ゲーム

職種別「残業時間」ランキング、最も長かったのは……?

投稿日:

1カ月当たりの残業時間が長い職種は? 人材会社パーソルキャリアが調査した結果、残業時間の月平均が最長だったのは「ゲーム制作・開発」の45.3時間だった …

-ゲーム

関連記事

大坂なおみの次の対戦相手に28位のコンタベイト、ストーサーを下して2回戦へ[ドバイ・デューティフリー …

大坂なおみの次の対戦相手に28位のコンタベイト、ストーサーを下して2回戦へ[ドバイ・デューティフリー …

ランキングは2月19日時点で28位となっており、大坂にとっては、またもや格上の相手となる。 コンタベイトとストーサーの試合は当初、ストーサーがリード。第4ゲームで、0-30とリードすると、1ポイントをラリーからのアウトで返されたものの、続くポイントを相手のミスを待って手にすると、2ブレークポイントを獲得。続くポイントの …  www.thetennisdaily.jp 「大坂なおみの次の対戦相手に28位のコンタベイト…https://www.thetennisdaily.jp/news/overseas/wta/2018/0029524.php

【静岡IH2018】選抜覇者の中山&緑川ら優勝候補ペアが4強入り!<男子ダブルス>

【静岡IH2018】選抜覇者の中山&緑川ら優勝候補ペアが4強入り!<男子ダブルス>

第1ゲームは奈良岡/武藤、第2ゲームは宇治/佐野と取り合い、ファイナルゲームは奈良岡/武藤が前半優勢で折り返す。後半になると宇治/佐野が逆転し、 …  BADMINTON SPIRIT | バドミン… 【静岡IH2018】選抜覇者の中山&緑川ら優勝候補ペ…https://www.badspi.jp/201808070040/『静岡インターハイ』(8月5日~9日/静岡県・浜松アリーナ、浜北総合体育館)の競技3日目、7日(火)は、浜松アリーナで男女ダブルス、浜北総合体育館で男子ダブルスの1回戦~準々決勝が行なわれ、それぞれベスト4が出そろった。ここでは、男子ダブルスのダイジェストをお伝えしよう。 準決勝進出を決めた第1シ…

錦織、2年8カ月ぶりツアー制覇ならず 予選勝ちあがりのメドベージェフに完敗/テニス

錦織、2年8カ月ぶりツアー制覇ならず 予選勝ちあがりのメドベージェフに完敗/テニス

… 上がった世界ランキング32位のダニル・メドベージェフ(22)=ロシア=に2-6、4-6で … 第2ゲーム 錦織1-1メドベージェフ 30-15から錦織が続けてサービスエースを … 第3ゲーム 錦織1-2メドベージェフ メドベージェフがラブゲームでキープ.  サンスポ 【試合結果】錦織、2年8カ月ぶりツアー制覇なら…https://www.sanspo.com/sports/news/20181007/ten18100715500005-n1.html 男子テニス・楽天ジャパン・オープン最終日(7日、武蔵野の森総合スポーツプラザ)シングルス決勝で第3シードの錦織圭(28)=日清食品=が、予選から勝ち上がった世界ランキング32位のダニル・メドベージェフ(22)=ロシア=に2-6、4-6で敗れ、2016年2月のメンフィス・オープン以来、2年8カ月…

シャポバロフは2018年芝シーズンの初戦を白星で飾れず、169位に敗戦[メルセデス・カップ]

シャポバロフは2018年芝シーズンの初戦を白星で飾れず、169位に敗戦[メルセデス・カップ]

シャポバロフはランキング23位の19歳で、次世代のスター選手の候補の一人で、注目度も高い。 … ランキングなどでは、シャポバロフが圧倒的な格上だった。 … しかし、シャポバロフ側からは、第4、10ゲームの2度のブレークをした一方で、第5ゲーム …  www.thetennisdaily.jp 「シャポバロフは2018年芝シーズンの初戦を白星で…https://www.thetennisdaily.jp/news/overseas/atp/2018/0031297.php

「VR」のランキング上昇、エムアップの新会社設立が刺激<注目テーマ>

「VR」のランキング上昇、エムアップの新会社設立が刺激<注目テーマ>

このほか、直近でVR関連のニュースが相次いでいることもランキング上昇の一因となっているもよう。イグニス<3689.T>は10日、子会社パルスが順天堂大学大学院医学研究科の堀江教授および医学部附属順天堂医院と共同で、「Virtual Realityアプリケーションによる慢性痛み刺激の緩和の臨床研究」を開始したと発表。  みんなの株式 「VR」のランキング上昇、エムアップの新会社設…https://minkabu.jp/news/2088810最新投稿日時:2018/04/26 12:21 – 「「VR」のランキング上昇、エムアップの新会社設立が刺激<注目テーマ>」(minkabuPRESS)