クルマ・バイク

2018年 英国でほとんど売れなかったクルマ25選 日本車もランクイン

投稿日:

2018年、英国でもっとも売れなかった新車ランキングです。ラ・フェラーリやマクラーレン・セナといった超希少車や、ロールスやベントレーといった超高級モデルが …

-クルマ・バイク

関連記事

8月の新車販売ランキング、N-BOXが11カ月連続トップ 登録車はノート

8月の新車販売ランキング、N-BOXが11カ月連続トップ 登録車はノート

日本自動車販売協会連合会と全国軽自動車協会連合会は6日、8月度の車名別新車販売台数を発表。その結果、ホンダの「N-BOX」が1万5,509台で首位となっ …  財経新聞 8月の新車販売ランキング、N-BOXが11カ月連続トッ…https://www.zaikei.co.jp/article/20180906/464388.html日本自動車販売協会連合会と全国軽自動車協会連合会は6日、8月度の車名別新車販売台数を発表。

個人間カーシェアの人気車種ランキング、3位アルファード、2位カイエン、1位は?

個人間カーシェアの人気車種ランキング、3位アルファード、2位カイエン、1位は?

人気車種ランキング1位にはBMW 3シリーズ、2位はポルシェ カイエンと、海外メーカーの … 同一車種で複数台のクルマのシェア回数は合算。 … ※1 参考:「2015年度乗用車市場動向調査」(一般社団法人 日本自動車工業会)2016年4月8日 … ツアラーとスポーツバイクのいいとこ取りのカワサキ「Ninja 1000」【バイク図鑑】.  @DIME アットダイム 個人間カーシェアの人気車種ランキング、3位アルフ…https://dime.jp/genre/668554/都内在住の20代~30代にとって、独り暮らし+車所有のハードルはなかなか高い。特に車に関しては、「駐車場代など今まで以上にお金がかかる」というように、高額な維持費を理由に免許はあれど買わない選択をする…

時価総額の増減が大きい米国企業ランキング

時価総額の増減が大きい米国企業ランキング

東洋経済では、『米国会社四季報』収録データを基に、ランキング形式で米国企業の姿を紹介している。前回「巨大!アメリカの『株式時価総額』トップ100」では、 …  東洋経済オンライン 時価総額の増減が大きい米国企業ランキング | 「米…https://toyokeizai.net/articles/-/220880東洋経済では、『米国会社四季報』収録データを基に、ランキング形式で米国企業の姿を紹介している。前回「巨大!アメリカの『株式時価総額』トップ100」では、アメリカの時価総額の上位企業を取り上げた。ご承知…

「日産 ノート」も「トヨタ プリウス」も販売台数は前年比割れ 電動化だけでは売れない時代になりつつある

「日産 ノート」も「トヨタ プリウス」も販売台数は前年比割れ 電動化だけでは売れない時代になりつつある

2018年上半期(1~6月)の登録車販売ランキングにおいて、日産車として48年ぶりに「ノート」がトップに立ったというニュース(1970年上半期「サニー」以来)は、 …  日本最大級のクルマ総合情報… 「日産 ノート」も「トヨタ プリウス」も販売台数…https://carview.yahoo.co.jp/news/market/20180820-10334967-carview/日本市場のハイブリッド車に変化が見えてきた世界的にクルマの電動化が進んでいると言われている。当初は「電動化=100%電気自動車」といった誤解もあったが、欧州発トレンドの電動化はハイブリッド(HEV:Hybrid Electric Vehicle)、プラグインハ

メルカリ、ZOZO躍進、日本企業のブランド価値ランキングで見える産業構造変化

メルカリ、ZOZO躍進、日本企業のブランド価値ランキングで見える産業構造変化

トップ40のうち9ブランドが自動車関連だった。 ランキング全体でもっとも多い業種は11ブランド入った金融関係で、6位のMUFG(三菱UFJフィナンシャル・ …  Beyond メルカリ、ZOZO躍進、日本企業のブランド価値ラン…https://boxil.jp/beyond/a6142/インターブランドジャパンのブランド価値ランキング「Best Japan Brands」は、企業のブランドが「将来どれくらい収益を上げると予想されるか」という観点で作られている。そのため、そのブランドが今後も成長するかどうか見極めるのに役立つ。2019年版では、初登場のメルカリ、急成長のZOZOなど、新興勢力の躍進が目立っ…