クルマ・バイク

PROTO総研/カーライフが「プロト カーユーザー レポート 2018」調査結果を公表

投稿日:

プロト カーユーザー レポート 2018」は日本国内に在住する20歳以上の自家用車保有者で、かつ中古車ユーザーの6,181サンプルを対象に、現保有車の実態や自動車購入時の意識等を調査することで、今後の自動車マーケットの動向を探るための基礎データ作成を目的として1999年から毎年実施している定点調査となります。

 www.jiji.com 
http://www.jiji.com/jc/article?k=000000035.0000...
http://www.jiji.com/jc/article?k=000000035.000017791&g=prt

-クルマ・バイク

関連記事

自動車の車両保険 適用されるケースの違いと選び方

自動車の車両保険 適用されるケースの違いと選び方

自動車保険のうち、自分の車を補償してくれる車両保険。契約している車が衝突や接触などによって損害を受けた場合に、その修理費用などを補償してくれる保険 …  CS RANKING 自動車の車両保険 適用されるケースの違いと選び…https://life.oricon.co.jp/rank_insurance/news/2112946/車両保険が適用されるケースの違い 自動車保険のうち、自分の車を補償してくれる車両保険。契約している車が衝突や接触などによって損害を受けた場合に、その修理費用などを補償してくれる保険だが、大きく2つのタイプがあり、保険料も補償される内…

起亜車、耐久品質評価で過去最高の成績…トヨタを超える

起亜車、耐久品質評価で過去最高の成績…トヨタを超える

米市場調査会社JDパワーは14日(現地時間)「2018米国自動車耐久品質調査(VDS)」の結果を発表した。JDパワーが品質調査 … 高級車を含む全体ブランド(31)ランキングでも起亜車は5位、現代車は6位となった。2017年耐久品質調査で全体ブランドランキングは起亜車が11位、現代車が6位だった。 耐久品質調査は …  japanese.joins.com 起亜車、耐久品質評価で過去最高の成績…トヨタを超…http://japanese.joins.com/article/756/238756.html現代・起亜自動車が米国の車両耐久品質評価で優秀な成績を上げた。特に、起亜車は韓国自動車歴史上、最高の成績を記録した。米市場調査会社JDパワーは14日(現地時間)「2018米国自動車耐久品質調査(VDS)」の結果..

国産SUV人気ランキング 全25車種完全網羅【2018年最新版】

国産SUV人気ランキング 全25車種完全網羅【2018年最新版】

多数ある自動車ジャンルの中でも、とくに人気の高いSUV。その概要を簡単におさらいしておきましょう。ごく簡単にいうと、SUV(Sport Utility Vehicle)とは、「荷物 …  MOBY [モビー]|初めて車と出… 国産SUV人気ランキング 全25車種完全網羅【2018年…http://car-moby.jp/318345近年の自動車のトレンドであるSUV。人気車のモデルチェンジや新モデルの登場など、2018年もSUVの話題は尽きません。市場に続々と登場するSUVのなかでも、独自の魅力をもつモデルはとくに人気があります。2018年上半期の自動車市場においても、魅力的なモデルが好調な売れ行きを見せました。どのようなSUVが人気を集めて…

新車販売ランキング、NーBOXが8か月連続首位

新車販売ランキング、NーBOXが8か月連続首位

先月の新車販売ランキングで、「ホンダ」の軽自動車「NーBOX」が8か月連続で首位となりました。 自動車販売の業界団体によりますと、先月の車名別の新車販売 …  TBS NEWS 新車販売ランキング、NーBOXが8か月連続首位http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3364204.html 先月の新車販売ランキングで、「ホンダ」の軽自動車「NーBOX」が8か月連続で首位となりました。  自動車販売の業界団体によりますと、先月の車名別の新車販売台数は、「ホンダ」の軽自動車「NーBOX」が、前の年の同じ月に比べて62・1%増えて、1万9884台となり、8か月連続の首位となりました。2位…

自動車、米減税効果が剥落 今期減益額が大きい企業

自動車、米減税効果が剥落 今期減益額が大きい企業

2018年3月期に最高益を更新する企業が相次ぐ中、19年3月期は減益に転じる企業も多い。会社予想ベースの今期の最終減益額が大きい企業をランキング …  日本経済新聞 自動車、米減税効果が剥落 今期減益額が大きい企…https://www.nikkei.com/article/DGXMZO31146390Q8A530C1DTA000/2018年3月期に最高益を更新する企業が相次ぐ中、19年3月期は減益に転じる企業も多い。会社予想ベースの今期の最終減益額が大きい企業をランキングすると、自動車大手が上位を占めた。米法人税率の引き下げの影響が剥落するのが主因だ。