美容・ファッション

日本最大級コスメアプリ「LIPS」、100万ダウンロード突破

投稿日:

AppBrewが提供するコスメのコミュニティアプリ「LIPS」が、リリースから約1年半で … メイクをする上での疑問やコスメ選び、人気商品ランキング、人気ユーザー …

-美容・ファッション

関連記事

人気スマホ用アクセサリー、1位 液晶保護フィルム、2位 モバイルバッテリー

人気スマホ用アクセサリー、1位 液晶保護フィルム、2位 モバイルバッテリー

… に使っているアクセサリーについて調査しました。総合で1位は「液晶保護フィルム」で69.6%、2位は「モバイルバッテリー」で41.5%、3位は「スマホケース(手帳型)」で39.2%、4位は「スマホケース(ケース型・バンパー型)」で37.6%、5位は「イヤホンマイク(通話もできるイヤホン)」で12.4%という結果でした。 総合ランキングの …  ニフティニュース 人気スマホ用アクセサリー、1位 液晶保護フィルム…https://news.nifty.com/article/item/neta/12225-012699/スマホ利用者を対象にスマートフォン用に使っているアクセサリーについて調査しました。総合で1位は「液晶保護フィルム」で69.6%、2位は「モバイルバッテリー」で41.5%、3位は「スマホケース(手帳型)…

奈良県の挑戦/1 運動習慣づくりが大切 県、男性3位・女性18位 /奈良

奈良県の挑戦/1 運動習慣づくりが大切 県、男性3位・女性18位 /奈良

権威ある英国の医学誌「ランセット」に昨年7月、東京大医学系研究科の野村周平助教らが発表した「健康寿命」の都道府県別ランキングでは奈良は男女混合で4 …  毎日新聞 健康寿命日本一へ:奈良県の挑戦/1 運動習慣づ…https://mainichi.jp/articles/20180514/ddl/k29/100/340000c 47都道府県別平均寿命で奈良は男性4位、女性16位(2015年)の長寿県。日常的に介護を必要とせず、健康で自立して活動し、生活ができる期間「健康寿命」でも男性3位、女性18位(16年、県健康推進課が算出)となっている。さらに上位に位置づける専門家グループの調査もある。22年までに男女ともに「健康寿

「社会保険に入れなかった」「歩合になると休んだら給料ダウン」 美容師のハードな労働環境

「社会保険に入れなかった」「歩合になると休んだら給料ダウン」 美容師のハードな労働環境

今回取り上げるのは、ヘアスタイルに関するサービスを中心に提供している美容師たちの口コミだ。 美容室のほか結婚式場やエステティックサロン、テレビ局、雑誌の撮影など美容師の活躍の場は広く、腕を磨けば独立開業も可能。毎年行われている第一生命保険の「小学生のなりたい職業ランキング」などでも、特に女子の …  キャリコネニュース 「社会保険に入れなかった」「歩合になると休んだ…https://news.careerconnection.jp/?p=52087これまでキャリコネニュースでは様々な有名企業で働いてきた人たちの口コミを紹介してきたが、当記事では職種ごとに限定し口コミを紹介していきたい。今回取り上げるのは、ヘアスタイルに関するサービスを中心に提供している美容師たちの口コミだ。美容室のほか結婚式場やエステティックサロン、テレビ局、雑誌の撮影な…

ゆにばーす・はら「詐欺メイクは努力の賜物」 活躍の裏にコンプレックスと向き合う実直さ

ゆにばーす・はら「詐欺メイクは努力の賜物」 活躍の裏にコンプレックスと向き合う実直さ

ゆにばーす・はら「詐欺メイクは努力の賜物」 活躍の裏にコンプレックスと向き合う実直さ … 金欠時の限界コスメは”ピンクのアイライナー”、チークからリップまでその1本で顔をつくる … 自身初のメイクアップ本がAmazonメイクアップ部門ランキング1位に “詐欺メイク”をきっかけに、さまざまな美容雑誌やファッション誌に登場。  topics ゆにばーす・はら「詐欺メイクは努力の賜物」 活躍…http://www.topics.or.jp/articles/-/83920

ベトナムの外貨獲得産業ランキング 繊維産業が2位をマーク

ベトナムの外貨獲得産業ランキング 繊維産業が2位をマーク

ベトナムの外貨獲得産業ランキング 繊維産業が2位をマーク … 輸出額において、第一位の携帯電話とその関連品に続き、繊維・アパレル製品が第二位となった。  www.digima-news.com ベトナムの外貨獲得産業ランキング 繊維産業が2位…https://www.digima-news.com/20180516_35005    今年1月〜4月の繊維・アパレル製品輸出額は、年間15.7%の増額で、86億米ドルと予想されていた。     商工省によると、今年1月〜3月の繊維・アパレル製品のベトナムからの輸出先では、米国が