クルマ・バイク

PROTO総研/カーライフが「プロト カーユーザー レポート 2018」調査結果を公表

投稿日:

プロト カーユーザー レポート 2018」は日本国内に在住する20歳以上の自家用車保有者で、かつ中古車ユーザーの6,181サンプルを対象に、現保有車の実態や自動車購入時の意識等を調査することで、今後の自動車マーケットの動向を探るための基礎データ作成を目的として1999年から毎年実施している定点調査となります。

 www.jiji.com 
http://www.jiji.com/jc/article?k=000000035.0000...
http://www.jiji.com/jc/article?k=000000035.000017791&g=prt

-クルマ・バイク

関連記事

信越化学工業が金持ち企業ランキング1位――上位20社中、製造業が15社

信越化学工業が金持ち企業ランキング1位――上位20社中、製造業が15社

上位20社を業種別に見ると、輸送用機械器具製造業が最多で「SUBARU」「三菱自動車工業」「スズキ」「シマノ」の4社がランクイン。他の製造業も「信越化学 …  MONOist 信越化学工業が金持ち企業ランキング1位――上位20社…http://monoist.atmarkit.co.jp/mn/articles/1808/24/news062.htmlリスクモンスターが第6回「金持ち企業ランキング」を発表した。2年連続で1位「信越化学工業」、2位「任天堂」となり、上位20社のうち製造業が15社を占めた。

【特集】「リチウムイオン電池」関連がランキング入り、脱ガソリン車向けに需要増大<注目テーマ>

【特集】「リチウムイオン電池」関連がランキング入り、脱ガソリン車向けに需要増大<注目テーマ>

みんなの株式と株探が集計する「人気テーマランキング」で、「リチウムイオン電池」関連が27 … ガソリン自動車から電気自動車(EV)へのシフトが加速している。  kabutan.jp 「リチウムイオン電池」関連がランキング入り、脱…https://kabutan.jp/news/marketnews/?b=n201807190315★人気テーマ・ベスト101 水害対策2 人工知能3 セルフレジ4 カジノ関連5 量子コンピューター6 全固体電池7 サマーストック8 5G9 TOPIXコア3010 ドライブレコーダー みんなの株式と株探が集計する「人気テーマランキング」で・・・。

買うならどれ?乗って納得の最新軽自動車8選

買うならどれ?乗って納得の最新軽自動車8選

今、軽自動車界でもっとも売れ筋のジャンルはモアスペース系とも呼ばれる両側スライドドアを備えたプチバン的モデル。2017年のモアスペース系ランキングではダントツ1位がN … N-BOXと言えばホンダNシリーズの第一弾として2011年にデビューして以来、約5年で4度の年間軽自動車販売台数No.1に輝いた超ヒット作。  @DIME アットダイム 買うならどれ?乗って納得の最新軽自動車8選https://dime.jp/genre/536372/コンパクトで低燃費、街乗りに最適な軽自動車が人気となっています。今回は注目の最新軽自動車の記事をまとめました。気になる一…

シーズン残り4ラウンド。ランキング上位3人は別メーカーの混戦/SBK前半戦振り返り

シーズン残り4ラウンド。ランキング上位3人は別メーカーの混戦/SBK前半戦振り返り

2018年シーズンのスーパーバイク世界選手権(SBK)は、サマーブレイクも終わり今週末に後半戦がスタートする。全13ラウンド26レース行われる今シーズンも …  日本最大級のクルマ総合情報… シーズン残り4ラウンド。ランキング上位3人は別メ…https://carview.yahoo.co.jp/news/motorsports/20180914-10342109-carview/ 2018年シーズンのスーパーバイク世界選手権(SBK)は、サマーブレイクも終わり今週末に後半戦がスタートする。全13ラウンド26レース行われる今シーズンも残り4ラウンドとなる。後半戦に入る前に前半に行われた9ラウンドを振り返りつつ解説する。 ヨーロッパを中心

あの人気車種もモデルチェンジ!? 2019年の自動車業界はココに注目

あの人気車種もモデルチェンジ!? 2019年の自動車業界はココに注目

新元号はクルマにはあんまり関係なさそうですが、なんとなく気分はアガります。 … 国内の登録車販売ランキングを見ても、3ナンバーで上位に来ていたのは「 …  webCG あの人気車種もモデルチェンジ!? 2019年の自動車業…https://www.webcg.net/articles/-/401062019年の自動車業界はココに注目! 税率アップが不可避とされている消費税の影響や、モデルチェンジするであろう人気車種の顔ぶれなどについて、モータージャーナリストの清水草一が予想する。