書籍・雑誌

コンテンツの投稿頻度は、ランキングシグナルではない

投稿日:

昨今SEOにおけるコンテンツの重要性は増しています。しかし、Googleがコンテンツをどのような指標で見ていて、ランキング要素として見ていないものは何なのかを知らなければ、効率的にGoogleに評価されるコンテンツを作るのは難しいでしょう。少なくともコンテンツの投稿頻度は、それ自体がランキングシグナルとして用い …

-書籍・雑誌

関連記事

企業口コミサイトキャリコネ「商社・卸売業界の年収ランキング」を発表

企業口コミサイトキャリコネ「商社・卸売業界の年収ランキング」を発表

企業口コミサイトキャリコネ「商社・卸売業界の年収ランキング」を発表 … 本ランキングは、「キャリコネ」のユーザーが投稿した情報をもとに、商社・卸売業界に …  財経新聞 企業口コミサイトキャリコネ「商社・卸売業界の年…https://www.zaikei.co.jp/releases/687512/2位の三井物産社員は「30歳で1000万円は問題なく到達するレベル」年間2000万人が訪れる企業口コミ・給与明細サイト「キャリコネ」(https://careerconnection.jp/)(運営:株式会社グローバルウェイ、本社:東京都港区、代表取締役社長:各務正人)は、「商社・卸売業界の年収ランキング」を発表します。

誠品書店のベストセラー 村上春樹が台湾、香港、蘇州全てでランクイン

誠品書店のベストセラー 村上春樹が台湾、香港、蘇州全てでランクイン

台北 5日 中央社)書店大手、誠品書店は4日、店舗を展開する台湾、香港、中国・蘇州 … 同書店の会員約200万人の読書傾向に関する報告書で公表した。 … この世代が一年で買い求めた本は平均9.7冊で、旅行やグルメ、小説、心理学関連などが …  japan.cna.com.tw 誠品書店のベストセラー 村上春樹が台湾、香港、…http://japan.cna.com.tw/news/asoc/201812050007.aspx(台北5日中央社)書店大手、誠品書店は4日、店舗を展開する台湾、香港、中国・蘇州それぞれの2018年のベストセラートップ10を発表し、村上春樹が唯一、「騎士団長殺し」で3地域全てのランキングに名を連ねた。台湾では10位、香港では1位、蘇州では6位だった。同書店の会員約200万人の読書傾向に関する報告書で公表した。

レディースコミックの第一人者、川島れいこ先生のコミック2作品『嫁VS姑バトル!! 毎日がカロリー計算』『嫁 …

レディースコミックの第一人者、川島れいこ先生のコミック2作品『嫁VS姑バトル!! 毎日がカロリー計算』『嫁 …

ゴマブックス株式会社(所在地:東京都港区、代表取締役社長:赤井仁)は、2018年5月30日(水)より、Kindleストア、楽天Kobo電子書籍ストア、Google …  ドリームニュース レディースコミックの第一人者、川島れいこ先生の…http://www.dreamnews.jp/press/0000174823/ゴマブックス株式会社(所在地:東京都港区、代表取締役社長:赤井仁)は、2018年5月30日(水)より、Kindleストア、楽天Kobo電子書籍ストア、Google Play、iBooks、Yahoo!ブックストア、ならびにSONY Reader Storeにて、電子コミック『嫁VS姑バトル!! 毎日がカロリー計算』、『嫁VS大姑&小姑バトル!! 加納家のし…

NextPublishingの「著者向けPOD出版サービス」、開始から2年でAmazon.co.jpでの累計販売数3万冊を …

NextPublishingの「著者向けPOD出版サービス」、開始から2年でAmazon.co.jpでの累計販売数3万冊を …

□Amazon.co.jp和書ランキング上位に入る書籍も多数登場 「著者向けPOD出版サービス」で出版した書籍は「NextPublishing Authors Press」ブランドにて販売 …  財経新聞 NextPublishingの「著者向けPOD出版サービス」、開…https://www.zaikei.co.jp/releases/691850/ インプレスグループで電子出版事業を手がける株式会社インプレスR&Dは、Amazon.co.jpのPOD(プリント・オンデマンド)サービスを活用した個人向け出版販売支援サービス「著者向けPOD出版サービス」の累計販売冊数が3万冊を超えたことを発表します。

東野圭吾の新刊 韓国書店ランキングで2位に上昇

東野圭吾の新刊 韓国書店ランキングで2位に上昇

東野圭吾の新刊 韓国書店ランキングで2位に上昇 … 【ソウル聯合ニュース】韓国大手書店の教保文庫が2日に公表した2月21~27日の書籍売り上げ集計によると、日本の小説家、東野圭吾の小説「恋のゴンドラ」韓国 … 同名タイトルの日本映画「ナミヤ雑貨店の奇蹟」がこのほど韓国で公開され、原作本にも関心が集まった。  www.chosunonline.com 東野圭吾の新刊 韓国書店ランキングで2位に上昇http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/03/02/2018030201057.html東野圭吾の新刊 韓国書店ランキングで2位に上昇