書籍・雑誌

【特集】決算マイナス・インパクト銘柄 【東証2部・新興市場】 … そーせい、ミクシィ、アジャイル (5月10日 …

投稿日:

-書籍・雑誌

関連記事

SAS Institute Japan、2018年版「働きがいのある会社」ランキングにてベストカンパニーに選出

SAS Institute Japan、2018年版「働きがいのある会社」ランキングにてベストカンパニーに選出

こうした取り組みが評価され、SAS Institute Japanは2018年「日本における働きがいのある会社」ランキングの中規模部門(従業員100-999人)において初めてベスト … なお、本ランキングは、米国では1998年から「FORTUNE」誌を通じて毎年発表されており、このランキングに名を連ねることが「一流企業の証」と受け止められ …  SankeiBiz(サンケイビズ) SAS Institute Japan、2018年版「働きがいのある会…http://www.sankeibiz.jp/business/news/180319/prl1803191114050-n1.htm~Great Place to Work? マルチナショナル3位に続き、日本法人も初めてベストカンパニーに選出~アナリティクスのリーディング・カンパニーである…

日本企業ではイオンが最上位 デロイト、世界の小売業ランキング2018を発表

日本企業ではイオンが最上位 デロイト、世界の小売業ランキング2018を発表

デロイト トーマツ コンサルティングは、今年で調査開始から21回目を迎えるGlobal Powers of Retailingの最新版を日本語訳したレポート「世界の小売業ランキング2018」を発表した。本レポートは、全世界の小売企業から2016年度の売上高上位250社をランキングにまとめ、地域、セクター、チャネルごとに分析しているほか、 …  MarkeZine 日本企業ではイオンが最上位 デロイト、世界の小…https://markezine.jp/article/detail/28351デロイト トーマツ コンサルティングは、今年で調査開始から21回目を迎えるGlobal Powers of Retailingの最新版を日本語訳したレポート「世界の小売業ランキング2018」を発表した…

「声と言葉のプロが教える伝わる話し方」の書籍発売

「声と言葉のプロが教える伝わる話し方」の書籍発売

ジュンク堂書店池袋本店総合ランキング第1位(2018年2月11日~17日)獲得 【本書の効果】 ・第一印象が良くなり、チャンスが広がります。婚活、就活には第一印象が決めて! ・声に表情がつき、明るくなり、会話が弾んできます。 ・メリハリのある話し方で、スピーチ、プレゼン力をアップします。 コンテンツが良くても、声と言葉 …  japan.cnet.com 「声と言葉のプロが教える伝わる話し方」の書籍発売https://japan.cnet.com/release/30235729/「声と言葉のプロが教える伝わる話し方」の書籍発売

ひらけ、禁断の扉!魅惑のアニメ“女装・男装回”ランキング

ひらけ、禁断の扉!魅惑のアニメ“女装・男装回”ランキング

特集ページではランキング上位作品以外にも、ユーザーから熱いおすすめコメントが届いた“女装・ … 本サービスの詳細についてはドコモのHPをご確認ください。  www.jiji.com https://www.jiji.com/jc/article?k=000000281.000…https://www.jiji.com/jc/article?k=000000281.000005738&g=prt

【特集】決算マイナス・インパクト銘柄 【東証2部・新興市場】 … グレイス、ブランジスタ、すららネット (5月9 …

【特集】決算マイナス・インパクト銘柄 【東証2部・新興市場】 … グレイス、ブランジスタ、すららネット (5月9 …

株価が決算発表前日の5月8日から9日の決算発表を経て10日9時27分現在、水準を切り下げている銘柄を下落率の大きい順にランキングした。 △No.1 テクノクオツ <5217> 18年3月期の連結経常利益は前 … <5217> テクノクオツ JQ -11.31 5/ 9 本決算 -21.62 <6079> エナリス 東M -9.91 5/ 9 1Q 赤転 <7711> 助川電気 …  kabutan.jp 決算マイナス・インパクト銘柄 【東証2部・新興市…https://kabutan.jp/news/marketnews/?b=n201805100150―決算で売られた銘柄! 下落率ランキング― 企業決算に対する評価は、マーケットでは「株価」として表される。ここでは、決算を受け止めて株価がいかに反応したかを探る。 以下に挙げたのは、決算発表が「マイナス・インパクト」となった可能性のある東証2部・新興市場の銘柄である・・・。