クルマ・バイク

2017年度の車名別販売ランキング、軽自動車「N-BOX」が22万3449台で総合トップ

投稿日:

日本自動車販売協会連合会と全国軽自動車協会連合会は4月5日、2018年3月および2017年度(2017年4月~2018年3月)の乗用車車名別販売台数と軽四輪車通称名別新車販売速報を発表。2017年度は本田技研工業「N-BOX」の22万3449台が総合トップ。トヨタ自動車「プリウス」14万9083台、ダイハツ工業「ムーヴ」 …

-クルマ・バイク

関連記事

週刊ゴム株ランキング ニチリン、前週比末1割高で1位(3/26~30)

週刊ゴム株ランキング ニチリン、前週比末1割高で1位(3/26~30)

株価上昇率ランキングでは、1位がニチリンで同11・28%高、2位が東海カーボンの同7・77%高、3位が藤倉ゴム工業の同7・33%高となった。 主なゴム … ニチリンの17年12月期は、国内自動車販売の回復に加え、輸出向けも堅調に推移したことで、主力の自動車用ゴムホースの販売が拡大し、売上高、利益とも2桁の伸び.  ゴムタイムス 週刊ゴム株ランキング ニチリン、前週比末1割高…http://www.gomutimes.co.jp/?p=127697 3月26~30日のゴム関連企業31社(本紙選定)の株価はほぼ全面高の展開となり、前週末比で30社が上昇、1社が下落した。3月30日のゴム平均は、前週末比73円26銭高の1774円87銭と反発した。  株価上昇率ランキングでは、1位がニチリンで同11・28%高、2位が東海カーボンの同7・77%高、3位が藤倉ゴム工業の同…

マツダの「SKYACTIV-X」、イタリアで自動車技術賞を受賞

マツダの「SKYACTIV-X」、イタリアで自動車技術賞を受賞

… したイタリアの自動車専門誌「Quattroruote(クアトロルーテ)」誌が主催するヨーロッパの自動車業界の重要なイベントの1つである「Quattroruote Day」において、同誌をはじめとする世界15カ国の自動車専門誌の委員によって選出される賞。今年の「Quattroruote Day」において「SKYACTIV-X」が技術史に最も名前を残すよう …  BIGLOBEニュース マツダの「SKYACTIV-X」、イタリアで自動車技術賞…https://news.biglobe.ne.jp/economy/0213/zks_180213_3916879168.htmlマツダの次世代ガソリンエンジン「SKYACTIV-X」がイタリアのミラノで将来が期待される自動車技術に贈られる「QGlobalTechAward」を受賞した。【…(2018年02月13日 21時51分55秒)

〔情報BOX〕3月配当利回りランキング、日経300で日産トップ 金融も上位

〔情報BOX〕3月配当利回りランキング、日経300で日産トップ 金融も上位

… 日経株価指数300を構成する3月期決算企業の予想配当利回りは、日産自動車が4.75%でトップ。みずほフィナンシャルグループ、MS&ADインシュアランスグループホールディングス<8 725.T>といった金融株や、三井物産、丸紅など商社株の一角が上位に入っている。 ○配当利回りランキング上位20社 利回り 1 7201.  JP 〔情報BOX〕3月配当利回りランキング、日経300…https://jp.reuters.com/article/%E3%80%94%E6%83%85%E5%A0%B1%EF%BC%A2%EF%BC%AF%EF%BC%B8%E3%80%953%E6%9C%88%E9%85%8D%E5%BD%93%E5%88%A9%E5%9B%9E%E3%82%8A%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%AD%E3%83%B3%E3%82%B0-%E6%97%A5%E7%B5%8C300%E3%81%A7%E6%97%A5%E7%94%A3%E3%83%88%E3%83%83%E3%83%97%E3%80%80%E9%8 …

4代目の販売は勢いにかける?プリウスが絶対王者ではなくなった要因

4代目の販売は勢いにかける?プリウスが絶対王者ではなくなった要因

昨年(2017年暦年)、プリウスの国内販売台数は約16万台と日本自動車販売協会連合会(自販連)がまとめている乗用車ブランド通称名別ランキング(軽自動車除く)で1位。2位の日産自動車「 …. プリウスをはじめ、トヨタのハイブリッド車は燃費にこだわるあまり、クルマがドライバーの運転にかなり「介入」してくる感じがある。  ライブドアニュース 4代目の販売は勢いにかける?プリウスが絶対王者で…http://news.livedoor.com/article/detail/14418980/17年の4代目プリウスの国内販売台数は約16万台で1位だが、前年比では35%減。先代3代目の半分強の販売で、絶対王者でなくなったと言っても過言ではない。ハイブリッド車の需要の分散化、代替え販売が進まない、などの要因がある

新車販売、軽の相対的な優位性高まる 17年度、上位10位のうち7車種ランクイン

新車販売、軽の相対的な優位性高まる 17年度、上位10位のうち7車種ランクイン

2017年度の車名別国内新車販売台数ランキングが5日発表され、ホンダの軽自動車「N-BOX」が、年度として初めて首位となった。軽の首位は08年度の「ワゴンR」(スズキ)以来9年ぶりで、上位10位のうち軽が7車種を占めた。 N-BOXは前年度比16.2%増の22万3449台。「軽乗用車最大級の室内空間や存在感の …  SankeiBiz(サンケイビズ) 新車販売、軽の相対的な優位性高まる 17年度、…https://www.sankeibiz.jp/business/news/180406/bsa1804060500002-n1.htm2017年度の車名別国内新車販売台数ランキングが5日発表され、ホンダの軽自動車「N-BOX」が、年度として初めて首位となった。軽の首位は08年度の「ワゴンR」(…