クルマ・バイク

2018年「夏のボーナス」上位企業を分析 自動車快進撃のワケは?

投稿日:

先頃発表された毎年恒例の日経新聞「夏のボーナスランキング」では、上位企業の顔ぶれが昨年からがらりと入れ替わっていた。そこから何が読み取れるのだろ …

-クルマ・バイク

関連記事

自動車、米減税効果が剥落 今期減益額が大きい企業

自動車、米減税効果が剥落 今期減益額が大きい企業

2018年3月期に最高益を更新する企業が相次ぐ中、19年3月期は減益に転じる企業も多い。会社予想ベースの今期の最終減益額が大きい企業をランキング …  日本経済新聞 自動車、米減税効果が剥落 今期減益額が大きい企…https://www.nikkei.com/article/DGXMZO31146390Q8A530C1DTA000/2018年3月期に最高益を更新する企業が相次ぐ中、19年3月期は減益に転じる企業も多い。会社予想ベースの今期の最終減益額が大きい企業をランキングすると、自動車大手が上位を占めた。米法人税率の引き下げの影響が剥落するのが主因だ。

ホンダN-BOXだけがなぜ売れる? N-BOXにあってライバルに足りないものとは

ホンダN-BOXだけがなぜ売れる? N-BOXにあってライバルに足りないものとは

なお、登録車と軽自動車を合算した新車販売ランキングで、2018年上半期の2位につけたのはスズキ・スペーシア。軽自動車のスーパーハイトワゴンが売れて …  WEB CARTOP ホンダN-BOXだけがなぜ売れる? N-BOXにあってラ…https://www.webcartop.jp/2018/08/270638ホンダの軽自動車N-BOXは圧倒的な販売台数で、軽のみならず、普通車を含めてもナンバー1の売れ行きを誇る。だが当然売れ筋のカテゴリーには他メーカーもライバル車を投入する。スズキ・スペーシアにダイハツ・タントだ。それでもなおN-BOXだけが売れる理由とは?

WEEKランキング 29~5日 強風が吹き荒れたGW

WEEKランキング 29~5日 強風が吹き荒れたGW

この日は高速道路では渋滞の車列が続き、渋滞の長さは山陽自動車道上り線鴨方-福山西インターチェンジ(IC)間で18・5キロ、下り線岡山ジャンクション-山陽IC間で18キロ、岡山自動車道下り線岡山総社-有漢IC間で6キロに達しました。新幹線や在来線特急の乗車率は多くが100%を突破し、岡山空港発着の空の便も …  山陽新聞デジタル|さんデジ WEEKランキング 29~5日 強風が吹き荒れたGWhttp://www.sanyonews.jp/article/710900WEEKランキング 29~5日 強風が吹き荒れたGW。山陽新聞デジタル(さんデジ)は山陽新聞社のニュースサイトです。岡山県内各地域や国内外のニュース、スポーツ速報を配信します。

低迷 プリウス、新車販売でトップ10圏外 7月車名別

低迷 プリウス、新車販売でトップ10圏外 7月車名別

日本自動車販売協会連合会と全国軽自動車協会連合会は、7月の車名別新車販売台数(速報) … 7月の車名別新車販売台数ランキング上位10車は以下の通り。  レスポンス(Response.jp) 低迷 プリウス、新車販売でトップ10圏外 7月車名…https://response.jp/article/2018/08/06/312809.html日本自動車販売協会連合会と全国軽自動車協会連合会は、7月の車名別新車販売台数(速報)を発表。『N-BOX』が前年同月比35.6%増の1万9668台で11か月連続トップとなるなど、軽自動車勢がトップ3を独占した。

中国からは1社も選出されない「自動車ブランドランキング」から分かる中国の特殊性=中国メディア

中国からは1社も選出されない「自動車ブランドランキング」から分かる中国の特殊性=中国メディア

中国からは1社も選出されない「自動車ブランドランキング」から分かる中国の特殊性=中国メディア … ブランドコンサルティング会社、インターブランド社が毎年発表しているブランドランキングによれば、2017年の自動車メーカーのブランド価値は1位がトヨタ、2位がメルセデス・ベンツ、3位がBMW、4位がホンダとなり、8位に …  ニフティニュース 中国からは1社も選出されない「自動車ブランドラ…https://news.nifty.com/article/world/china/12190-20180302_00031/ 世界最大の自動車市場である中国において大きなシェアを獲得しているのはドイツ車と日系車だ。中国車も全