クルマ・バイク

2019就活、京大生の注目企業ランキング…関西本社企業の注目度高

投稿日:

就職・転職のための企業リサーチサイト「Vorkers」を運営するヴォーカーズは、2019就活生のうち、京都大学生の動向に着目した「京大生が選ぶ、就職注目企業ランキング」を集計した。1位は「アクセンチュア」、2位は「野村総研」、3位は「新日鐵住金」。TOP30には関西・東海エリアに本社を置く企業が多くランクインした。

-クルマ・バイク

関連記事

「プリウス」を中古で買うなら押さえたい常識

「プリウス」を中古で買うなら押さえたい常識

プリウス』が絶対王者ではなくなった理由」(3月12日配信)で解説したように、ピークに年間30万台以上を売った先代3代目(2009~2015年)ほどの勢いはないが、毎月コンスタントに1万台前後を販売。2017年も日本自動車販売協会連合会(自販連)がまとめている乗用車ブランド通称名別ランキング(軽自動車除く)で約16万 …  東洋経済オンライン 「プリウス」を中古で買うなら押さえたい常識 | 中古車https://toyokeizai.net/articles/-/212737トヨタ自動車が2015年末から日本国内で販売している4代目「プリウス」。「『プリウス』が絶対王者ではなくなった理由」(3月12日配信)で解説したように、ピークに年間30万台以上を売った先代3代目(2009~2015年…

Eワラント:売れ筋・値上がりランキング(大引け)[FISCO]

Eワラント:売れ筋・値上がりランキング(大引け)[FISCO]

Eワラント:売れ筋・値上がりランキング(大引け)[FISCO] … 前日比 レバレッジ 原資産騰落率(前日比)1 トヨタ自動車 コール (7,500円) +66.25% 13.46 +3.70%2 …  klug-fx.jp Eワラント:売れ筋・値上がりランキング(大引け)…http://klug-fx.jp/fxnews/detail.php?id=429760■eワラント売れ筋トップ10(2018/05/09 15:10現在)順位 銘柄名(権利行使価格) 前日比 レバレッジ 販売価格1 スズキ コール (7,500円) -14.17% 8.70 1.26円2 JIG-SAW コール (5,000円) -12.64% 5.83 0.81円3 塩野義製薬 コール (6,000円) -25.77% 8.20 1.35円

関西住みたい街ランキング 1位は西宮北口駅

関西住みたい街ランキング 1位は西宮北口駅

当時、250ccのバイクに乗っていたが、「その時千ccのハーレーダビッドソンに追い抜かれ“いつかオレもハーレー買うぞ!”と思ったんですよ」と若かりし頃のほろ苦い体験を吐露。 独身の2人は「デートで行きたい街ランキング」の項目で、(1)神戸三宮(2)梅田(3)嵐山などの結果を発表した。 水田さんは「以前から女優の竹内結子 …  www.nnn.co.jp 関西住みたい街ランキング 1位は西宮北口駅 – 大…http://www.nnn.co.jp/dainichi/news/180326/20180326022.html

【特集】「全固体電池」関連がランキング上位に、トヨタなど開発を本格化<注目テーマ>

【特集】「全固体電池」関連がランキング上位に、トヨタなど開発を本格化<注目テーマ>

みんなの株式と株探が集計する「人気テーマランキング」で、「全個体電池」が6位となっている。 全固体電池は、現在普及している … トヨタ自動車<7203>は、2020年代前半をメドにリチウムイオン電池に代わる「全固体電池」を実用化し、既存のガソリン車と遜色無いEVの実現を目指している。同社は17年12月に「全固体電池」 …  kabutan.jp 「全固体電池」関連がランキング上位に、トヨタな…https://kabutan.jp/news/marketnews/?b=n201803230372★人気テーマ・ベスト101 セルフレジ2 5G3 ドローン4 人工知能5 ICタグ6 全固体電池7 RPA8 ブロックチェーン9 再生医療10 量子コンピューター みんなの株式と株探が集計する「人気テーマランキング」で・・・。

自動車メーカー特許『他社牽制力』ランキング…トップ3はトヨタ、日産、ホンダ

自動車メーカー特許『他社牽制力』ランキング…トップ3はトヨタ、日産、ホンダ

パテント・リザルトは6月18日、独自に分類した自動車メーカーを対象に、2017年の特許審査過程で他社特許への拒絶理由として引用された件数を企業別に集計 …  レスポンス(Response.jp) 自動車メーカー特許『他社牽制力』ランキング…トッ…https://response.jp/article/2018/06/18/310956.htmlパテント・リザルトは6月18日、独自に分類した自動車メーカーを対象に、2017年の特許審査過程で他社特許への拒絶理由として引用された件数を企業別に集計した「自動車メーカー 他社牽制力ランキング2017」をまとめた。