クルマ・バイク

2019年自動車販売台数トップ トヨタ勢の「共食い」を制したプリウスが進む道

投稿日:

2019年自動車販売台数トップ トヨタ勢の「共食い」を制したプリウスが進む道 … 巷でいうところの白ナンバーの普通車、その販売ランキングである。 … 言い換えればそれは、日本人がクルマに対して必要外の余剰的な出費を良しとしていないことを示し …

-クルマ・バイク

関連記事

ホンダN-BOX、今期販売1位に…プリウスがついに失速、トヨタ・シエンタ販売急増の謎

ホンダN-BOX、今期販売1位に…プリウスがついに失速、トヨタ・シエンタ販売急増の謎

自販連(日本自動車販売協会連合会)および全軽自協(全国軽自動車協会連合会)より、2019年9月の新車販売台数統計が発表された。9月単月の販売台数が … ビジネスジャーナル/Business…ホンダN-BOX、今期販売1位に…プリウスがついに失速…自販連(日本自動車販売協会連合会)および全軽自協(全国軽自動車協会連合会)より、2019年9月の新車販売台数統計が発表された。9月単月の販売台数が発表されるとと…

12代目カローラを「快作」と評価できる根本理由

12代目カローラを「快作」と評価できる根本理由

… 自動車のカローラがデビューしたのは1966年。1969年に年間販売台数ランキング … 先代カローラに厳しい評価を与えていた『間違いだらけのクルマ選び』は、12代目 … 東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースを … カローラは“良品廉価”という言葉を今も使うほどコストにこだわったクルマ。 news.livedoor.com走って楽しいクルマという原点に回帰 12代目カロー…2019年9月に全面改良したトヨタの新型カローラ(撮影:梅谷秀司)トヨタ自動車のカローラがデビューしたのは1966年。1969年に年間販売台数ランキングで1位の座につくと、2001年までの33年間、そのポジションを守り続

バイク王のリセールランキング、ホンダ「スーパーカブ110」が首位に

バイク王のリセールランキング、ホンダ「スーパーカブ110」が首位に

総合ランキングに戻ろう。1位は飛ばして2位にカワサキNinja650、3位にホンダのX-ADV、4位5位はヤマハでTMAX530 DX ABS、トリシティ155ABSと続く。6位はカワサキのNinja1000。7位は同順位で3車種があり、2つはホンダのCB1100RSとCBR250RR、もう1つはヤマハのジョグZRである。10位はホンダのCRF250L。 財経新聞バイク王のリセールランキング、ホンダ「スーパー…バイク王バイクライフ研究所が、2017年12月~2018年2月のバイクの「リセール・プライス」(売却時に高値がつく度合い)ランキングを発表した。

変わる自動車の税制 消費増税“後”のほうが普通車購入は得かも

変わる自動車の税制 消費増税“後”のほうが普通車購入は得かも

2019年10月の10%への消費税率引き上げと同時に、自動車関連の税金制度は大きく変わる。具体的には、現行の自動車税は「自動車税(種別割)」に名称変更 … BCN+R変わる自動車の税制 消費増税“後”のほうが普通車…2019年10月の10%への消費税率引き上げと同時に、自動車関連の税金制度は大きく変わる。

2018年の燃費1位はハイブリッド車の元祖「プリウス」 最も燃費良いクルマを国交省が発表

2018年の燃費1位はハイブリッド車の元祖「プリウス」 最も燃費良いクルマを国交省が発表

国土交通省は、2018年12月時点で販売されているクルマの燃費ランキングを公表。どのようなクルマが上位 … 【普通・小型自動車部門(JC08モード)】. 1位:トヨタ・ … くるまのニュース2018年の燃費1位はハイブリッド車の元祖「プリウス…何かと気になるクルマの「燃費」。国土交通省は、2018年12月時点で販売されているクルマの燃費ランキングを公表。どのようなクルマが上位にランクインしたのでしょうか。