クルマ・バイク

2018年度の研究開発費ランク…1位トヨタ、2位ホンダ、3位日産、4位デンソー 日経調べ[新聞ウォッチ]

投稿日:

2018年度の研究開発費が最も多い企業はトヨタ自動車で1兆800億円、前年度に比べて1.4%増。2位はホンダで7900億円、 … クルマを作る会社」から「モビリティ・カンパニー」にモデルチェンジすると宣言したのはトヨタ自動車だが、研究開発費の内訳 …

-クルマ・バイク

関連記事

「リチウムイオン電池」関連がランキング入り、脱ガソリン車向けに需要増大<注目テーマ>

「リチウムイオン電池」関連がランキング入り、脱ガソリン車向けに需要増大<注目テーマ>

ガソリン自動車から電気自動車(EV)へのシフトが加速している。中国では政府がEVをはじめとする新エネルギー車を、2020年までに累積500万台生産すること …  みんなの株式 「リチウムイオン電池」関連がランキング入り、脱…https://minkabu.jp/news/2161174最新投稿日時:2018/07/19 12:21 – 「「リチウムイオン電池」関連がランキング入り、脱ガソリン車向けに需要増大<注目テーマ>」(minkabuPRESS)

LED売上ランキング、首位の日亜に迫る独オスラム

LED売上ランキング、首位の日亜に迫る独オスラム

… 差があったが、その後の日亜の伸び悩みとオスラムの急伸により、17年にはわずか5億ドルにまで差が縮まった。液晶パネル用バックライトや一般照明といった、これまでLED市場の拡大を牽引してきた用途が徐々に成熟化するなか、今後の事業拡大は自動車用やマイクロLEDといった新規分野での競争力が左右しそうだ。  投信1 LED売上ランキング、首位の日亜に迫る独オスラム …http://www.toushin-1.jp/articles/-/5671青色・白色LEDを世界に先駆けて事業化し、LED業界の拡大を長年牽引してきた日亜化学工業。その売上高首位の座にドイツのオスラム オプトセミコンダクターズがひたひたと迫っている。

日本車メーカーがトップ3を独占! ブランド忠誠度(次も同じブランドのクルマに乗り換える率)が高い …

日本車メーカーがトップ3を独占! ブランド忠誠度(次も同じブランドのクルマに乗り換える率)が高い …

ブランド忠誠度(次も同じブランドのクルマに乗り換える率)が高い自動車メーカーのランキング … 自動車メーカーの格付けを測るには様々な尺度がある。  Autoblog Japan 日本車メーカーがトップ3を独占! ブランド忠誠…https://jp.autoblog.com/2018/07/15/car-brands-most-least-loyal-owners-best/自動車メーカーの格付けを測るには様々な尺度がある。品質、顧客満足度、リセールバリュー。その1つが"ブランド忠誠度"と呼ばれるものだ。これはあるブランドのクルマを所有した人が、次も同じブランドのクルマに

【ハースF1】2019年の目標は? 2018年はランキング5位へ上昇

【ハースF1】2019年の目標は? 2018年はランキング5位へ上昇

数値を見る限り、我々はいいクルマを手にするだろうと確信しているよ」 … に次ぐコンストラクターズランキング5位の位置を目指していくことだと主張している。  www.topnews.jp 【ハースF1】2019年の目標は? 2018年はランキン…http://www.topnews.jp/2019/01/14/news/f1/177002.htmlTopNews(トップニュース)は、F1や自動車ニュースをLive速報で毎日提供しています。

自動車産業が貿易戦争で直面「米中ダブル巨額投資」の恐怖

自動車産業が貿易戦争で直面「米中ダブル巨額投資」の恐怖

週刊ダイヤモンド2018年11月24日号第1特集は「米中戦争 日系メーカー危険度ランキング」です。米中の技術覇権、軍事覇権を懸けた戦いは、長期戦になること …  ダイヤモンド・オンライン 自動車産業が貿易戦争で直面「米中ダブル巨額投資…https://diamond.jp/articles/-/185893週刊ダイヤモンド2018年11月24日号第1特集は「米中戦争 日系メーカー危険度ランキング」です。米中の技術覇権、軍事覇権を懸けた戦いは、長期戦になることが決定的です。日本企業にはどう影響するのでしょうか。特集では国家間の争い標的になる自動車産業に対する影響を調査し、記事にまとめました。