クルマ・バイク

LED売上ランキング、首位の日亜に迫る独オスラム

投稿日:

… 差があったが、その後の日亜の伸び悩みとオスラムの急伸により、17年にはわずか5億ドルにまで差が縮まった。液晶パネル用バックライトや一般照明といった、これまでLED市場の拡大を牽引してきた用途が徐々に成熟化するなか、今後の事業拡大は自動車用やマイクロLEDといった新規分野での競争力が左右しそうだ。

-クルマ・バイク

関連記事

前田公平がジャイアントとMTB機材契約 全日本優勝と東京五輪代表を目指す

前田公平がジャイアントとMTB機材契約 全日本優勝と東京五輪代表を目指す

昨年2017シーズンの前田選手は、JCF(日本自転車競技連盟)が2015年からスタートさせたマウンテンバイクの公認全国大会「クップ ドュ ジャポン」シリーズに参戦。栃木大会、勢和多希大会、富士見大会(春)でそれぞれ優勝し、全日本マウンテンバイク選手権大会でも3位と好成績を収めている。さらに、国内でのランキングを …  cyclist 前田公平がジャイアントとMTB機材契約 全日本優勝…https://cyclist.sanspo.com/387415 シクロクロスやロードレース、そしてマウンテンバイク(MTB)に参戦している「弱虫ペダルサイクリングチーム」の前田公平選手が、「ジャイアント」とMTBの機材契約…

起亜車、耐久品質評価で過去最高の成績…トヨタを超える

起亜車、耐久品質評価で過去最高の成績…トヨタを超える

米市場調査会社JDパワーは14日(現地時間)「2018米国自動車耐久品質調査(VDS)」の結果を発表した。JDパワーが品質調査 … 高級車を含む全体ブランド(31)ランキングでも起亜車は5位、現代車は6位となった。2017年耐久品質調査で全体ブランドランキングは起亜車が11位、現代車が6位だった。 耐久品質調査は …  japanese.joins.com 起亜車、耐久品質評価で過去最高の成績…トヨタを超…http://japanese.joins.com/article/756/238756.html現代・起亜自動車が米国の車両耐久品質評価で優秀な成績を上げた。特に、起亜車は韓国自動車歴史上、最高の成績を記録した。米市場調査会社JDパワーは14日(現地時間)「2018米国自動車耐久品質調査(VDS)」の結果..

2018年ボーナス支給額、1位トヨタ、2位ソニー、3位ホンダ…日経1次集計[新聞ウォッチ]

2018年ボーナス支給額、1位トヨタ、2位ソニー、3位ホンダ…日経1次集計[新聞ウォッチ]

それによると、1位はトヨタ自動車で17年比5.65%増の243万円、2位はソニーで同17.54%増の237万8500円、3位がホンダで同5.51%増の235万5000円。 このほか、自動車関連 … 毎年、同様の支給額ランキングが発表されるが、各社の平均年齢にしても大きな差があることから単純に比較はできない。ただ、業績が好調だっ …  レスポンス(Response.jp) 2018年ボーナス支給額、1位トヨタ、2位ソニー、3位…https://response.jp/article/2018/04/16/308563.html安倍内閣の支持率が危険水域ぎりぎりの30%台に低下したことも、セリーグ最速の10敗に到達し,最下位でもがく巨人も気掛かりだが、働くサラリーマンにとって最も気になるのは懐具合。

理系採用数が多い企業トップ100ランキング

理系採用数が多い企業トップ100ランキング

ランキングの1位はホンダで、調査時点で理系学生428人の採用が決まっている。最終的な採用予定人数は合計560人を見込んでいて、うち500人が理系となる。自由闊達に議論をする「ワイガヤ」文化も健在。現在は自動車に関連する自動運転や人工知能等の先進技術の研究開発も加速させている。ちなみに、ホンダは2月20 …  東洋経済オンライン 理系採用数が多い企業トップ100ランキング | 就職…http://toyokeizai.net/articles/-/209444今年も就活市場が熱くなる時期がやってきた。3月1日から、2019年4月入社の新卒を対象としたエントリーシートの受付が本格化する。企業の採用意欲は高い状態が続く一方で、「売り手市場」が続いていることもあって…

新車登録ランキング、出荷停止が響き ノート 首位ならず 2017年度車名別

新車登録ランキング、出荷停止が響き ノート 首位ならず 2017年度車名別

日本自動車販売協会連合会は4月5日、2018年3月および2017年度(2017年4月~2018年3月)の乗用車系車名別販売台数ランキングを発表した。 ○セレナ、アクアを抑えて1年5か月ぶりのトップ3入り 3月 3月は、前年同月比20.6%減ながら1万9356台を販売した日産『ノート』が3か月連続でトップとなった。 ノートは新 …  レスポンス(Response.jp) 新車登録ランキング、出荷停止が響き ノート 首位…https://response.jp/article/2018/04/05/308196.html日本自動車販売協会連合会は4月5日、2018年3月および2017年度(2017年4月~2018年3月)の乗用車系車名別販売台数ランキングを発表した。