クルマ・バイク

CMの影響絶大? 現役女子大生が好むクルマは意外にも環境・安全重視? 人気トップ10

投稿日:

-クルマ・バイク

関連記事

軽自動車新車販売、1.8%増の101万8071台で3年連続プラス 2019年上半期

軽自動車新車販売、1.8%増の101万8071台で3年連続プラス 2019年上半期

全国軽自動車協会連合会は7月1日、2019年上半期(1~6月)の軽自動車新車販売台数( … ◇2019年上半期 軽自動車新車販売台数ブランド別ランキング  日本最大級のクルマ総合情報… 軽自動車新車販売、1.8%増の101万8071台で3年連続…https://carview.yahoo.co.jp/news/market/20190702-10424517-carview/全国軽自動車協会連合会は7月1日、2019年上半期(1~6月)の軽自動車新車販売台数(速報)を発表。前年同期比1.8%増の101万8071台で3年連続プラスとなった。車種別では乗用車が同0.1%減の78万9399台で3年ぶりのマイナス、貨物…

今年も個性的なクルマが多数登場! 独断で選ぶ2018年の外観デザイントップ3&ワースト3

今年も個性的なクルマが多数登場! 独断で選ぶ2018年の外観デザイントップ3&ワースト3

今年もずいぶんいろいろなニューモデルが登場して、われわれクルマ好きを楽しませてくれ … 自動車メーカーさん、本当にありがとう。 … デザインランキングトップ3  日本最大級のクルマ総合情報… 今年も個性的なクルマが多数登場! 独断で選ぶ201…https://carview.yahoo.co.jp/news/market/20181231-10371995-carview/ 1位に輝いたのはあのコンパクトオフロード車!  2018年もまもなく終わり。今年もずいぶんいろいろなニューモデルが登場して、われわれクルマ好きを楽しませてくれました。自動車メーカーさん、本当にありがとう。でも今年は13年ぶりに、クルマを1台も買いませんでした

トヨタ「C-HR」、SUV1位の裏に透ける息切れ感

トヨタ「C-HR」、SUV1位の裏に透ける息切れ感

トヨタ自動車のコンパクトクロスオーバーSUV「C-HR」を街中で見かけることが … ブランド通称名ランキング(軽自動車除く)で全体4位、ホンダ「ヴェゼル」(6万1378台で … そんなC-HRは発売当初、販売現場から「売りにくいクルマになるかもしれない」 …  東洋経済オンライン トヨタ「C-HR」、SUV1位の裏に透ける息切れ感 | 販売…https://toyokeizai.net/articles/-/221984トヨタ自動車のコンパクトクロスオーバーSUV「C-HR」を街中で見かけることが増えた。日本自動車販売協会連合会(自販連)の統計によるとC-HRは2017年度(2017年4月~2018年3月)に10万2465台(月間平均約8500台)…

新車販売総合、軽自動車がトップ5を独占 10月車名別

新車販売総合、軽自動車がトップ5を独占 10月車名別

日本自動車販売協会連合会と全国軽自動車協会連合会は、10月の車名別新車販売台数( … 10月の車名別新車販売台数ランキング上位10車は以下の通り。  レスポンス(Response.jp) 新車販売総合、軽自動車がトップ5を独占 10月車名…https://response.jp/article/2018/11/06/315850.html日本自動車販売協会連合会と全国軽自動車協会連合会は、10月の車名別新車販売台数(速報)を発表。ホンダ『N-BOX』を筆頭にトップ5を軽自動車勢が独占した。

11月の日産の販売、ゴーン・ショックの影響は? 「2018年11月に売れた日本車」

11月の日産の販売、ゴーン・ショックの影響は? 「2018年11月に売れた日本車」

速報値で登録車が前年同月比42.2%増の2万9563台、軽自動車が同15.3%増の1万6029台と、いずれも2ケタ増を達成した。前年は完成検査不正問題が発覚し …  日本最大級のクルマ総合情報… 11月の日産の販売、ゴーン・ショックの影響は? 「…https://carview.yahoo.co.jp/news/newmodel/20181213-10368005-carview/Q:11月の日産の新車販売、ゴーン・ショックの影響は?text:Naojiro Onuki(大貫直次郎)A:新車販売の成績面では影響なし。速報値で登録車が前年同月比42.2%増の2万9563台、軽自動車が同15.3%増の1万6029台と、いずれも2ケタ増を達成