クルマ・バイク

30代が働きやすい企業ランキング 2位はソニー

投稿日:

-クルマ・バイク

関連記事

プリウス3年連続で燃費首位国交省ランキング

プリウス3年連続で燃費首位国交省ランキング

国土交通省が20日発表した2017年の燃費の良い乗用車ランキングによると、普通・小型自動車はトヨタ自動車のハイブリッド車(HV)「プリウス」が3年連続で首位となった。燃費はガソリン1リットル当たり40・8キロだった。 ランキングは17年末時点で新車として販売されていた乗用車が対象。普通・小型車の2位はトヨタのHV「 …  IWATE NIPPO プリウス3年連続で燃費首位https://www.iwate-np.co.jp/article/kyodo/2018/3/20/15495全国のニュース

【市況】ADR日本株ランキング~トヨタなど全般堅調、シカゴは大阪比190円高の21680円

【市況】ADR日本株ランキング~トヨタなど全般堅調、シカゴは大阪比190円高の21680円

欧米間の自動車・自動車部品への関税を巡る貿易摩擦への懸念が後退し、欧州株が全面高となると、米国株にも買いが先行した。注目のFOMC議事録では、 …  kabutan.jp ADR日本株ランキング~トヨタなど全般堅調、シカゴ…https://kabutan.jp/news/marketnews/?b=n201807060028ADR(米国預託証券)日本株はトヨタ<7203>、ファナック<6954>、ソフトバンクG<9984>、ソニー<6758>、ファーストリテ<9983>、任天堂<7974>、エーザイ<4523>、TDK<6762>など全般堅調・・・。

嘉定は世界レベルの自動車産業の中心を目指し船出する

嘉定は世界レベルの自動車産業の中心を目指し船出する

今や上海の嘉定区と言えば、人々は国内外に名を轟かせる自動車産業を連想する … 改革開放から40年、自動車産業における対外開放の先例として中国の自動車 … 最も顕著な街である。2016年の中国自動車産業基地競争力ランキングでも、嘉定 …  ダイヤモンド・オンライン 嘉定は世界レベルの自動車産業の中心を目指し船出するhttps://diamond.jp/articles/-/177877今や上海の嘉定区と言えば、人々は国内外に名を轟かせる自動車産業を連想するだろう。改革開放から40年、自動車産業における対外開放の先例として中国の自動車産業は嘉定区から始まり、この464.2平方kmの情熱の地で徐々に発展を遂げ、規模を拡大し、今では嘉定区だけでなく、上海の有力産業ともなっている。その嘉定区は…

2018年度の研究開発費ランク…1位トヨタ、2位ホンダ、3位日産、4位デンソー 日経調べ[新聞ウォッチ]

2018年度の研究開発費ランク…1位トヨタ、2位ホンダ、3位日産、4位デンソー 日経調べ[新聞ウォッチ]

2018年度の研究開発費が最も多い企業はトヨタ自動車で1兆800億円、前年度に比べて1.4%増。2位はホンダで7900億円、 … クルマを作る会社」から「モビリティ・カンパニー」にモデルチェンジすると宣言したのはトヨタ自動車だが、研究開発費の内訳 …  レスポンス(Response.jp) 2018年度の研究開発費ランク…1位トヨタ、2位ホンダ…https://response.jp/article/2018/07/26/312345.htmlトヨタ自動車など自動車メーカー3社の研究開発費を合わせると2兆4100億円の投資額になり、自動運転や電動車のほか、ホンダは人工知能(AI)、日産はコネクテッドカーなどにも積極投資するという。

転職するなら業績好調な自動車業界!? 人気企業1位はトヨタ自動車

転職するなら業績好調な自動車業界!? 人気企業1位はトヨタ自動車

パーソルキャリアが運営する転職サービスDODA(デューダ)が、22~59歳の会社員約6,000人を対象に調査した「転職人気企業ランキング2018」によると、昨年に …  clicccar.com(クリッカー) 転職するなら業績好調な自動車業界!? 人気企業1位…https://clicccar.com/2018/06/12/598609/パーソルキャリアが運営する転職サービスDODA(デューダ)が、22~59歳の会社員約6,000人を対象に調査した「転職人気企業ランキング2018」によると、昨年に続きトヨタ自動車(1位)とグーグル(2位)が圧倒的な支持を集め、3位以下の企業に大きな差をつけています。 EVなど新エネルギー車の販売拡大や、クルマのIT化・自…