IT・テクノロジー

本日のランキング【値下がり率】 (7月16日)

投稿日:

本日の株価下落率ランキング【ベスト50】 … 12. <6190> フェニクスB 東証M -12.5 1250 バイオテクノロジー関連. 13. … <3900> クラウドW 東証M -7.4 1451.

-IT・テクノロジー

関連記事

古いPC利用で損失35万円? 日本MSの梅田氏がWin 7やOffice 2010からの乗り換え訴え

古いPC利用で損失35万円? 日本MSの梅田氏がWin 7やOffice 2010からの乗り換え訴え

日本マイクロソフトによると、主力の2in1 PC「Surface Pro」シリーズの2017年度 … ているとし、現状の「Windows 7」や「Office 2010」から、最新のクラウド環境への乗り換えを訴えた。 … *「BCNランキング」は、全国の主要家電量販店・ネットショップからパソコン … 主要; 国内; 海外; 経済; 芸能・エンタメ; スポーツ; IT; トレンド.  ニフティニュース 古いPC利用で損失35万円? 日本MSの梅田氏がWin 7…https://news.nifty.com/article/technology/product/12110-94592/PCは4年経つとトラブルも増えるため、3年以内に新しいPCに買い替えたほうが得だそう日本マイクロソフトの梅田氏によると、4年以上経過したPCの損失額は34万9983円梅田氏はWindows 7やOffice 2010から、最新のクラウド環境への乗り換えを訴えた

PC市場が縮小しても、ウイルスバスターはなぜ売れるのか

PC市場が縮小しても、ウイルスバスターはなぜ売れるのか

まず、「BCNランキング」で過去10年の国内PC販売台数の推移をみていこう。07年の販売台数を「100」とした指数でみると、17年はデスクトップが「38.2」と6割減、ノートPCは「85.6」と15%減と大幅に落ち込んでいることがわかる。とくに12年はWindows 8の販売不振、その後は14年4月の消費増税とWindows XPのサポート …  BCN RETAIL PC市場が縮小しても、ウイルスバスターはなぜ売れ…https://www.bcnretail.com/topics_detail9/id=54392過去10年のPCの国内販売市場を振り返ると、2012年をピークに縮小に転じているが、PCとのセット購入率が高いセキュリティソフト「ウイルスバスター」は、販売本数も売上高も伸び続けている。

人気なコンビニスイーツランキング・ローソン編を大発表!!夢のコラボスイーツが1位に!

人気なコンビニスイーツランキング・ローソン編を大発表!!夢のコラボスイーツが1位に!

というわけで今回はローソンのコンビニスイーツランキングを大発表。女子を対象にインターネットで調査を行い、その結果をまとめました。個性豊かなスイーツが …  ニュース&エンタメ情報『… 人気なコンビニスイーツランキング・ローソン編を…https://news.merumo.ne.jp/article/genre/8684743近年のコンビニエンスストアはスイーツ戦争が勃発!どこのコンビニに行っても美味しそうなスイーツがズラリと並んでいますよね。..

2018年の世界半導体企業ランキングトップ10、上位各社に変動なし – IHS調べ

2018年の世界半導体企業ランキングトップ10、上位各社に変動なし – IHS調べ

英IHS Markitは、先般発表した2018年第4四半期の世界半導体企業ランキングトップ10に続いて、2018年通年のランキングトップ10(最終確定版)を明らかにした。 … そのため、PCメーカーも計画通りに出荷できず、PC販売価格も値上がり傾向となっ …  ニコニコニュース 2018年の世界半導体企業ランキングトップ10、上位…https://news.nicovideo.jp/watch/nw5011351英IHS Markitは、先般発表した2018年第4四半期の世界半導体企業ランキングトップ10に続いて、2018年通年のランキングトップ10(最終確定版)を明らかにした。2018年のトップ10社の順位は上位7社までは2017年の順位か…

動揺する証券市場!世界時価総額ランキングトップ10まとめ(2018年11月末現在)

動揺する証券市場!世界時価総額ランキングトップ10まとめ(2018年11月末現在)

年初から中国本土市場と本土市場の株価下落トレンドが続いているが、中国2大IT企業であるアリババとテンセントは、グローバル時価総額ランキングトップ10を …  GloTech Trends 動揺する証券市場!世界時価総額ランキングトップ1…https://glotechtrends.com/world-share-market-181207/年初まで好調であった証券市場であるが米中貿易戦争などの影響でブルマーケットからベアマーケットに一気に移行した印象だ。2018年11月末時点の世界時価総額ランキングをまとめると同時に、最近問題となった京東(ジンドン)やZTEなど中国企業の株価動向も整理してみたい。