クルマ・バイク

40歳年収「中部地方にある415社」ランキング

投稿日:

-クルマ・バイク

関連記事

4代目の販売は勢いにかける?プリウスが絶対王者ではなくなった要因

4代目の販売は勢いにかける?プリウスが絶対王者ではなくなった要因

昨年(2017年暦年)、プリウスの国内販売台数は約16万台と日本自動車販売協会連合会(自販連)がまとめている乗用車ブランド通称名別ランキング(軽自動車除く)で1位。2位の日産自動車「 …. プリウスをはじめ、トヨタのハイブリッド車は燃費にこだわるあまり、クルマがドライバーの運転にかなり「介入」してくる感じがある。  ライブドアニュース 4代目の販売は勢いにかける?プリウスが絶対王者で…http://news.livedoor.com/article/detail/14418980/17年の4代目プリウスの国内販売台数は約16万台で1位だが、前年比では35%減。先代3代目の半分強の販売で、絶対王者でなくなったと言っても過言ではない。ハイブリッド車の需要の分散化、代替え販売が進まない、などの要因がある

トヨタはご長寿大国だった! 同じ名前で作り続けているロングセラー国産車ランキング

トヨタはご長寿大国だった! 同じ名前で作り続けているロングセラー国産車ランキング

日本の自動車産業が軌道に乗り、世界に認められるのは第二次世界大戦が … この時期に送り出したクルマには思い入れが強いらしく、トヨタは現在も名前を使い …  WEB CARTOP トヨタはご長寿大国だった! 同じ名前で作り続け…https://www.webcartop.jp/2018/09/279532いくら伝統の車名といえども売れなければメーカーも存続できない。悲しくも消えていく車名もある。しかし一方で、延々と車名が続くクルマもあるのだ。今回は国産車のなかで、ひとつの車名が残り続けているロングセラーモデルを長い順にピックアップした。もっともご長寿のクルマは?

嘉定は世界レベルの自動車産業の中心を目指し船出する

嘉定は世界レベルの自動車産業の中心を目指し船出する

今や上海の嘉定区と言えば、人々は国内外に名を轟かせる自動車産業を連想する … 改革開放から40年、自動車産業における対外開放の先例として中国の自動車 … 最も顕著な街である。2016年の中国自動車産業基地競争力ランキングでも、嘉定 …  ダイヤモンド・オンライン 嘉定は世界レベルの自動車産業の中心を目指し船出するhttps://diamond.jp/articles/-/177877今や上海の嘉定区と言えば、人々は国内外に名を轟かせる自動車産業を連想するだろう。改革開放から40年、自動車産業における対外開放の先例として中国の自動車産業は嘉定区から始まり、この464.2平方kmの情熱の地で徐々に発展を遂げ、規模を拡大し、今では嘉定区だけでなく、上海の有力産業ともなっている。その嘉定区は…

売却時に最も高値が付くバイクは「カワサキ Z900RS」–3-5月、バイク王調べ

売却時に最も高値が付くバイクは「カワサキ Z900RS」–3-5月、バイク王調べ

バイクライフの楽しさやバイク市場の動向を広く社会に発信することを目的に活動する「バイク王 バイクライフ … 総合ランキングと同様、カワサキがトップ3に君臨.  マイナビニュース 売却時に最も高値が付くバイクは「カワサキ Z900RS…https://news.mynavi.jp/article/20180704-659151/バイクライフの楽しさやバイク市場の動向を広く社会に発信することを目的に活動する「バイク王 バイクライフ研究所」はこのほど、2018年3~5月の期間を対象に、「再び売却した際、高値の付くバイク」=「"リセール・プライス"の高いバイク」上位10車種を発表した。「"リセール・プライス"の高いバイ…

8月の新車販売ランキング、N-BOXが11カ月連続トップ 登録車はノート

8月の新車販売ランキング、N-BOXが11カ月連続トップ 登録車はノート

日本自動車販売協会連合会と全国軽自動車協会連合会は6日、8月度の車名別新車販売台数を発表。その結果、ホンダの「N-BOX」が1万5,509台で首位となっ …  財経新聞 8月の新車販売ランキング、N-BOXが11カ月連続トッ…https://www.zaikei.co.jp/article/20180906/464388.html日本自動車販売協会連合会と全国軽自動車協会連合会は6日、8月度の車名別新車販売台数を発表。