クルマ・バイク

ANA、JALがトップ2に/2018年Webサイト価値ランキング【トライベック・ブランド戦略研究所】

投稿日:

-クルマ・バイク

関連記事

軽自動車販売、N-BOX が4年連続トップ 2018年上半期車名別

軽自動車販売、N-BOX が4年連続トップ 2018年上半期車名別

全国軽自動車協会連合会は、2018年上半期(1~6月)の軽四輪車通称名別新車販売 … 2018年上半期の軽自動車販売台数ランキング上位10車は以下の通り。  レスポンス(Response.jp) 軽自動車販売、N-BOX が4年連続トップ 2018年上半…https://response.jp/article/2018/07/05/311590.html全国軽自動車協会連合会は、2018年上半期(1~6月)の軽四輪車通称名別新車販売台数(速報)を発表。ホンダ『N-BOX』が前年同期比20.1%増の12万7548台で、4年連続のトップとなった。

理系採用数が多い企業トップ100ランキング

理系採用数が多い企業トップ100ランキング

ランキングの1位はホンダで、調査時点で理系学生428人の採用が決まっている。最終的な採用予定人数は合計560人を見込んでいて、うち500人が理系となる。自由闊達に議論をする「ワイガヤ」文化も健在。現在は自動車に関連する自動運転や人工知能等の先進技術の研究開発も加速させている。ちなみに、ホンダは2月20 …  東洋経済オンライン 理系採用数が多い企業トップ100ランキング | 就職…http://toyokeizai.net/articles/-/209444今年も就活市場が熱くなる時期がやってきた。3月1日から、2019年4月入社の新卒を対象としたエントリーシートの受付が本格化する。企業の採用意欲は高い状態が続く一方で、「売り手市場」が続いていることもあって…

日産ノートが日産車48年ぶりの販売首位を手放しで喜べない複雑な事情

日産ノートが日産車48年ぶりの販売首位を手放しで喜べない複雑な事情

そして同日に日産自動車はノートが上半期に7万3380台を販売し、除軽統計(軽 … 話を2018暦年締めでの上半期販売ランキングに戻そう。 … トヨタは11車種がランクインしており、小さめなクルマが目立つもののバランスよく売れているのがわかる。  毎日新聞 WEB CARTOP:日産ノートが日産車48年ぶりの販売首…https://mainichi.jp/articles/20180711/ctp/00m/020/000000c人気は確かだがNO.1獲得のための自社登録やフリート販売も目立つ 7月5日に自販連(日本自動車販売協会連合会)と全軽自協(全国軽自動車協会連合会)がそれぞれ、6月単月の通称名別販売台数とともに2018暦年締めでの上半期(2018年1月から6月までの累計販売台数)の通称名別販売台数のランキングを発

新車販売、軽の相対的な優位性高まる 17年度、上位10位のうち7車種ランクイン

新車販売、軽の相対的な優位性高まる 17年度、上位10位のうち7車種ランクイン

2017年度の車名別国内新車販売台数ランキングが5日発表され、ホンダの軽自動車「N-BOX」が、年度として初めて首位となった。軽の首位は08年度の「ワゴンR」(スズキ)以来9年ぶりで、上位10位のうち軽が7車種を占めた。 N-BOXは前年度比16.2%増の22万3449台。「軽乗用車最大級の室内空間や存在感の …  SankeiBiz(サンケイビズ) 新車販売、軽の相対的な優位性高まる 17年度、…https://www.sankeibiz.jp/business/news/180406/bsa1804060500002-n1.htm2017年度の車名別国内新車販売台数ランキングが5日発表され、ホンダの軽自動車「N-BOX」が、年度として初めて首位となった。軽の首位は08年度の「ワゴンR」(…

日本の自動車メーカー勢、存亡かけ中国EV戦争にパワーシフト…再び世界覇者へ

日本の自動車メーカー勢、存亡かけ中国EV戦争にパワーシフト…再び世界覇者へ

日本の自動車メーカーはこれまで、米国市場を重要市場と位置づけてきた。例えば、ホンダは世界販売の約4割を北米市場が占め、“北米一本足打法”といわれてきた。日本車は燃費のよさで米国の消費者から高い評価を受け、人気ランキングの上位には常にトヨタ自動車の「カムリ」「カローラ」やホンダの「アコード」「シビック」 …  ビジネスジャーナル/Business… 日本の自動車メーカー勢、存亡かけ中国EV戦争にパ…http://biz-journal.jp/2018/03/post_22777.htmlトヨタ・豊田章男社長(左)とホンダ・八郷隆弘社長(右)(つのだよしお/アフロ) 主戦場は米国から中国へ  いまや、自動車市場の主役は中国だ。とりわけ、日本の自動…