スマホ・アプリ

Xiaomi、上場後初決算は68%の増収 スマートフォンが好調

投稿日:

同社によると、メーカー別スマートフォン市場シェアは、インドでは首位、 … 同社は世界のメーカー別スマートフォンシェアランキングで第2四半期に中国OPPOを抜いて4 … スマートフォン以外の事業も好調で、スマートスピーカーなどのIoT事業の売上高 …

-スマホ・アプリ

関連記事

米国のファーウェイたたき、困ったのは日本―中国メディア

米国のファーウェイたたき、困ったのは日本―中国メディア

さらに、ファーウェイは日本のスマートフォン市場で着実にシェアを伸ばしており、日本のIT業界紙BCNが発表した昨年のSIMフリースマートフォン販売ランキングで、ファーウェイのP10 liteが6月から7カ月間連続首位を獲得したことなどを紹介。昨年7月には各種エンジニア職に対して、日本企業のほぼ倍額にあたる大卒初任給 …  Record China 米国のファーウェイたたき、困ったのはなんと日本…http://www.recordchina.co.jp/b595252-s0-c20.htmlレコードチャイナ

富士通CM、小栗旬と山田孝之出演で狙った“異質”感

富士通CM、小栗旬と山田孝之出演で狙った“異質”感

小栗旬と山田孝之を起用した、富士通コネクテッドテクノロジーズのスマートフォン「arrows」のCM「割れない刑事」シリーズが人気を集めている。2017年12月に …  日経クロストレンド 富士通CM、小栗旬と山田孝之出演で狙った“異質”感http://trend.nikkeibp.co.jp/atcl/contents/18/00008/00002/?i_cid=nbpnxr_pg_slide-panel小栗旬と山田孝之を起用した、富士通コネクテッドテクノロジーズのスマートフォン「arrows」のCM「割れない刑事」シリーズが人気を集めている。2017年12月に放送スタートし、数週間後で、CM総合研究所発表の12月後期銘柄別CM好感度ランキングで5位に。18年2月に第2弾「タレコミ篇」を流すと、3月度の業類別好感度で1位に…

注目10ジャンルの売れ筋ランキング・今週のトピックス(2018年6月28日更新)

注目10ジャンルの売れ筋ランキング・今週のトピックス(2018年6月28日更新)

当サイト「BCN RETAIL」の「売れ筋ランキング」コーナーでは、家電量販店・ネットショップの実売データを集計した「BCNランキング」をもとに、スマートフォンなど、注目度の高い10ジャンル・ … お手頃価格のSIMフリースマホ「ZenFone 4 Max(ZC520KL)」は、前週に引き続き、12位に入った。 … スマホ4位・9位に新顔登場!  BCN RETAIL 注目10ジャンルの売れ筋ランキング・今週のトピッ…https://www.bcnretail.com/market/detail/20180629_65751.html当サイト「BCN RETAIL」の「売れ筋ランキング」コーナーでは、家電量販店・ネットショップの実売データを集計した「BCNランキング」をもとに、スマートフォンなど、注目度の高い10ジャンル・上位50位までの機種別(JANコード別)販売台数ランキングを公開しています。

【実売速報】androidスマートフォン TOP3

【実売速報】androidスマートフォン TOP3

「BCNランキング」日次集計データによると、2018年2月21日、androidスマートフォンの実売台数ランキングは以下の通りとなった。 … *「BCNランキング」は、全国の主要家電量販店・ネットショップからパソコン本体、デジタル家電などの実売データを毎日収集・集計している実売データベースで、日本の店頭市場の約4割( …  BCN RETAIL 【実売速報】androidスマートフォン TOP3 – BCN RE…https://www.bcnretail.com/research/detail/20180223_52700.html「BCNランキング」日次集計データによると、2018年2月21日、androidスマートフォンの実売台数ランキングは以下の通りとなった。

W杯の”番狂わせ”で自殺者も……過熱する中国サッカー賭博事情

W杯の”番狂わせ”で自殺者も……過熱する中国サッカー賭博事情

中国の無料アプリランキングでは、サッカーくじアプリが上位を占めていた(1、4、6位 … いまやWeChat Payのようなスマホによる個人間決済が普及しているため、 …  TOCANA W杯の”番狂わせ”で自殺者も……過熱する中国サッカー…http://tocana.jp/2018/07/post_17617_entry.html【日刊サイゾーより】  先日閉幕したサッカーW杯ロシア大会では番狂わせが頻発し、各国ファンの熱狂と落胆が渦巻いた。そんな波乱のW杯は、出場していない中国にも大きな経済効果をもたらしたようだ。  中国の経済雑誌「中国経済週刊」やネットメディア「網易」などの報道によると、W杯開催期間中の6月11日から7…