書籍・雑誌

電子書籍『葛飾北斎 冨嶽三十六景』累計8000DL突破&期間限定100円(税別)キャンペーン開催!! 世界に …

投稿日:

ゴマブックス株式会社(所在地:東京都港区、代表取締役社長:赤井仁)は、2018年4月13日(金)、電子書籍『葛飾北斎 冨嶽三十六景』が、累計8,000 … 事業内容:出版業、書籍雑誌・電子出版物・デジタルコンテンツの企画・編集・制作・販売、電子書籍コンテンツのアグリゲート事業、デジタルコンテンツのオーサリング事業

-書籍・雑誌

関連記事

ハイブリッド型総合書店「honto」週間ストア別ランキング発表!!2018年冬、土屋太鳳をヒロインに映画 …

ハイブリッド型総合書店「honto」週間ストア別ランキング発表!!2018年冬、土屋太鳳をヒロインに映画 …

ハイブリッド型総合書店「honto」週間ストア別ランキング発表!!2018年冬、土屋太鳳をヒロインに映画公開決定、最新刊『春待つ僕ら(9)』が電子書籍ストア … 株式会社トゥ・ディファクトは、同社が運営するハイブリッド型総合書店「honto(https://honto.jp/)」における週間ランキング(集計期間:2018年3月11日~3月17日)を …  財経新聞 ハイブリッド型総合書店「honto」週間ストア別ラン…https://www.zaikei.co.jp/releases/603000/-住野よる待望の新作『青くて痛くて脆い』が店舗総合文芸ランキング第1位!-株式会社トゥ・ディファクトは、同社が運営するハイブリッド型総合書店「honto(https://honto.jp/)」における週間ランキング(集計期間:2018年3月11日~3月17日)を本日発表いたしました。

出来高変化率ランキング(14時台)~KNTCT、NSDなどがランクイン

出来高変化率ランキング(14時台)~KNTCT、NSDなどがランクイン

マネーボイス 必読の記事5本. V字回復マクドナルドと苦戦するモスバーガー、なぜ明暗が分かれたか?=栫井駿介 · ビットコインを超えていけ。米経済紙も取り上げた、次に来る暗号通貨=高島康司 · またも盗まれた暗号通貨。仮想でも紙幣でも、一番のリスクは自分自身=俣野成敏 · ビットコイン元信者が嵌まる「次の罠」 …  マネーボイス 出来高変化率ランキング(14時台)~KNTCT、NSDな…http://www.mag2.com/p/money/385853※出来高変化率ランキングでは、直近5日平均の出来高と配信当&#2 …

世界大学ランキングからみた日本の大学、QSシンポジウム4/25

世界大学ランキングからみた日本の大学、QSシンポジウム4/25

第2部「ランキングを機とした大学改革への取組み」では、ロチェスター大学の国際化担当副理事Jane Gatewood氏とQSコンサルティング部門責任者のDavid Reggio氏が登壇して大学改革への取組みを紹介する。また、早稲田大学副総長の橋本周司氏や東京工業大学副学長の水本哲弥氏などをパネリストに迎え、国内大学 …  リセマム 世界大学ランキングからみた日本の大学、QSシンポ…https://resemom.jp/article/2018/03/09/43437.html 世界大学評価機関の英国クアクアレリ・シモンズ(QS)は、日本の大学関係者向けシンポジウム「世界の舞台における日本の大学」を2018年4月25日に早稲田大学で開催する。参加費は無料で事前申込みが必要。

張本、攻め急いで自滅=卓球アジア・カップ

張本、攻め急いで自滅=卓球アジア・カップ

1次リーグで世界ランキング1位を破った張本は、一夜明けた準々決勝でいいところなく敗れた。守備の堅い世界27位の丁祥恩に対して攻め急いで自滅。「焦って決めようとしてしまった。もう1、2球多く返してしていかないといけない」と反省した。 日本男子の倉嶋監督は「まだ波がある」と14歳の弱点を指摘する。今月末からの …  時事ドットコム 張本、攻め急いで自滅=卓球アジア・カップ:時事…https://www.jiji.com/jc/article?k=2018040700540&g=spo 1次リーグで世界ランキング1位を破った張本は、一夜明けた準々決勝でいいところなく敗れた。守備の堅い世界27位の丁祥恩に対して攻め急いで自滅。「焦って決めようとしてしまった。もう1、2球多く返していかないといけない」と反省した。 日本男子の倉嶋監督は「まだ波がある」と14歳の弱点を指摘する。今月…

中間選挙でトランプへの女性の怒りが爆発する

中間選挙でトランプへの女性の怒りが爆発する

発売から2カ月近く経つが、今も米アマゾン・ドット・コムの政治分野では書籍売り上げランキングで上位3位を下らない。 … コロンビア大学時代に米ニューヨークタイムズ(NYT)紙のコピーボーイをする。74年雑誌「New York Times magazine」(NYT紙の週末版に入っている雑誌)に最初の記事が載る。90年代にネット企業を立ち …  日経ビジネスオンライン 中間選挙でトランプへの女性の怒りが爆発する 『…http://business.nikkeibp.co.jp/atcl/book/15/101989/030500037/米国でトランプ大統領は、今や“セクハラを象徴する存在”となった。このため今年11月に実施される中間選挙では、怒れる女性票がその行方を決めるという。書籍『炎と怒り』執筆のための取材方法に対する批判については、筆者は全面的反論を展開する。