クルマ・バイク

2018年 欧州でもっともリコールされたクルマ・ランキング 30位〜16位

投稿日:

-クルマ・バイク

関連記事

バイク好きは要チェック 超マニアックなクイズ満載「バイクオタ診断!」

バイク好きは要チェック 超マニアックなクイズ満載「バイクオタ診断!」

日本自動車連盟(JAF)では、バイク初心者から中級ベテランライダー、リターンライダーに向けて、バイクライフが楽しくなるアドバイス動画や注目情報を紹介するコンテンツ「Happy Bike !!」を公式HPにて公開している。なかでも注目なのが、バイクに関するクイズでマニアックレベルを計る「バイクオタ診断!」。マニアックすぎる …  CS RANKING バイク好きは要チェック 超マニアックなクイズ満載…https://life.oricon.co.jp/rank_bike/news/2107685/超マニアック「バイクオタ診断!」 日本自動車連盟(JAF)では、バイク初心者から中級ベテランライダー、リターンライダーに向けて、バイクライフが楽しくなるアドバイス動画や注目情報を紹介するコンテンツ「Happy Bike !!」を公式HPにて公開して…

アクア好調も悩ましい事情

アクア好調も悩ましい事情

これを受けて乗用車ブランド通称名別新車販売ランキングで、今年4~7月は単独トップに立った。高級車ブランド「レクサス」を除くトヨタの国内販売店4系列(トヨタ …  ニフティニュース トヨタ「アクア」が抱える意外と悩ましい事情 – (1/1…https://news.nifty.com/article/magazine/12208-101761/トヨタ自動車のコンパクトハイブリッドカー「アクア」が、微妙な立ち位置にいる。日本自動車販売協会連合会(自販連)によると、今年1〜9月にアクアは約9万6900台(月平均約1万0760台)を売り、乗用車ブ…

発売後7年でも販売首位争いのトヨタ・アクアの数字を鵜呑みにできない裏事情

発売後7年でも販売首位争いのトヨタ・アクアの数字を鵜呑みにできない裏事情

いまのところ自販連の通称名別販売台数ランキングや、全軽自協(全国軽自動車協会 … ディーラー名義などでの自社登録(軽自動車は届け出)を行ったり、カーシ … としてカウントしたクルマは、早くて半年ぐらいと短期間で中古車や登録(軽自動車は …  WEB CARTOP 発売後7年でも販売首位争いのトヨタ・アクアの数字…https://www.webcartop.jp/2018/10/279812自動車は新型車のほうがよく売れる傾向にある。より新しい装備や技術などが採用され、商品力が高いためだ。だが、発売から7年となるトヨタ・アクアはいまだに販売台数で首位争いをし、ライバルの日産ノートe-POWERに迫っている。だがその数字を鵜呑みにはできないという。

燃費も安全性も最新車が上! それでもクルマ好きが旧いクルマを求めるワケ

燃費も安全性も最新車が上! それでもクルマ好きが旧いクルマを求めるワケ

現代のクルマは燃費などの兼ね合いもあり、ある程度デザインの正解が出て … 普通車の販売台数ランキングでトップを飾るクルマであれば、月に1万台以上が …  日本最大級のクルマ総合情報… 燃費も安全性も最新車が上! それでもクルマ好き…https://carview.yahoo.co.jp/news/market/20190530-10414921-carview/ 個性的な外観や特徴的な走りに惹かれる!  クルマも工業製品であるから、新しいモデルが優れているというのは当然のこと。それにもかかわらず一定数のファンが存在するのが旧車だ。筆者も旧車オーナーのひとりであり、旧車とともに現行車種も保有している…

スバル・フォレスターが 2018年度JNCAP衝突安全性能評価で最高得点を獲得! 「大賞」を受賞

スバル・フォレスターが 2018年度JNCAP衝突安全性能評価で最高得点を獲得! 「大賞」を受賞

国土交通省と独立行政法人 自動車事故対策機構(NASVA)が実施した「自動車の安全性能を比較評価する自動車アセスメント(JNCAP)において、SUBARU の …  motor-fan.jp スバル・フォレスターが 2018年度JNCAP衝突安全性…https://motor-fan.jp/article/10009842国土交通省と独立行政法人 自動車事故対策機構(NASVA)が実施した「自動車の安全性能を比較評価する自動車アセスメント(JNCAP)において、SUBARU のフォレスターが 2018 年度からの評価方法にて最高得点を獲得し、「衝突安全性能評価大賞」を受賞した。また2018年度のJNCAP予防安全性能評価についても最高ランクの…