書籍・雑誌

2019年卒大学・大学院生の「IT業界 新卒就職人気企業ランキング」を発表、NTTデータが9連覇―楽天

投稿日:

2019年卒大学・大学院生の「IT業界 新卒就職人気企業ランキング」を発表、NTTデータ … その結果をみん就が独自の算出方法で集計し、ランキングした。 … なお、楽天では5月22日より、本ランキングを「分類別」「文理/男女別」「魅力度別」ごとに … 「IT人材の学習と成果(収入・職位)の関係」調査レポート―書籍やWebメディア、 …

-書籍・雑誌

関連記事

全国自治体・視察件数ランキング<2018新規スタート編>

全国自治体・視察件数ランキング<2018新規スタート編>

本記事は<2018新規スタート編>として、2018年度に新規スタート/オープンしたばかりの公共サービスや施設、行政施策などに対する視察の受け入れ件数(調査 …  新・公民連携最前線 PPPまち… 全国自治体・視察件数ランキング<2018新規スター…https://project.nikkeibp.co.jp/atclppp/091800002/100500008/2018年度に新たにスタートした事業について、自治体職員・議員による視察の受け入れ件数が調査時点で最も多かったのは、岐阜県大野町が7月に開設した道の駅「パレットピアおおの」だった。続く2位は、4月にオープンした宮崎県都城市の「都城市中心市街地中核施設」である。そのほか、高齢化社会への対応をはじめ特色のあ…

【書籍ランキング】12月6日~12月12日

【書籍ランキング】12月6日~12月12日

… □<ビジネス書ベスト10> 1.『SDGsの基礎』沖大幹他(事業構想大学院大学出版部) 2.『ITナビゲーター 2019年版』野村総合研究所 ICTメディア・産業 …  NNA.ASIA 【書籍ランキング】12月6日~12月12日 日本・マク…https://www.nna.jp/news/show/1849133■<ビジネス書ベスト10>1.『SDGsの基礎』沖大幹他(事業構想大学院大学出版部)2.『ITナビゲーター 2019年版』野村総合研究所 ICTメディア・産業コンサルティング部(東洋経済新報社)3.『…

企業口コミサイトキャリコネ「建設業界の働きやすい企業ランキング」を発表

企業口コミサイトキャリコネ「建設業界の働きやすい企業ランキング」を発表

本ランキングは、「キャリコネ」のユーザーによる「労働時間」「やりがい」「ストレス」「休日」「給与」「ホワイト度」の6項目の評価の平均点(総合評価)が高い建設業界 …  www.jiji.com https://www.jiji.com/jc/article?k=000000041.000…https://www.jiji.com/jc/article?k=000000041.000018764&g=prt

ライフネット生命保険 雑誌「日経トレンディ」で就業不能保険「働く人への保険2」がランキング第1位を獲得

ライフネット生命保険 雑誌「日経トレンディ」で就業不能保険「働く人への保険2」がランキング第1位を獲得

日経トレンディ「FP・保険のプロが選ぶ就業不能保険ランキング」第1位 当社の就業不能保険「働く人への保険2」は、FP・保険のプロから、「保険料がとにかく安く気軽 … 位、2017年11月発行の雑誌「保険完全ガイド」(株式会社晋遊舎)で第1位、2017年12月発行のムック本、別冊宝島「よい保険・悪い保険 賢い加入者になる!  www.jiji.com http://www.jiji.com/jc/article?k=000000396.0000…http://www.jiji.com/jc/article?k=000000396.000001163&g=prt

高校図書館司書が選ぶイチオシ本 今年の第1位は?

高校図書館司書が選ぶイチオシ本 今年の第1位は?

高校図書館司書が高校生に勧めたい本を紹介する「イチオシ本フェア」を、埼玉県の高校図書館司書らでつくる「埼玉県高校図書館フェスティバル実行委員会」が、 … この取り組みも8年になり、書店や図書館からは『中・高校生に何を薦めたらいいか困っていたが、このランキングの本を自信を持って紹介している』というコメントも …  教育新聞 電子版 高校図書館司書が選ぶイチオシ本 今年の第1位は?https://www.kyobun.co.jp/news/20180221_03/高校図書館司書が高校生に勧めたい本を紹介する「イチオシ本フェア」を、埼玉県の高校図書館司書らでつくる「埼玉県高校図書館フェスティバル実行委員会」が、同県内の書店、公共図書館と連携して2月17日から開催している。今年のイチオシ本第1位には、『かがみの孤城』(辻村深月著、ポプラ社刊)が選ばれた。