クルマ・バイク

2018年「夏のボーナス」上位企業を分析 自動車快進撃のワケは?

投稿日:

先頃発表された毎年恒例の日経新聞「夏のボーナスランキング」では、上位企業の顔ぶれが昨年からがらりと入れ替わっていた。そこから何が読み取れるのだろ …

-クルマ・バイク

関連記事

日産カルロス・ゴーン会長 役員報酬額は9年累計で90億900万円

日産カルロス・ゴーン会長 役員報酬額は9年累計で90億900万円

11月19日、東京地検特捜部から役員報酬の過少申告の疑い(金融商品取引法違反)で任意同行を求められたと報道された日産自動車(株)(TSR企業 …  BLOGOS 日産カルロス・ゴーン会長  役員報酬額は9年累計…https://blogos.com/article/339824/11月19日、東京地検特捜部から役員報酬の過少申告の疑い(金融商品取引法違反)で任意同行を求められた

クルマ1台当たり収益力、1位のダイムラーはトヨタの2倍の稼ぐ[新聞ウォッチ]

クルマ1台当たり収益力、1位のダイムラーはトヨタの2倍の稼ぐ[新聞ウォッチ]

日経が年間販売台数100万台を超える自動車メーカーを対象に1台当たりの利益を算出し、きょうの投資情報面で、効率的に稼ぐ自動車メーカーのランキングを …  レスポンス(Response.jp) クルマ1台当たり収益力、1位のダイムラーはトヨタ…https://response.jp/article/2018/07/24/312247.html1台当たりの利益が最も高かったのはメルセデスベンツのブラントを持つ独ダイムラーで5228ドル(約59万円)。2位は独BMWで4983ドル(約56万円)だったという。

100年後も生き残ると思う日本企業ランキング、1位は? – 2位ホンダ

100年後も生き残ると思う日本企業ランキング、1位は? – 2位ホンダ

業種では自動車製造業3社、電気機器製造業4社、食料品製造業4社など、製造業がトップ20のうち15社を占めている。製造業以外では鉄道業2社、航空運輸業2 …  マイナビニュース 100年後も生き残ると思う日本企業ランキング、1位…https://news.mynavi.jp/article/20180925-697395/リスクモンスターは9月21日、第5回「100年後も生き残ると思う日本企業」の調査結果を発表した。調査は8月10日~15日、20~59歳の有職者男女個人、60~69歳の男女個人1,000人を対象に行われた。調査対象企業は年間売上2,500億円以上、従業員数5,000人以上の企業200社を抽出。

新車販売総合、軽自動車がトップ5を独占 10月車名別

新車販売総合、軽自動車がトップ5を独占 10月車名別

日本自動車販売協会連合会と全国軽自動車協会連合会は、10月の車名別新車販売台数( … 10月の車名別新車販売台数ランキング上位10車は以下の通り。  レスポンス(Response.jp) 新車販売総合、軽自動車がトップ5を独占 10月車名…https://response.jp/article/2018/11/06/315850.html日本自動車販売協会連合会と全国軽自動車協会連合会は、10月の車名別新車販売台数(速報)を発表。ホンダ『N-BOX』を筆頭にトップ5を軽自動車勢が独占した。

日産、2018年上半期国内販売で「ノート」が登録車トップ。1970年上半期「サニー」以来48年ぶり

日産、2018年上半期国内販売で「ノート」が登録車トップ。1970年上半期「サニー」以来48年ぶり

日産自動車は7月5日、「ノート」が2018年上半期(2018年1月-6月累計)の販売で7万3380台を記録して、国内登録車販売ランキング(軽自動車を除く)で1位を …  Car Watch 日産、2018年上半期国内販売で「ノート」が登録車…https://car.watch.impress.co.jp/docs/news/1131449.html 日産自動車は7月5日、「ノート」が2018年上半期(2018年1月-6月累計)の販売で7万3380台を記録して、国内登録車販売ランキング(軽自動車を除く)で1位を獲得したと発表した。1970年上半期の「サニー」以来、日産車として48年ぶりの国内登録車No.1という。