書籍・雑誌

動画配信サービス「ビデオマーケット」 2018年3月度ランキング発表、人気作品TOP30をカテゴリ別で一挙 …

投稿日:

ビデオマーケットについて 映画・ドラマ・アニメなど一般作品No.1(※1)の190,000超(見放題作品25,000含む)提供する動画配信サービス。動画配信で課題となる通信環境により大きく異なる動画品質に関しても、「ビデオマーケット」では独自のエンコード技術により、視聴機器を問わず高品位でお楽しみいただく事ができ …

 www.jiji.com 
https://www.jiji.com/jc/article?k=000000245.000...
https://www.jiji.com/jc/article?k=000000245.000023222&g=prt

-書籍・雑誌

関連記事

出来高変化率ランキング(11時台)~アイエスビーがランクイン

出来高変化率ランキング(11時台)~アイエスビーがランクイン

マネーボイス 必読の記事5本. V字回復マクドナルドと苦戦するモスバーガー、なぜ明暗が分かれたか?=栫井駿介 · 3月末の価格に要注意! ビットコインは悪材料出尽くしで上昇トレンドへ=大平 · ビットコインを超えていけ。米経済紙も取り上げた、次に来る暗号通貨=高島康司 · ビットコイン元信者が嵌まる「次の罠」なぜ彼ら …  マネーボイス 出来高変化率ランキング(11時台)~アイエスビー…http://www.mag2.com/p/money/387957※出来高変化率ランキングでは、直近5日平均の出来高と配信当&#2 …

契約社員の残業が少ない企業1位オリエンタルランド「滅多にないが残業代は1分単位で支払われていた」

契約社員の残業が少ない企業1位オリエンタルランド「滅多にないが残業代は1分単位で支払われていた」

では、そんな契約社員のなかでも残業時間(※)が短いのはどの企業なのだろうか。 ※本ランキングの残業時間とは、キャリコネ会員のうち勤務先を評価対象企業 …  キャリコネニュース 契約社員の残業が少ない企業1位オリエンタルランド…https://news.careerconnection.jp/?p=66949契約社員の残業が少ない企業ランキング企業口コミ・給与明細サイト「キャリコネ」は2月4日、「契約社員の残業が少ない企業ランキング」を発表した。契約社員は、原則として雇用期間があらかじめ定められている「有期労働契約者」のことだ。【参照元:キャリコネ】契約社員は雇用契約ごとに勤務時間などの労働条件を決め…

【外食企業としては初の5年連続受賞】2019年度「働きがいのある企業ランキング」にてベストカンパニーに …

【外食企業としては初の5年連続受賞】2019年度「働きがいのある企業ランキング」にてベストカンパニーに …

また、本ランキングには飲食業界以外の様々な業界の優良企業が参加されております。業界内の慣習に甘んじるのではなく、あらゆる業界と比しても「働きがいの …  財経新聞 【外食企業としては初の5年連続受賞】2019年度「…https://www.zaikei.co.jp/releases/754351/"21世紀を代表する飲食カンパニーへ"を経営ビジョンに掲げる、『株式会社ファイブグループ』(本社:東京都武蔵野市 代表取締役社長:坂本憲史、以下ファイブグループ)は、Great Place to Work(R) Institute Japan(GPTWジャパン)※1 が主催する2019年2月9日発表「働きがいのある会社」ランキング(日本版:…

【バロンズ】米ファンドファミリー・ランキング2017

【バロンズ】米ファンドファミリー・ランキング2017

本誌が1996年にランキングを開始した当時、上場投資信託(ETF)は黎明(れいめい)期で、大半の人々にとってのインデックス投資はS&P500指数ファンドを意味した。 … 具体的にはアクティブ運用ファンドまたはスマートベータETFを、リッパーの米国株式全般カテゴリーで3本以上、世界株式で1本以上、混合資産ファンドで1本 …  WSJ Japan 【バロンズ】米ファンドファミリー・ランキング2017http://jp.wsj.com/articles/SB11324809692884693541404584096012743609566恒例のファンドファミリー・ランキング、今回は伝統的な時価総額加重平均のインデックスファンドを除外。各社のアクティブ運用における投資決定能力を反映している。

中間選挙でトランプへの女性の怒りが爆発する

中間選挙でトランプへの女性の怒りが爆発する

発売から2カ月近く経つが、今も米アマゾン・ドット・コムの政治分野では書籍売り上げランキングで上位3位を下らない。 … コロンビア大学時代に米ニューヨークタイムズ(NYT)紙のコピーボーイをする。74年雑誌「New York Times magazine」(NYT紙の週末版に入っている雑誌)に最初の記事が載る。90年代にネット企業を立ち …  日経ビジネスオンライン 中間選挙でトランプへの女性の怒りが爆発する 『…http://business.nikkeibp.co.jp/atcl/book/15/101989/030500037/米国でトランプ大統領は、今や“セクハラを象徴する存在”となった。このため今年11月に実施される中間選挙では、怒れる女性票がその行方を決めるという。書籍『炎と怒り』執筆のための取材方法に対する批判については、筆者は全面的反論を展開する。