スマホ・アプリ

「カラオケ@DAM」のスマートフォン向けアプリ「カラオケ@DAM for スマホ」が12月3日にリリースされた。

投稿日:

-スマホ・アプリ

関連記事

「私、処女じゃないですよ」から始まる“非処女と童貞の純愛AtoZ”!漫画アプリ・Palcy男性向けランキング1 …

「私、処女じゃないですよ」から始まる“非処女と童貞の純愛AtoZ”!漫画アプリ・Palcy男性向けランキング1 …

漫画アプリ・Palcy男性向けランキング1位作品の圧倒的話題作『目黒さんは初めてじゃない』1巻本日 … 漫画アプリ・Palcy(講談社×pixiv)にて大好評連載中!  財経新聞 「私、処女じゃないですよ」から始まる“非処女と童…https://www.zaikei.co.jp/releases/713795/■漫画アプリ・Palcy(講談社×pixiv)にて大好評連載中!Palcy男性向けランキング1位作品の圧倒的話題作『目黒さんは初めてじゃない』第1巻(著者・9℃)が11月13日(火)発売となります。

ベストスマートフォンカメラはiPhone X 米国の非営利消費者団体が評価

ベストスマートフォンカメラはiPhone X 米国の非営利消費者団体が評価

アメリカで提供される製品、サービスの評価を実施する非営利団体「Consumer Report」が発表したスマートフォンカメラのランキングで、iPhone Xが最高のスマートフォンカメラであるとの評価を獲得しています。またiPhone8/8 Plus、iPhone7、iPhone6s Plusも高い評価を得ています。  iphone-mania.jp Access denied | iphone-mania.jp used Cloudflare…https://iphone-mania.jp/news-204463/

Xperiaはライバルに「遅れ」を取っている?/大手キャリア自ら扱う「セカイルーター」

Xperiaはライバルに「遅れ」を取っている?/大手キャリア自ら扱う「セカイルーター」

中古スマホ … 前回のランキングで3位に入ったXperia不調の要因は『商品力強化の遅れ』 IR Day … 昨今の業績は好調ですが、スマートフォン端末事業(≒Xperia)は、海外ではライバルとの競争によって苦戦を強いられている状況です。 … を通さないSIMロックフリー市場での販売も強化する戦略を取る方針を示しています。  ITmedia Mobile Xperiaはライバルに「遅れ」を取っている?/大手…http://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/1806/06/news098.html「Xperia」人気の強さがうかがえた今回のランキング。しかし、その前途にはライバルとの競争が待っています。

新生活にあわせてSIMフリースマホデビュー 予算3万円以下でバッテリ長持ち

新生活にあわせてSIMフリースマホデビュー 予算3万円以下でバッテリ長持ち

とはいえ、できるだけ出費を抑えたいなら、MVNOとSIMフリースマートフォン(SIMフリースマホ)の組み合わせが最適だ。家電量販店の実売データを集計した「BCNランキング」によると、2017年に店頭で売れたスマホのうち、約2割はSIMフリーモデル。メーカー別では、ファーウェイが人気を集め、シェアトップを独走している。  BCN RETAIL 新生活にあわせてSIMフリースマホデビュー 予算3…https://www.bcnretail.com/news/detail/20180224_52692.html進学や就職、新しい端末への買い替えをきっかけに、スマートフォンの月額料金を自分で払うようになり、自立の一歩となる学生は多いようだ。

ガートナー、世界スマートフォン販売台数の減少を初めて報告

ガートナー、世界スマートフォン販売台数の減少を初めて報告

ここ数年、世界のスマートフォン販売状況は絶好調とはいえないが、Gartnerの最新データによると、同社のアナリストが追跡を始めて以来初めての減少を記録した(ただし、減少 … Huaweiは世界のスマートフォンメーカーランキングで3位をキープし、2017年は通年シェア9.8%を獲得してAppleとSamsungとの差を縮めている。  TechCrunch Japan ガートナー、世界スマートフォン販売台数の減少を…http://jp.techcrunch.com/2018/02/23/2018-02-22-gartner-reports-first-ever-global-decline-in-smartphone-sales/ここ数年、世界のスマートフォン販売状況は絶好調とはいえないが、Gartnerの最新データによると、同社のアナリストが追跡を始めて以来初めての減少を記録した(ただし、減少を指摘したアナリストは以前にもいた)。