クルマ・バイク

2019年第1四半期 ”クルマのフリマサービス”トレンド最前線『ガリバーフリマ』 車の個人間取引ランキング …

投稿日:

両部門ともに1位の「ワゴンR(スズキ)」をはじめ、上位にランクインした軽自動車はどれも発売当初から長きに渡って人気の車種です。生産販売台数が多い車種 …

-クルマ・バイク

関連記事

軽自動車新車販売、0.7%減の191万0346台で3年ぶりのマイナス 2019年

軽自動車新車販売、0.7%減の191万0346台で3年ぶりのマイナス 2019年

全国軽自動車協会連合会は1月6日、2019年(1~12月)の軽自動車新車販売台数(速報)を発表。前年同期比0.7%減の191万0346台で3年ぶりのマイナスと … headlines.yahoo.co.jp表示できません – Yahoo!ニュース

自動車部品業界『他社牽制力』ランキング…トップ3はデンソー、住友電装、日立オートモティブ

自動車部品業界『他社牽制力』ランキング…トップ3はデンソー、住友電装、日立オートモティブ

パテント・リザルトは6月21日、独自に分類した自動車部品業界の企業を対象に、2017年の特許審査過程にて他社特許への拒絶理由として引用された件数を … レスポンス(Response.jp)自動車部品業界『他社牽制力』ランキング…トップ3…パテント・リザルトは6月21日、独自に分類した自動車部品業界の企業を対象に、2017年の特許審査過程にて他社特許への拒絶理由として引用された件数を企業別に集計した「自動車部品業界 他社牽制力ランキング2017」をまとめた。

燃費も安全性も最新車が上! それでもクルマ好きが旧いクルマを求めるワケ

燃費も安全性も最新車が上! それでもクルマ好きが旧いクルマを求めるワケ

現代のクルマは燃費などの兼ね合いもあり、ある程度デザインの正解が出て … 普通車の販売台数ランキングでトップを飾るクルマであれば、月に1万台以上が … 日本最大級のクルマ総合情報…燃費も安全性も最新車が上! それでもクルマ好き… 個性的な外観や特徴的な走りに惹かれる!  クルマも工業製品であるから、新しいモデルが優れているというのは当然のこと。それにもかかわらず一定数のファンが存在するのが旧車だ。筆者も旧車オーナーのひとりであり、旧車とともに現行車種も保有している…

最新!「有休取得率」の高い300社ランキング

最新!「有休取得率」の高い300社ランキング

今回もランキングトップは自動車大手のホンダで、7年連続で首位の座を維持している。3年平均の取得率は99.6%に達する。ホンダでは、次年度への有給繰越日数の上限は20日で、21日以上の分はカットされてしまうため、有給休暇の残日数を必ず20日以下になるよう、つまり有給休暇がカットされないよう計画的な取得を … ライブドアニュース「有休取得率」の高い300社ランキング 1位は7年連…各企業の最新データを基に、有休取得率の高い300社をランキングしている。1位は7年連続でホンダとなり、3年平均の取得率は99.6%に達する。以下、99.5%のテイ・エス テック、99.1%のケーヒンと続いた

ランクル人気はなぜ続く? 日産や三菱が撤退した大型本格四駆でトヨタだけが生き残る理由

ランクル人気はなぜ続く? 日産や三菱が撤退した大型本格四駆でトヨタだけが生き残る理由

かつて各メーカーがラインナップしていた大型の本格四駆ですが、いまや絶滅危惧種となってしまいました。現在残っているのはトヨタ「ランドクルーザー」のみとなり … くるまのニュースランクル人気はなぜ続く? 日産や三菱が撤退した大…かつて各メーカーがラインナップしていた大型の本格四駆ですが、いまや絶滅危惧種となってしまいました。現在残っているのはトヨタ「ランドクルーザー」のみとなりますが、販売が好調です。なぜランクルだけが生き残っているのでしょうか。