書籍・雑誌

決算マイナス・インパクト銘柄 【東証2部・新興市場】 … Jテック・C、ハナツアーJ、イグニス (5月14日発表分)

投稿日:

-書籍・雑誌

関連記事

精文館書店【書籍ランキング】1位獲得『へんなおさかな 竹島水族館の「魚歴書」―――読めば「ギョッ」と …

精文館書店【書籍ランキング】1位獲得『へんなおさかな 竹島水族館の「魚歴書」―――読めば「ギョッ」と …

精文館書店【書籍ランキング】1位獲得『へんなおさかな 竹島水族館の「魚歴書」―――読めば「ギョッ」とする!さかなの … さかなのせつめい書』編集竹島水族館スタッフ、監修小林龍二が、4月9日に精文館書店【書籍ランキング】で1位を獲得いたしました。ユニークな … この本で、へんな魚たちのへんな世界をお楽しみください。  ドリームニュース 精文館書店【書籍ランキング】1位獲得『へんなお…http://www.dreamnews.jp/press/0000171819/株式会社あさ出版(東京都豊島区池袋/代表取締役:佐藤和夫 http://www.asa21.com )が出版した、『へんなおさかな 竹島水族館の「魚歴書」―――読めば「ギョッ」とする!さかなのせつめい書』編集竹島水族館スタッフ、監修小林龍二が、4月9日に精文館書店【書籍ランキング】で1位を獲得いたしました。ユニークな発想…

【気軽に立ち寄れる中華の定食屋 東秀】LINE@の友だちが決める!「麺メニュー人気ランキング」

【気軽に立ち寄れる中華の定食屋 東秀】LINE@の友だちが決める!「麺メニュー人気ランキング」

本企画は、7月1日(日)~7月7日(土)の7日間、「東秀」LINE@アカウントの友だちに、11種類ある麺メニューから好きなものを選び1人1個投票をしていただきます。  YOMIURI ONLINE(読売新聞) 【気軽に立ち寄れる中華の定食屋 東秀】LINE@の…http://www.yomiuri.co.jp/adv/economy/release/detail/00409916.html

ハイブリッド型総合書店「honto」週間ストア別ランキング発表!!2018年本屋大賞受賞『かがみの孤城 …

ハイブリッド型総合書店「honto」週間ストア別ランキング発表!!2018年本屋大賞受賞『かがみの孤城 …

… 通販ストアランキング4週連続第1位!-. 株式会社トゥ・ディファクトは、同社が運営するハイブリッド型総合書店「honto(https://honto.jp/)」における週間ランキング(集計期間:2018年4月8日~4月14日)を本日発表いたしました。 [画像: https://prtimes.jp/i/11577/328/resize/d11577-328-553914-0.jpg ]. □hontoランキング  産経ニュース ハイブリッド型総合書店「honto」週間ストア別ラン…https://www.sankei.com/economy/news/180417/prl1804170088-n1.html株式会社トゥ・ディファクト-予約期間終了が迫るオンデマンドブック『BOYS AND MEN 『ボイメン X』』も本の通販ストアランキング4週連続第1位!-株式会…

16年発売の田中圭写真集が2位に

16年発売の田中圭写真集が2位に

俳優・田中圭が2016年12月に発売した写真集『田中圭PHOTO BOOK「KNOWS」』(東京ニュース通信社/2016年12月15日発売)が、7/2付オリコン週間“本” …  朝日新聞デジタル&w 16年発売の田中圭写真集が2位にhttps://www.asahi.com/and_w/interest/entertainment/CORI2114525.html 俳優・田中圭が2016年12月に発売した写真集『田中圭PHOTO BOOK「KNOWS」』(東京ニュース通信社/2016年12月15日発売)が、7/2付オリコン週間“本”ランキング<集計期間:201

中間選挙でトランプへの女性の怒りが爆発する

中間選挙でトランプへの女性の怒りが爆発する

発売から2カ月近く経つが、今も米アマゾン・ドット・コムの政治分野では書籍売り上げランキングで上位3位を下らない。 … コロンビア大学時代に米ニューヨークタイムズ(NYT)紙のコピーボーイをする。74年雑誌「New York Times magazine」(NYT紙の週末版に入っている雑誌)に最初の記事が載る。90年代にネット企業を立ち …  日経ビジネスオンライン 中間選挙でトランプへの女性の怒りが爆発する 『…http://business.nikkeibp.co.jp/atcl/book/15/101989/030500037/米国でトランプ大統領は、今や“セクハラを象徴する存在”となった。このため今年11月に実施される中間選挙では、怒れる女性票がその行方を決めるという。書籍『炎と怒り』執筆のための取材方法に対する批判については、筆者は全面的反論を展開する。