スマホ・アプリ

2018年のモバイル業界を振り返る(10月編):スマホ時代に見直される「ケータイ」の役割

投稿日:

いろいろな人から話を聞く限り、最近ケータイを求める人は「スマホが使い慣れない」というよりは「音声通話用の携帯電話は別途用意したい」「スマホやタブレットを …

-スマホ・アプリ

関連記事

フラーがスマートフォンアプリ分析プラットフォーム「App Ape」に新トップページ追加

フラーがスマートフォンアプリ分析プラットフォーム「App Ape」に新トップページ追加

スマートフォンアプリ分析支援事業のフラーは、同社の同分析 … 数や男女年代別利用率、利用が急激に伸びたアプリランキングなど、アプリに関するデータを管理 …  Yahoo!ニュース フラーがスマートフォンアプリ分析プラットフォー…https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181207-00000004-webtan-sciスマートフォンアプリ分析支援事業のフラーは、同社の同分析プラットフォーム「App Ap – Yahoo!ニュース(Web担当者Forum)

iPhone XR販売台数を伸ばすも スマホランキングトップは iPhone 8!

iPhone XR販売台数を伸ばすも スマホランキングトップは iPhone 8!

iPhone XR販売台数を伸ばすも スマホランキングトップは iPhone 8! … 「BCNランキング」日次集計データによると、2018年12月16日、スマートフォンの実売 …  BCN+R iPhone XR販売台数を伸ばすも スマホランキングト…https://www.bcnretail.com/research/detail/20181218_97572.html「BCNランキング」日次集計データによると、2018年12月16日、スマートフォンの実売台数ランキングは以下の通りとなった。

Huawei、今年2億台のスマホ出荷が目標〜世界2位のAppleを射程内に?

Huawei、今年2億台のスマホ出荷が目標〜世界2位のAppleを射程内に?

初心者が購入後に入れたい定番神アプリ … Huawei、今年2億台のスマホ出荷が目標〜世界2位のAppleを射程内に? … 中国のHuawei Technologiesは、2018年の世界全体でのスマートフォン出荷台数が2億台に到達 … は昨年秋、世界のスマートフォン市場シェアランキングで、Huaweiが一時的にAppleを追い抜き2位に …  iPhone Mania Huawei、今年2億台のスマホ出荷が目標〜世界2位のA…https://iphone-mania.jp/news-219466/  中国のHuawei Technologiesは、2018年の世界全体でのスマートフォン出荷台数が2億台に到達する見通しで、現在出荷台数で世界2位のAppleを射程内に捉えたと、South China Mor

【4/6~4/12 週間ランキング】格安4Kテレビに新製品、43V型が42800円

【4/6~4/12 週間ランキング】格安4Kテレビに新製品、43V型が42800円

毎週末、「価格.com新製品ニュース」でアクセス数の多かったニュース記事をランキング形式でお届け。2018年4月6日~4月12日に公開したニュースのランキングトップ10は以下の … 4.7型スマートフォン「iPhone 8」および5.5型スマートフォン「iPhone 8 Plus」に、レッドカラーの「(PRODUCT)RED Special Edition」が追加。  kakaku.com 価格.com – 【4/6〜4/12 週間ランキング】格安4Kテ…http://news.kakaku.com/prdnews/cd=kaden/ctcd=2041/id=73551/毎週末、「価格.com新製品ニュース」でアクセス数の多かったニュース記事をランキング形式でお届け。2018年4月6日〜4月12日に公開したニュースのランキングトップ10は以下のとおり。■1位maxzen、Wチューナー搭載の43V型4K液晶…

調査 | フリマアプリ | マーケティング

調査 | フリマアプリ | マーケティング

楽天と楽天グループでフリマアプリ「ラクマ」を運営するFablicは、同サービスのユーザーを対象とした「フリマアプリユーザーの消費行動」に関するアンケート調査を …  ITmedia マーケティング フリマアプリで買うもの年代別ランキング――楽天調査http://marketing.itmedia.co.jp/mm/articles/1806/15/news040.htmlフリマアプリ「ラクマ」を運営するFablicが実施した「フリマアプリユーザーの消費行動」に関する調査によると、購入・出品する商品には年代別に異なる傾向があるようです。