ブログ

在日朝鮮人3世帰化人・金田正二氏の人気ブログ『在日朝鮮人から見た韓国の新聞』炎上覚悟で待望の …

投稿日:

人気ブログ『在日朝鮮人から見た韓国の新聞』に大幅加筆し初の書籍化。 当ブログは、ランキングで常に上位をキープし、2017年末には、なんと訪問者1000万人を突破した。 著者の金田正二氏は、韓国関連のブロガーとして今最も注目されている一人で、Twitterでは帰化日本人活動家として「反慰安婦活動」も行っている。

-ブログ

関連記事

“Eランクの有名人”ほどネットで褒め合う

“Eランクの有名人”ほどネットで褒め合う

SNSには「モヤモヤ」とする人がいる。そのひとつが「読者モデル」のように振る舞うライターだ。文章は論理的というより感情的。ライターの宮崎智之氏は、彼らを「 …  BLOGOS "Eランクの有名人"ほどネットで褒め合うhttp://blogos.com/article/313355/SNSには「モヤモヤ」とする人がいる。そのひとつが「読者モデル」のように振る舞うライターだ。文章は論理的というより感情的。ライターの宮崎智之氏は、彼らを「読モ(どくも)ライター」と名付け、新刊『モヤモヤするあの人』(幻冬舎文庫)で考察した。これについてネットニ

【モンスト】みんなの「キャラ使用回数」ランキング発表! 「ぺんぺん」さんの使用回数も公開!

【モンスト】みんなの「キャラ使用回数」ランキング発表! 「ぺんぺん」さんの使用回数も公開!

気になる情報の数々を本記事にてダイジェストでご紹介します。 (引用:【ケタが違う】M4ぺんぺんさん@ランク999のキャラの使用回数ランキングが破格すぎた件。  AppBank – iPhone, ス… 【モンスト】みんなの「キャラ使用回数」ランキン…http://www.appbank.net/2018/07/25/iphone-application/1588977.phpモンスト(モンスターストライク)のYouTube公式チャンネルで、全ユーザーのモンスター使用ランキングが公開されました。火・水・木・光・闇の各属性ごとに使用回数の多いキャラが1位〜3位まで発表されてい

中国ヒットソング月間ランキング~シングル~(2018年5月)

中国ヒットソング月間ランキング~シングル~(2018年5月)

5月31日リリースの莫文蔚(カレン・モク)の最新アルバム『我們在中場相遇(Half Time)』の先行シングルは、話題のシンガーソングライター、華晨宇(ファー・ …  japanese.cri.cn 中国ヒットソング月間ランキング~シングル~(201…http://japanese.cri.cn/20180605/a87e2c79-85ff-d176-ba80-6a4345c0bf42.html 【1位】転折(Turning Point)/梁文音(レイチェル・リャン) 2018年5月11日リリース 人気女性シンガー、梁文音(レイチェル・リャン)が遂に1位に登場!通算6枚目となる最新スタジオアルバム『副駕駛座的風景』のメインソングで

還暦を超えて輝く、浅香あき恵という生き方

還暦を超えて輝く、浅香あき恵という生き方

ポップな言葉と写真でつづるブログ「あき恵ちゃんのチョベリグ日記」が吉本興業のブログランキングでトップクラスのアクセス数を誇る吉本新喜劇の浅香あき恵さん(61)。ABCテレビ「なるみ・岡村の過ぎるTV」から生まれた映画「ありえなさ過ぎる女~被告人よしえ~」(4月7日からシネ・リーブル池袋、大阪ステーションシティ …  Yahoo!ニュース 個人 還暦を超えて輝く、浅香あき恵という生き方(中西…https://news.yahoo.co.jp/byline/nakanishimasao/20180401-00083413/「ありえなさ過ぎる女~被告人よしえ~」(4月7日から全国順次公開)で映画初主演を果たす吉本新喜劇の浅香あき恵さん。還暦を過ぎて、さらに輝きを増す秘訣とは。飾り気のない言葉で、半生を振り返りました。

小林麻耶さん、アナウンサーブログ継続の謎 「金目当てか」と批判も

小林麻耶さん、アナウンサーブログ継続の謎 「金目当てか」と批判も

電撃婚に輪をかけて、電光石火の芸能界引退宣言で世間をざわつかせている元フリーアナウンサーの小林麻耶(39)。3日に所属事務所「セント・フォース」と契約 …  ライブドアニュース 小林麻耶さん、アナウンサーブログ継続の謎 「金目…http://news.livedoor.com/article/detail/15134136/引退宣言で世間をざわつかせているという小林麻耶さんをゲンダイが伝えた。Amebaブログの総合とアナウンサー部門の両方でランキングトップの麻耶さん。ネット上には「いつまでブログを続けるのか」「金目当てか」と批判の声も