クルマ・バイク

4代目の販売は勢いにかける?プリウスが絶対王者ではなくなった要因

投稿日:

昨年(2017年暦年)、プリウスの国内販売台数は約16万台と日本自動車販売協会連合会(自販連)がまとめている乗用車ブランド通称名別ランキング(軽自動車除く)で1位。2位の日産自動車「 …. プリウスをはじめ、トヨタのハイブリッド車は燃費にこだわるあまり、クルマがドライバーの運転にかなり「介入」してくる感じがある。

-クルマ・バイク

関連記事

「社会貢献におカネを出す」100社ランキング

「社会貢献におカネを出す」100社ランキング

… 編)』に掲載。毎年、この中から各社の社会貢献活動支出額と支出比率のランキングを作成し発表している。今回もランキングをベースに各社の社会貢献の取り組みについてご紹介していく。 … トップは5年連続でトヨタ自動車(292.4億円)。2014年度216.9億円、2015年度253.8億円と2位以下を大きく引き離す。同社は「 …  東洋経済オンライン 「社会貢献におカネを出す」100社ランキング | CSR企…http://toyokeizai.net/articles/-/211835戦後最大の危機とも言われる東日本大震災発生から7年が経とうとしている。小社が2017年に行った第13回東洋経済CSR調査では、2017年6月末時点の企業の東日本大震災復興支援の状況は「行っている」49.4%(492社)、…

冬の自動車トラブル防止に“猫バンバン”が有効な理由

冬の自動車トラブル防止に“猫バンバン”が有効な理由

かわいい写真や動画の投稿をしたり、テレビ番組が特集を組んだりなど、空前の猫ブームが今なお継続している。だが、外で生活している猫たちにとっては、近年にないほどの大雪が降るなど気象変化の大きい今冬、厳しい日々が続いているだろう。JAF(日本自動車連盟)の発表によると、今年1月中に「猫が自動車に入り込んだ …  CS RANKING 冬の自動車トラブル防止に“猫バンバン”が有効な理…https://life.oricon.co.jp/rank_insurance/news/2106190/“猫バンバン”が有効な理由 今日2月22日は“猫の日”。かわいい写真や動画の投稿をしたり、テレビ番組が特集を組んだりなど、空前の猫ブームが今なお継続している。だが、外で生活している猫たちにとっては、近年にないほどの大雪が降るなど気…

7年ぶり日本市場へ復活した「シビック」小さな車が売れ筋の中で健闘

7年ぶり日本市場へ復活した「シビック」小さな車が売れ筋の中で健闘

N‐BOX」などの軽自動車人気とともに、小さなクルマがホンダの売れ筋の中で、昔の名前を日本市場に復活した成果として、シビックの復活1年目は健闘したと …  ライブドアニュース 7年ぶり日本市場へ復活した「シビック」小さな車が…http://news.livedoor.com/article/detail/15214919/2017年に7年ぶりに日本市場へ復活を遂げたホンダの「シビック」。コンパクトカーが売れ筋のホンダ車の中で、新車販売ランキング37位と健闘。一方で電動化への道筋が見えず将来的な不安が残っている、と筆者は述べた

15代目クラウンの販売はどれだけ好調なのか

15代目クラウンの販売はどれだけ好調なのか

トヨタ自動車が6月26日に発売した新型「クラウン」。15代目に当たる伝統の高級セダンは、自動車業界内外の予想どおりにスタートダッシュを決めた。  東洋経済オンライン 15代目クラウンの販売はどれだけ好調なのか | 販売…https://toyokeizai.net/articles/-/236309トヨタ自動車が6月26日に発売した新型「クラウン」。15代目に当たる伝統の高級セダンは、自動車業界内外の予想どおりにスタートダッシュを決めた。トヨタは新型クラウンの発売から1カ月にあたる7月25日時点で、累…

型式別車両料率クラスとは? 自動車保険料との関係性と確認方法

型式別車両料率クラスとは? 自動車保険料との関係性と確認方法

自動車保険の保険料は補償内容や等級が同じでも契約している車両によって変わってくる … 保険内容の充実度」で選ばれた自動車保険 最新ランキングを発表  CS RANKING 型式別車両料率クラスとは? 自動車保険料との関…https://life.oricon.co.jp/rank_insurance/news/2114161/自動車の型式別車両料率クラスとは 自動車保険の保険料は補償内容や等級が同じでも契約している車両によって変わってくるが、これは「型式別車両料率クラス」によって決められているためである。普段はあまり耳にすることのない言葉だが、どういっ…