クルマ・バイク

2018年上半期の車名別販売ランキング、軽自動車「N-BOX」が唯一の10万台超えで全体トップ

投稿日:

-クルマ・バイク

関連記事

PROTO総研/カーライフが「プロト カーユーザー レポート 2018」調査結果を公表

PROTO総研/カーライフが「プロト カーユーザー レポート 2018」調査結果を公表

プロト カーユーザー レポート 2018」は日本国内に在住する20歳以上の自家用車保有者で、かつ中古車ユーザーの6,181サンプルを対象に、現保有車の実態や自動車購入時の意識等を調査することで、今後の自動車マーケットの動向を探るための基礎データ作成を目的として1999年から毎年実施している定点調査となります。  www.jiji.com http://www.jiji.com/jc/article?k=000000035.0000…http://www.jiji.com/jc/article?k=000000035.000017791&g=prt

車上荒らしに遭いやすい車種に変化が起きている

車上荒らしに遭いやすい車種に変化が起きている

車上荒らしに遭いやすい車種ランキングを詳しく見ていきましょう。2017年に車上荒らしに遭ったクルマの第1位はプリウス。盗難車のランキングでも4年連続1位の …  ガジェット通信 GetNews 車上荒らしに遭いやすい車種に変化が起きている |…https://getnews.jp/archives/2084365日本損害保険協会の発表による2017年に車上荒らしに遭ったクルマを見てみると、2年連続1位となったのがトヨタの「プリウス」でした。ただし、2位以下のランキングを見てみると、これまで車上荒らしに遭いや…

驚き?それとも納得? ブランド忠誠度(次も同じブランドのクルマに乗り換える率)が低い自動車メーカーの …

驚き?それとも納得? ブランド忠誠度(次も同じブランドのクルマに乗り換える率)が低い自動車メーカーの …

… 忠誠度(次も同じブランドのクルマに乗り換える率)が低い自動車メーカーのランキング … スマートは悪いクルマではないものの、実用性に欠けるし価格も高い。  Autoblog Japan 驚き?それとも納得? ブランド忠誠度(次も同じ…https://jp.autoblog.com/2018/07/15/car-brands-most-least-loyal-owners-worst/1位 クライスラー:16% 先ほどご紹介した「最もブランド忠誠度が高い自動車メーカー」とは逆に、顧客が次も同じブランドのクルマに買い換える率が最も低かったのがクライスラーだ。「パシフィカ」は良いクルマ

人気ハイブリッドが上位を独占。国土交通省が「燃費の良い乗用車のベスト10」を発表

人気ハイブリッドが上位を独占。国土交通省が「燃費の良い乗用車のベスト10」を発表

国土交通省では、省エネルギーへの関心を高め、燃費性能の優れたクルマの開発・普及を促進するため、毎年「燃費の良い乗用車のベスト10」を公表しています。 … また軽自動車部門では、JC08モード燃費「37.0km/L」のスズキ アルト、及びマツダ キャロル が首位にランキングされており、3位は「35.6km/L」のスズキ アルト …  clicccar.com(クリッカー) 人気ハイブリッドが上位を独占。国土交通省が「燃…https://clicccar.com/2018/03/26/571763/国土交通省では、省エネルギーへの関心を高め、燃費性能の優れたクルマの開発・普及を促進するため、毎年「燃費の良い乗用車のベスト10」を公表しています。 同省発表によると、昨年末時点で販売されている乗用車のうち、普通・小型自動車部門ではJC08モード燃費「40.8km/L」のトヨタ プリウスが3年連続で低燃費首位

最強オーナー企業ランキング!【業種別・食料品全50位ほか編・完全版】

最強オーナー企業ランキング!【業種別・食料品全50位ほか編・完全版】

その中で、週刊ダイヤモンドは最強のオーナー企業を明らかにすべく、収益性や安定性の指標を用いて独自にオーナー企業ランキングを作成した。トヨタ自動車が総合1位に輝いた他、業種の業界別ランキングでは高収益の成長企業が上位に入った。今回はその中から食料品、水産・農林、繊維、パルプ・紙業界編をお送りする。  ダイヤモンド・オンライン 最強オーナー企業ランキング!【業種別・食料品全5…http://diamond.jp/articles/-/166832週刊ダイヤモンドが最強のオーナー企業を明らかにすべく、収益性や安定性の指標を用いて独自にオーナー企業ランキングを作成した。トヨタ自動車が総合1位に輝いた他、業種の業界別ランキングでは高収益の成長企業が上位に入った。今回はその中から食料品、水産・農林、繊維、パルプ・紙業界編をお送りする。