クルマ・バイク

LED売上ランキング、首位の日亜に迫る独オスラム

投稿日:

… 差があったが、その後の日亜の伸び悩みとオスラムの急伸により、17年にはわずか5億ドルにまで差が縮まった。液晶パネル用バックライトや一般照明といった、これまでLED市場の拡大を牽引してきた用途が徐々に成熟化するなか、今後の事業拡大は自動車用やマイクロLEDといった新規分野での競争力が左右しそうだ。

-クルマ・バイク

関連記事

MotoGP:ロッシ、地元サンマリノGPでの7位に消沈。「バイクに起きている問題を理解できてない」

MotoGP:ロッシ、地元サンマリノGPでの7位に消沈。「バイクに起きている問題を理解できてない」

MotoGP第13戦サンマリノGPを、バレンティーノ・ロッシ(モビスター・ヤマハ・MotoGP)は7位で終えた。守り続けてきたポイントランキング2番手の座から陥落して …  日本最大級のクルマ総合情報… MotoGP:ロッシ、地元サンマリノGPでの7位に消沈。…https://carview.yahoo.co.jp/news/motorsports/20180911-10341329-carview/ MotoGP第13戦サンマリノGPを、バレンティーノ・ロッシ(モビスター・ヤマハ・MotoGP)は7位で終えた。守り続けてきたポイントランキング2番手の座から陥落してしまった。ヤマハ・ファクトリーの苦戦が続いている。 ヤマハのMotoGPファクトリーチームで

日系車がほぼ独占 米国で発表された世界の低燃費SUVランキング

日系車がほぼ独占 米国で発表された世界の低燃費SUVランキング

記事は「ランキングを見ると、トップ10のうちなんと8つが日系車であることが分かる。日系車の技術は確かに人びとを敬服させるものである。3位までを独占したトヨタを筆頭に、ホンダ、日産、マツダも顔を揃えている。低燃費で耐久性が高い日本車は素晴らしいが、ぜひ国産ブランドに頑張って欲しい。みんなで応援しようではない …  ライブドアニュース 日系車がほぼ独占 米国で発表された世界の低燃費SU…http://news.livedoor.com/article/detail/14354063/米国で発表された「世界の低燃費SUVランキング」を紹介している。1〜3位はトヨタが独占し、RAVー4、レクサスRX、レクサスNXとなった。4位にはホンダHR‐Vが入るなど、トップ10のうち日系車が8つを占めている

日本車メーカーがトップ3を独占! ブランド忠誠度(次も同じブランドのクルマに乗り換える率)が高い …

日本車メーカーがトップ3を独占! ブランド忠誠度(次も同じブランドのクルマに乗り換える率)が高い …

ブランド忠誠度(次も同じブランドのクルマに乗り換える率)が高い自動車メーカーのランキング … 自動車メーカーの格付けを測るには様々な尺度がある。  Autoblog Japan 日本車メーカーがトップ3を独占! ブランド忠誠…https://jp.autoblog.com/2018/07/15/car-brands-most-least-loyal-owners-best/自動車メーカーの格付けを測るには様々な尺度がある。品質、顧客満足度、リセールバリュー。その1つが"ブランド忠誠度"と呼ばれるものだ。これはあるブランドのクルマを所有した人が、次も同じブランドのクルマに

ホンダ N-BOX 圧勝、自己最多更新の24万1870台でV4達成…軽自動車販売 2018年車名別

ホンダ N-BOX 圧勝、自己最多更新の24万1870台でV4達成…軽自動車販売 2018年車名別

全国軽自動車協会連合会は1月10日、2018年(1~12月)の軽四輪車通称名別新車販売 … 2018年の軽自動車販売台数ランキング上位10車は以下の通り。  レスポンス(Response.jp) ホンダ N-BOX 圧勝、自己最多更新の24万1870台でV4…https://response.jp/article/2019/01/10/317866.html全国軽自動車協会連合会は1月10日、2018年(1~12月)の軽四輪車通称名別新車販売台数(速報)を発表。ホンダ『N-BOX』が過去最高の24万1870台(前年比10.7%増)を販売し、4年連続トップとなった。

トヨタはご長寿大国だった! 同じ名前で作り続けているロングセラー国産車ランキング

トヨタはご長寿大国だった! 同じ名前で作り続けているロングセラー国産車ランキング

日本の自動車産業が軌道に乗り、世界に認められるのは第二次世界大戦が … この時期に送り出したクルマには思い入れが強いらしく、トヨタは現在も名前を使い …  WEB CARTOP トヨタはご長寿大国だった! 同じ名前で作り続け…https://www.webcartop.jp/2018/09/279532いくら伝統の車名といえども売れなければメーカーも存続できない。悲しくも消えていく車名もある。しかし一方で、延々と車名が続くクルマもあるのだ。今回は国産車のなかで、ひとつの車名が残り続けているロングセラーモデルを長い順にピックアップした。もっともご長寿のクルマは?