クルマ・バイク

2018年、最も読まれたクルマ記事ランキング5選

投稿日:

-クルマ・バイク

関連記事

2018年に一番売れたクルマはホンダ「N-BOX」 過去最高の24万台超を販売で2年連続トップ

2018年に一番売れたクルマはホンダ「N-BOX」 過去最高の24万台超を販売で2年連続トップ

ホンダの軽自動車「N-BOX」の新車販売が、2018年1月から12月で24万台超を記録。登録車を含む新車販売ランキングでトップになりました。  くるまのニュース 2018年に一番売れたクルマはホンダ「N-BOX」 過去…https://kuruma-news.jp/post/125222ホンダの軽自動車「N-BOX」の新車販売が、2018年1月から12月で24万台超を記録。登録車を含む新車販売ランキングでトップになりました。

三菱自動車、インドネシアで『エクスパンダー』の生産を拡大

三菱自動車、インドネシアで『エクスパンダー』の生産を拡大

本年3月には、インドネシアの販売台数ランキングで1位となった他、自動車専門 … 人とクルマ、社会とクルマ、地球とクルマの新しい時代を拓くために。いま、三菱 …  財経新聞 三菱自動車、インドネシアで『エクスパンダー』の…https://www.zaikei.co.jp/releases/666064/TOKYO, Aug 7, 2018 – ( JCN Newswire ) – 三菱自動車は本日、インドネシア共和国の乗用車生産拠点であるミツビシ・モータース・クラマ・ユダ・インドネシア(所在地:西ジャワ州ブカシ県、以下、ブカシ工場)で生産する次世代クロスオーバーMPV『エクスパンダー』の生産を拡大することを発表しました。

軽自動車がトップ3を占める、2018年上期の新車販売ランキング

軽自動車がトップ3を占める、2018年上期の新車販売ランキング

日本自動車販売協会連合会(自販連)と全国軽自動車協会連合会(全軽自協)が2018年7月5日に発表した2018年上期(1~6月)の車名別新車販売台数による …  日経 xTECH(クロステック) 軽自動車がトップ3を占める、2018年上期の新車販売…https://tech.nikkeibp.co.jp/atcl/nxt/column/18/00001/00725/日本自動車販売協会連合会(自販連)と全国軽自動車協会連合会(全軽自協)が2018年7月5日に発表した2018年上期(1~6月)の車名別新車販売台数によると、ホンダの軽自動車「N-BOX」が2期連続の首位となった。

e-Power搭載の「ノート」と「セレナ」が登録車の上位に安全装備を充実させた「アルファード」がランクアップ …

e-Power搭載の「ノート」と「セレナ」が登録車の上位に安全装備を充実させた「アルファード」がランクアップ …

登録車と軽自動車を合わせたランキングで、ホンダ「N-BOX」が17カ月連続で首位。4位まで前月と同じ。日産自動車「ノート」が5位、トヨタ自動車「アクア」と「 …  日経 xTECH(クロステック) e-Power搭載の「ノート」と「セレナ」が登録車の上…https://tech.nikkeibp.co.jp/atcl/nxt/mag/at/18/00014/00012/ 日本自動車販売協会連合会と全国軽自動車協会連合会が発表した2019年1月の新車販売台数ランキング。登録車と軽自動車を合わせたランキングで、ホンダ「N-BOX」が17カ月連続で首位。4位まで前月と同じ。日産自動車「ノート」が5位、トヨタ自動車「アクア」と「プリウス」を抜いて「e-Power」搭載車を設定した日産「セレ…

日産カルロス・ゴーン会長 役員報酬額は9年累計で90億900万円

日産カルロス・ゴーン会長 役員報酬額は9年累計で90億900万円

11月19日、東京地検特捜部から役員報酬の過少申告の疑い(金融商品取引法違反)で任意同行を求められたと報道された日産自動車(株)(TSR企業 …  BLOGOS 日産カルロス・ゴーン会長  役員報酬額は9年累計…https://blogos.com/article/339824/11月19日、東京地検特捜部から役員報酬の過少申告の疑い(金融商品取引法違反)で任意同行を求められた