまのテクノロジー展2018 横浜(1) ローム、…https://news.mynavi.jp/article/aee2018-1/ロームは、2018年5月23日から25日にかけて、パシフィコ横浜にて開催されている自動車技術者のための自動車の最新技術・製品の技術展示会「人とくるまのテクノロジー展2018 横浜」において、2018年夏の製品化を予定している開発中の昇降圧DC/DCコンバータの用途にも対応可能な降圧DC/DCコンバータ「BD8P250MUF-C」のデモ…