IT・テクノロジー

函館スプリントS・出走馬ランキング!

投稿日:

-IT・テクノロジー

関連記事

トヨタホームが急浮上、17年度の戸建て住宅供給ランキング

トヨタホームが急浮上、17年度の戸建て住宅供給ランキング

2017年度の戸建て住宅の市場において、トヨタホームの存在感が増した。市場経済研究所と不動産経済研究所が18年7月31日に発行した「2019年版 全国住宅・ …  日経 xTECH(クロステック) トヨタホームが急浮上、17年度の戸建て住宅供給ラ…https://tech.nikkeibp.co.jp/atcl/nxt/column/18/00154/00204/ 2017年度の戸建て住宅の市場において、トヨタホームの存在感が増した。市場経済研究所と不動産経済研究所が18年7月31日に発行した「2019年版 全国住宅・マンション供給調査 企業別ランキング」で明らかになった。

「テレビCM出稿額が多いブランド TOP100ランキング」発表

「テレビCM出稿額が多いブランド TOP100ランキング」発表

日本の総広告費の28.4%[2]を占めるテレビCMをはじめとしたオフライン広告は、多くの企業が多額の広告費を投じながらも、効率的な広告出稿や効果測定の手法が確立しておらず、情報も得にくい領域です、また、効果的な広告を実施するためには、インターネット広告とオフライン広告の両領域を総合的にみて相乗効果を …  SankeiBiz(サンケイビズ) 「テレビCM出稿額が多いブランド TOP100ランキング…https://www.sankeibiz.jp/business/news/180322/prl1803221432126-n1.htm株式会社サイカ(本社:東京都千代田区、代表取締役:平尾 喜昭、以下サイカ)は、オフライン広告領域における独自の調査・研究レポートの第一弾として「テレビCM…

〔テクニカルデータ〕東証1部・25日線かい離ランキング=16日

〔テクニカルデータ〕東証1部・25日線かい離ランキング=16日

東京 16日 ロイター] – 東証1部上場銘柄の25日移動平均線とのかい離率ランキング(上位・下位15位ずつ)は以下の通り。 [25日移動平均線かい離率(上位)] …  JP 〔テクニカルデータ〕東証1部・25日線かい離ランキ…https://jp.reuters.com/article/%E3%80%94%E3%83%86%E3%82%AF%E3%83%8B%E3%82%AB%E3%83%AB%E3%83%87%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%80%95%E6%9D%B1%E8%A8%BC1%E9%83%A8%E3%83%BB25%E6%97%A5%E7%B7%9A%E3%81%8B%E3%81%84%E9%9B%A2%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%AD%E3%83%B3%E3%82%B0%EF%BC%9D16%E6%97%A5-idJPL4N1V735W東証1部上場銘柄の25日移動平均線とのかい離率ランキング(上位・下位15位ずつ)は以下の通り。 19.58%(*) RIC 銘柄名 乖離(%) 0 …

世界スマート都市ランキングで首位

世界スマート都市ランキングで首位

英調査会社ジュニパーリサーチが発表した「世界スマートシティー・ランキング」で、シンガポールが首位に立った。同ランキングはモノのインターネット(IoT)の活用度について世界の主要都市を調査したもので、シンガポール政府が掲げるIT国家「スマートネーション」構想への… 関連国・地域: シンガポール. 関連業種: 経済一般・ …  NNA.ASIA 世界スマート都市ランキングで首位 シンガポール・…https://www.nna.jp/news/show/1738041英調査会社ジュニパーリサーチが発表した「世界スマートシティー・ランキング」で、シンガポールが首位に立った。同ランキングはモノのインターネット(IoT)の活用度について世界の主要都市を調査したもので、シ…

ロシアでインターネットを巡り大戦争が勃発

ロシアでインターネットを巡り大戦争が勃発

これを見る限り現時点では世界のIT産業の勢力図とACM-ICPCランキングには高い相関は認められないようである。 今回の世界大会の参加選手の顔ぶれを見てみよう。参加選手の多くが日々プログラミングの能力を競い合っている「CODE FORCES」というサイトがある。 米国の「TOP CODER」や我が国の「AT CODER」と …  JBpress(日本ビジネスプレス) ロシアでインターネットを巡り大戦争が勃発 仮想通…http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/52993現在ロシアで繰り広げられている戦争がある。ロシア政府と人気メッセンジャー「Telegram」との戦いである。2014年ウクライナ紛争の後、欧米諸国との緊張関係が高まるなか、インターネットへの監視体制強化が顕著になっている。その狙いは、ロシア政府が発行を目論む仮想通貨がある。