クルマ・バイク

2018年「夏のボーナス」上位企業を分析 自動車快進撃のワケは?

投稿日:

先頃発表された毎年恒例の日経新聞「夏のボーナスランキング」では、上位企業の顔ぶれが昨年からがらりと入れ替わっていた。そこから何が読み取れるのだろ …

-クルマ・バイク

関連記事

ロッシ「ペドロサは”少なくとも一度は”タイトルを獲れていたと思う」

ロッシ「ペドロサは”少なくとも一度は”タイトルを獲れていたと思う」

しかしペドロサは、ランキング2位というシーズンが3度あったものの、これまで最 … ペドロサはコーナーの出口で加速する際に、バイクを寝かせた状態から素早く …  jp.motorsport.com ロッシ「ペドロサは”少なくとも一度は”タイトルを…https://jp.motorsport.com/motogp/news/ValentinoRossi-yamaha/3140126/ロッシは、ペドロサがタイトルを獲れていないことは残念であり、少なくとも一度は獲れていたはずだと述べた。

【市況】日経平均寄与度ランキング(前引け)~ 日経平均は4日ぶり反発、東エレクやファーストリテが指数を …

【市況】日経平均寄与度ランキング(前引け)~ 日経平均は4日ぶり反発、東エレクやファーストリテが指数を …

そのほか、前日から米国政府が自動車の関税引き上げを検討しているとの報道が嫌気されているトヨタ自動車<7203>やスズキ<7269>などといった自動車株の …  kabutan.jp 日経平均寄与度ランキング(前引け)~ 日経平均…https://kabutan.jp/news/marketnews/?b=n20180525031925日前引け時点の日経平均構成銘柄の騰落数は、値上がり88銘柄、値下がり131銘柄、変わらず6銘柄となった。日経平均は4日ぶり反発。20.19円高の22457.20円(出来高概算6億9041万株)で前場の取引を終えている。24日の米国市場ではトランプ米大統領による米朝首脳会談の中止表明や米国政府…

日産ノートが日産車48年ぶりの販売首位を手放しで喜べない複雑な事情

日産ノートが日産車48年ぶりの販売首位を手放しで喜べない複雑な事情

そして同日に日産自動車はノートが上半期に7万3380台を販売し、除軽統計(軽 … 話を2018暦年締めでの上半期販売ランキングに戻そう。 … トヨタは11車種がランクインしており、小さめなクルマが目立つもののバランスよく売れているのがわかる。  毎日新聞 WEB CARTOP:日産ノートが日産車48年ぶりの販売首…https://mainichi.jp/articles/20180711/ctp/00m/020/000000c人気は確かだがNO.1獲得のための自社登録やフリート販売も目立つ 7月5日に自販連(日本自動車販売協会連合会)と全軽自協(全国軽自動車協会連合会)がそれぞれ、6月単月の通称名別販売台数とともに2018暦年締めでの上半期(2018年1月から6月までの累計販売台数)の通称名別販売台数のランキングを発

マツダの「SKYACTIV-X」、イタリアで自動車技術賞を受賞

マツダの「SKYACTIV-X」、イタリアで自動車技術賞を受賞

… したイタリアの自動車専門誌「Quattroruote(クアトロルーテ)」誌が主催するヨーロッパの自動車業界の重要なイベントの1つである「Quattroruote Day」において、同誌をはじめとする世界15カ国の自動車専門誌の委員によって選出される賞。今年の「Quattroruote Day」において「SKYACTIV-X」が技術史に最も名前を残すよう …  BIGLOBEニュース マツダの「SKYACTIV-X」、イタリアで自動車技術賞…https://news.biglobe.ne.jp/economy/0213/zks_180213_3916879168.htmlマツダの次世代ガソリンエンジン「SKYACTIV-X」がイタリアのミラノで将来が期待される自動車技術に贈られる「QGlobalTechAward」を受賞した。【…(2018年02月13日 21時51分55秒)

米国で評判の良い企業ランキング 激動の2018年、スバルが大躍進

米国で評判の良い企業ランキング 激動の2018年、スバルが大躍進

自動車大手のスバルも、消費者の価値観に寄り添ってきたブランドだ。同社は今年初めてランキング入りを果たし、自動車メーカーとして最も高い45位につけた。「スバルは文字通り、勢いに乗った自動車ブランドだ」とハーングリフィス。「他の自動車各社が頭金ゼロのローンに注力してきた一方、スバルは、人が人生で愛するもの …  ライブドアニュース 米国で評判の良い企業ランキング 激動の2018年、…http://news.livedoor.com/article/detail/14600304/一部の世界大手企業は近年、自社のイメージ悪化を食い止めることに大忙しだ。データ漏えいやフェイクニュースの急増、セクシュアルハラスメント問題や銃規制を求める抗議活動などは、世界のビジネス界に衝撃を与え続