IT・テクノロジー

ウォンテッドリー・テクノロジー・トレンドを発表 募集のタイトルや説明文に使われるテック系のトレンドワード …

投稿日:

最新のテクノロジーに関連した急伸するトレンドワードを独自に選定し、2017年9月〜2018年2月の半年間で、「Wantedly」の募集のタイトルや説明文にそれらのワードがどのくらい使用されたのか、また2017年3月〜2017年8月の半年間と比べてそれらのワードが使用された頻度の変化率を調査し、上位20ワードをランキング …

-IT・テクノロジー

関連記事

PC市場縮小もウィルスバスターは売れ続ける 事業拡大にしたたかな戦略

PC市場縮小もウィルスバスターは売れ続ける 事業拡大にしたたかな戦略

まず、「BCNランキング」で過去10年の国内PC販売台数の推移をみていこう。07年の販売台数を「100」とした指数でみると、17年はデスクトップが「38.2」と6割減、 … こうしたデジタル家電の接続や設定などのサポートをセットにした「ウイルスバスター クラウド + デジタルライフサポート プレミアム」(1万8580円)を08年に発売 …  ライブドアニュース PC市場縮小もウィルスバスターは売れ続ける 事業拡…http://news.livedoor.com/article/detail/14405437/PC市場の縮小とは対照的に売り上げを伸ばしている「ウイルスバスター」。トレンドマイクロは2005年、単価アップのために更新期間の長い3年版を発売。その後スマホ版の製品も投入し、販売代理店など新しいチャネルを開拓した

「テレビCM出稿額が多いブランド TOP100ランキング」発表

「テレビCM出稿額が多いブランド TOP100ランキング」発表

日本の総広告費の28.4%[2]を占めるテレビCMをはじめとしたオフライン広告は、多くの企業が多額の広告費を投じながらも、効率的な広告出稿や効果測定の手法が確立しておらず、情報も得にくい領域です、また、効果的な広告を実施するためには、インターネット広告とオフライン広告の両領域を総合的にみて相乗効果を …  SankeiBiz(サンケイビズ) 「テレビCM出稿額が多いブランド TOP100ランキング…https://www.sankeibiz.jp/business/news/180322/prl1803221432126-n1.htm株式会社サイカ(本社:東京都千代田区、代表取締役:平尾 喜昭、以下サイカ)は、オフライン広告領域における独自の調査・研究レポートの第一弾として「テレビCM…

19年卒就活生の希望企業ランキング 前年1位のみずほFGは17位に……

19年卒就活生の希望企業ランキング 前年1位のみずほFGは17位に……

キャリスタ就活2019」による調査は2017年12月1日~2018年3月21日に、「キャリスタ就活2019」に登録している大学3年生と修士1年生を対象にインターネット上で実施し、5671人が回答した。 「CFN」による調査は2017年9月1日~10月31日に、2017年9月~2019年8月までに海外の大学・大学院を卒業予定の日英 …  ITmedia ビジネスオンライン 19年卒就活生の希望企業ランキング 前年1位のみず…http://www.itmedia.co.jp/business/articles/1804/17/news094.htmlディスコが運営する就活情報サイト「キャリタス就活2019」は4月16日、2019年3月卒業予定の大学生を対象に就職したい企業に関する調査の結果を発表した。航空業界や商社に人気が集まった一方で、銀行の人気が急落した。

【長時間働く国ランキング】日本人は本当にワーカホリック?世界一働く国は?

【長時間働く国ランキング】日本人は本当にワーカホリック?世界一働く国は?

旧ソ連支配下から独立した後、構造改革が進み、急速に経済が発展しました。人口300万人のリトアニアは、人口当たりの数学、科学、技術分野の大卒者の数が欧州連合の中で第1位。最新技術の主要分野はバイオテクノロジー、薬学、レーザー、IT、電気通信業。リトアニアのバイオテクノロジーは他の東欧・中欧の国々と比較 …  楽天WOMAN ギリシャのニュース – 【長時間働く国ランキング】…https://woman.infoseek.co.jp/news/neta/tabizine_175735【長時間働く国ランキング】日本人は本当にワーカホリック?世界一働く国は?,一般的に日本人は「働き者」「ワーカホリック」として、知られています。私たち自身も「勤勉である」「働き過ぎかも」と自覚していますが、世界的にみてどうなのでしょうか。OECD(経済協力開発機構)の2016年度データによる、「年間で最も長…

PC市場が縮小しても、ウイルスバスターはなぜ売れるのか

PC市場が縮小しても、ウイルスバスターはなぜ売れるのか

まず、「BCNランキング」で過去10年の国内PC販売台数の推移をみていこう。07年の販売台数を「100」とした指数でみると、17年はデスクトップが「38.2」と6割減、ノートPCは「85.6」と15%減と大幅に落ち込んでいることがわかる。とくに12年はWindows 8の販売不振、その後は14年4月の消費増税とWindows XPのサポート …  BCN RETAIL PC市場が縮小しても、ウイルスバスターはなぜ売れ…https://www.bcnretail.com/topics_detail9/id=54392過去10年のPCの国内販売市場を振り返ると、2012年をピークに縮小に転じているが、PCとのセット購入率が高いセキュリティソフト「ウイルスバスター」は、販売本数も売上高も伸び続けている。