クルマ・バイク

2019年卒就職人気企業ランキング ソニーは理系で2年連続1位、文系でも7位と存在感示す

投稿日:

2019年卒就職人気企業ランキング ソニーは理系で2年連続1位、文系でも7位と存在感示す … ソニーは理系のみならず、文系学生の人気も高まっており、文系学生の志望ランキングでは38位から7位に躍進している。 … 東海地区の1位はトヨタ自動車。2位が一条工務店、3位がデンソーと、メーカーの根強い人気が伺える。

-クルマ・バイク

関連記事

レクサス「UX」は走りもスタイルも規格外だ

レクサス「UX」は走りもスタイルも規格外だ

日本ではトヨタ自動車が2016年末に発売した「C-HR」が、2017年の乗用車(軽自動車を除く)ブランド通称名別ランキングで4位(約11万7300台)という高順位に食い込んだほか、2017年末にマツダが投入した「CX-8」の出足も好調。ホンダが一度は日本での販売をやめた「CR-V」を今年中にも復活させる見通しだ。  東洋経済オンライン レクサス「UX」は走りもスタイルも規格外だ | 新車レ…http://toyokeizai.net/articles/-/212393近年、世界の自動車メーカーが力を入れているのがSUV(スポーツ多目的車)だ。中でもトレンドの中心にあるのは、SUVが持つタフなイメージを踏襲しながら、アスファルトの上を快適に、かつスポーティにと、乗用車的…

LED売上ランキング、首位の日亜に迫る独オスラム

LED売上ランキング、首位の日亜に迫る独オスラム

… 差があったが、その後の日亜の伸び悩みとオスラムの急伸により、17年にはわずか5億ドルにまで差が縮まった。液晶パネル用バックライトや一般照明といった、これまでLED市場の拡大を牽引してきた用途が徐々に成熟化するなか、今後の事業拡大は自動車用やマイクロLEDといった新規分野での競争力が左右しそうだ。  投信1 LED売上ランキング、首位の日亜に迫る独オスラム …http://www.toushin-1.jp/articles/-/5671青色・白色LEDを世界に先駆けて事業化し、LED業界の拡大を長年牽引してきた日亜化学工業。その売上高首位の座にドイツのオスラム オプトセミコンダクターズがひたひたと迫っている。

ジュニアシート人気おすすめランキングTOP10|価格と評判で比較【2018年下半期版】

ジュニアシート人気おすすめランキングTOP10|価格と評判で比較【2018年下半期版】

ジュニアシート人気おすすめランキングTOP10|価格と評判で比較【2018年下半期版】 … 以上のことを念頭において、おすすめ人気ランキングを紹介します。  MOBY [モビー]|初めて車と出… ジュニアシート人気おすすめランキングTOP10|価格…https://car-moby.jp/3453192018年下半期の人気おすすめ人気ランキングTOP10を発表!注目のメーカーは、GRACO、LEAMAN、タカタ、カーメイトです。今回はシートの価格やスペックも商品ごとにご紹介します。

イード、IAAE 2018で e燃費アワード 2017-2018結果を詳細報告

イード、IAAE 2018で e燃費アワード 2017-2018結果を詳細報告

e燃費アワードはe燃費のユーザーが投稿した実燃費データをもとに、燃費に優れたクルマをランキング形式で表彰するもので、今回で12回目を迎える。 e燃費の吉田凌マネージャーは「e燃費アワードは総合部門のほかに、新型車、ガソリン車、ディーゼル車、ハイブリッド車、軽自動車、輸入車、カタログ燃費達成率の8部門で …  レスポンス(Response.jp) イード、IAAE 2018で e燃費アワード 2017-2018結果…https://response.jp/article/2018/03/14/307231.htmlイードは3月14日に東京ビッグサイトで開幕した第16回国際オートアフターマーケットEXPO 2018(IAAE2018)で、『e燃費アワード2017-2018』結果の詳細報告および、アワード選定のデータ源となるマイカー燃費管理サービス「e燃費」を紹介展示している。

驚き?それとも納得? ブランド忠誠度(次も同じブランドのクルマに乗り換える率)が低い自動車メーカーの …

驚き?それとも納得? ブランド忠誠度(次も同じブランドのクルマに乗り換える率)が低い自動車メーカーの …

… 忠誠度(次も同じブランドのクルマに乗り換える率)が低い自動車メーカーのランキング … スマートは悪いクルマではないものの、実用性に欠けるし価格も高い。  Autoblog Japan 驚き?それとも納得? ブランド忠誠度(次も同じ…https://jp.autoblog.com/2018/07/15/car-brands-most-least-loyal-owners-worst/1位 クライスラー:16% 先ほどご紹介した「最もブランド忠誠度が高い自動車メーカー」とは逆に、顧客が次も同じブランドのクルマに買い換える率が最も低かったのがクライスラーだ。「パシフィカ」は良いクルマ