クルマ・バイク

1日平均60台以上“オートバイ盗難被害” バイク保険で補償はされるのか

投稿日:

たとえば、大手損保会社の商品を見てみると、盗難の場合は「二輪・原付自動車の場合、補償されません」と注意書きが付いているものがほとんど。一部の通販型保険商品では、「盗難時の臨時費用特約」として5万円の保険金が支給される場合もあるが、盗難の場合、自動車保険のような手厚い補償は見込めないことが多い …

-クルマ・バイク

関連記事

レクサス「UX」は走りもスタイルも規格外だ

レクサス「UX」は走りもスタイルも規格外だ

日本ではトヨタ自動車が2016年末に発売した「C-HR」が、2017年の乗用車(軽自動車を除く)ブランド通称名別ランキングで4位(約11万7300台)という高順位に食い込んだほか、2017年末にマツダが投入した「CX-8」の出足も好調。ホンダが一度は日本での販売をやめた「CR-V」を今年中にも復活させる見通しだ。  東洋経済オンライン レクサス「UX」は走りもスタイルも規格外だ | 新車レ…http://toyokeizai.net/articles/-/212393近年、世界の自動車メーカーが力を入れているのがSUV(スポーツ多目的車)だ。中でもトレンドの中心にあるのは、SUVが持つタフなイメージを踏襲しながら、アスファルトの上を快適に、かつスポーティにと、乗用車的…

【北京モーターショー 2018】中国事業の展望についてトヨタ専務役員 中国本部長 小林一弘氏に聞く

【北京モーターショー 2018】中国事業の展望についてトヨタ専務役員 中国本部長 小林一弘氏に聞く

続いて、世界の自動車販売台数ランキング(2017年1月~12月累計)で、中国は2939万台と世界でトップ。2位はアメリカの1723万台、3位は日本の524万台、インド413万台、ドイツ371万台であることを示すとともに、自動車保有台数においても、中国は1億6285万台(2015年)、1億9440万台(2016年)と、アメリカに続いて2 …  Car Watch 【北京モーターショー 2018】中国事業の展望につい…https://car.watch.impress.co.jp/docs/event_repo/beijing2018/1120006.html トヨタ自動車 専務役員で中国本部長である小林一弘氏は、4月27日(現地時間)に中国・北京の「北京モーターショー 2018」で行なったトヨタのプレスカンファレンス後、記者団とのラウンドテーブルに出席。中国市場の現状とトヨタの中国事業の展望について話した。

週刊ゴム株ランキング 豊田合成、決算発表後株価急伸(4/23~27)

週刊ゴム株ランキング 豊田合成、決算発表後株価急伸(4/23~27)

自動車用ゴムでは、豊田合成が同194円高の2774円と続伸した。同社が27日に発表した18年3月期は、自動車部品事業が国内外で販売を増やしたことや、為替変動の影響もあり、売上高は6・8%増、経常利益は10・7%増の増収増益となった。また、同社は今期の年間配当を前期比4円増の60円に増配する方針。これらが …  ゴムタイムス 週刊ゴム株ランキング 豊田合成、決算発表後株価…http://www.gomutimes.co.jp/?p=128593 4月23~27日のゴム関連企業31社(本紙選定)の株価はまちまちの展開となり、前週末比で19社が上昇、12社が下落した。4月27日のゴム平均は、前週末比2円55銭高の1785円3銭と反発した。  株価上昇率ランキングでは、1位が豊田合成で同7・52%高、2位が三洋貿易の同3・41%高、3位が三ツ星ベルトの同3・39…

このクルマなら安心!! ファンを裏切らない ずっと愛される名車5選

このクルマなら安心!! ファンを裏切らない ずっと愛される名車5選

国内外問わず、ファンを裏切らない手堅い完成度を誇るクルマを集めました。 … 2018年度上半期(4月~9月)の販売台数は1万9674台でランキングが24位という …  日本最大級のクルマ総合情報… このクルマなら安心!! ファンを裏切らない ずっ…https://carview.yahoo.co.jp/news/market/20181102-10356367-carview/ 「先代まではよかったのにモデルチェンジしたらダメになった」なんてことはよくあることだ。しかしなかには一貫してファンの支持を受け続けるクルマもある。 長年ファンに愛されて、よもや指名買いもされるような名車たちにはどんな共通点があるのだろうか? 国内外問わず、フ

ノートが売れ行き好調の陰に、販売現場は「新型車欲しい」 登録車はトヨタに次ぐ2位も国内販売は5位の日産

ノートが売れ行き好調の陰に、販売現場は「新型車欲しい」 登録車はトヨタに次ぐ2位も国内販売は5位の日産

そして、登録車のメーカー別販売ランキングでも、日産はトヨタに次ぐ2位です。それなのに軽自動車まで含めた国内販売総台数になると、いきなり5位に沈んで …  日本最大級のクルマ総合情報… ノートが売れ行き好調の陰に、販売現場は「新型車…https://carview.yahoo.co.jp/news/market/20181010-10349393-carview/■総台数ランキングに大きな影響を与える軽の存在 日産「ノート」のCMは誇らしげです。『2018年上半期、最も売れている登録車』とナレーションが入ります。登録車とは小型/普通車のことで(軽自動車は届出車とも呼ばれます)、ノートは2018年1月から6月の販売1位に