スマホ・アプリ

【2019ヒット商品予測】「宅配ボックス」「フリマアプリ」「音声アシスタント」が上位に

投稿日:

通販・ECに関連する商品やサービスでは「宅配ボックス」「フリマアプリ」「音声アシスタント」「SNSショッピング」「スマホ事前注文」が上位に入っている。 首都圏と …

-スマホ・アプリ

関連記事

スマホ利用と“海外発”人気高まる 日観協、観光サイトの閲覧者数を調査

スマホ利用と“海外発”人気高まる 日観協、観光サイトの閲覧者数を調査

日本観光振興協会は2017年の観光関連ウェブサイトの年間閲覧者数を調査、結果をランキング形式で発表した。スマートフォン利用、海外発の旅行情報・予約サイトの存在感の高まりが明らかになった。 調査はネット行動分析を行うヴァリューズと共同で実施。同社のサービスを使用し、閲覧者数はPC・スマートフォンからの …  www.travelnews.co.jp スマホ利用と“海外発”人気高まる 日観協、観光サ…http://www.travelnews.co.jp/closeup/tokusyu/20180220090318.html

「2019年 オリコン顧客満足度ランキング ネット証券」4年連続12度目の総合1位受賞のお知らせ

「2019年 オリコン顧客満足度ランキング ネット証券」4年連続12度目の総合1位受賞のお知らせ

当社は、ネット証券ランキングにおいて、4年連続で総合1位を受賞いたしました。これもひとえに、当社の経営理念である「顧客中心主義」のもとで行った、株アプリ …  財経新聞 「2019年 オリコン顧客満足度ランキング ネット証…https://www.zaikei.co.jp/releases/737869/株式会社SBI証券(本社:東京都港区、代表取締役社長:高村正人、以下「当社」)は、2019年1月4日(金)に株式会社oricon MEが発表した「2019年 オリコン顧客満足度ランキング ネット証券」において、4年連続12度目の総合1位を受賞いたしましたのでお知らせいたします。

「App Ape」が米国市場のスマートフォンアプリのデータを期間限定で全て無料開放へ

「App Ape」が米国市場のスマートフォンアプリのデータを期間限定で全て無料開放へ

「App Ape」は、スマホアプリビジネスをサポートするアプリ分析プラットフォームだ。アプリのストア、パブリッシャー、ユーザーの利用データを提供しており、市場のトレンド把握や競合調査、アプリのマーケティングや広告出稿の最適化などを全面的に支援してくれる。これまでに、アプリパブリッシャーを中心にアプリビジネスに …  ECのミカタ 「App Ape」が米国市場のスマートフォンアプリのデ…https://ecnomikata.com/ecnews/18121/ 「App Ape」は、スマホアプリビジネスをサポートするアプリ分析プラットフォームだ。アプリのストア、パブリッシャー、ユーザーの利用データを提供しており、市場のトレンド把握や競合調査、アプリのマーケティングや広告出稿の最適化などを全面的に支援してくれる。これまでに、アプリパブリッシャーを中心にアプリビ…

Huawei、スマートフォン出荷台数でAppleを抜く

Huawei、スマートフォン出荷台数でAppleを抜く

Gartnerは、「Huaweiが今回初めて、スマートフォン出荷台数ランキングにおいて世界第2位を獲得し、Appleを第3位に追いやる結果となった背景には、Huaweiが …  EE Times Japan Huawei、スマートフォン出荷台数でAppleを抜くhttp://eetimes.jp/ee/articles/1809/06/news026.html米国の市場調査会社であるGartnerによると、中国エレクトロニクス業界の巨人であるHuawei Technologiesが、2018年第2四半期(2018年4〜6月)の世界スマートフォン出荷台数で、Appleを超える業績を達成したという。Appleが世界上位2社から外れるのは、初代iPhoneの初期のころ以来のことだ。

楽天「旧ラクマ」と「フリル」が統合1周年 新ラクマの統合効果はいかに?

楽天「旧ラクマ」と「フリル」が統合1周年 新ラクマの統合効果はいかに?

フリマアプリ「ラクマ」とは、日本初のフリマアプリ「フリル」と、楽天のフリマ … また人気ブランドランキングは「エンタメ」ブランドが台頭し、メンズ、スマホ・家電 …  ECのミカタ 楽天「旧ラクマ」と「フリル」が統合1周年 新ラク…https://ecnomikata.com/ecnews/22136/フリマアプリ「ラクマ」とは、日本初のフリマアプリ「フリル」と、楽天のフリマアプリ「(旧)ラクマ」が2018年2月に統合して生まれたサービスだ。楽天では不用になったものを次に必要とする人へつなぐプラットフォームとして、新しい消費の価値を生み出すことを目指すとしている。販売手数料の安さなどを強みに、2018年…