IT・テクノロジー

20代若手社会人が対象の「転職人気企業ランキング」と2020卒学生が対象の「就職人気企業ランキング …

投稿日:

-IT・テクノロジー

関連記事

「W杯大誤審10選」に韓国の疑惑の勝利も… 1位は44年後にドラマ生んだ世紀の判定

「W杯大誤審10選」に韓国の疑惑の勝利も… 1位は44年後にドラマ生んだ世紀の判定

この誤審ランキングは「このテクノロジーはフットボールとW杯の一部となった、いくつかのエピソードを回避できたかもしれない」という書き出しから、カウントダウン …  ニコニコニュース 「W杯大誤審10選」に韓国の疑惑の勝利も… 1位は44…http://news.nicovideo.jp/watch/nw3623141VARで誤審はなくなるのか!? ロシア・ワールドカップ(W杯)は、開幕から連日熱戦が続いている。ゴールラインテクノロジーが前回のブラジルW杯から導入され、今大会からは新たにビデオ・アシスタントレフェリー(VAR)も実施された。そん…

クラウド分野での人材不足を補うAWSの教育プログラムとは?

クラウド分野での人材不足を補うAWSの教育プログラムとは?

圧倒的なIT人材の不足という課題に対して、衆議院議員の小林史昭氏は国家戦略と … ランキングでもAWS資格保持者が上位にランクインしていると説明し、クラウド分野 … 年時代、テクノロジー進展という3つのトレンドに向けた国の施策について披露した。 …. GTX 1050搭載17.3型ノートPCは大画面で仕事からゲームまで超.  ASCII.jp クラウド分野での人材不足を補うAWSの教育プログラ…http://ascii.jp/elem/000/001/734/1734400/アマゾン ウェブ サービス ジャパン(AWSJ)はAWSの教育プログラムについての説明会を開催した。圧倒的なIT人材の不足という課題に対して、衆議院議員の小林史昭氏は国家戦略と取り組み、AWSJ代表取締役社長の長崎忠雄氏がAWS教育プログラムをそれぞれ披露した。

有名アナリストが語る、「今の仮想通貨は80年代のインターネット」。その真意とは?

有名アナリストが語る、「今の仮想通貨は80年代のインターネット」。その真意とは?

つまり、もし今の仮想通貨とブロックチェーンが、80年代のインターネットと同じ位置にいるとしたら、仮想通貨の未来は非常に明るいと言える。ハードウェアとソフトウェアの技術は日進月歩で向上しており、仮想通貨とブロックチェーンの技術がグローバルテクノロジーとファイナンスの未来であると言っても、過言ではない。  hedge.guide | 仮想通貨ニュース | 仮想通貨の比較・ランキング…https://hedge.guide/news/cryptocurrency-80s-internet-201804.htmlビットコインの勢いは、とどまるところを知らない。世界中で取引量が増え、取引価格も全体として上昇傾向が続いている。ビットコインは仮想通貨の代表格として、今は一部の投資家だけでなく、一般の消費者からも注目されており、その姿は、1980年代のインターネットを彷彿とさせる。Ethereum world

4/9付週間シングルランキング1位はBiSHの「PAiNT it BLACK」

4/9付週間シングルランキング1位はBiSHの「PAiNT it BLACK」

4/9付週間シングルランキング1位はBiSHの「PAiNT it BLACK」. 12:00 … の1年ぶりとなるメジャー3rdシングル「PAiNT it BLACK」(3月28日発売)が初週3.9万枚を売り上げ、4/9付オリコン週間シングルランキング(集計期間:3月26日~4月1日)で1位に初登場。 … 11位以降のランキングは「ORICON NEWS」でご覧ください。  topics 4/9付週間シングルランキング1位はBiSHの「PAiNT i…http://www.topics.or.jp/articles/-/30552

日本が遅れをとるITビジネス「第4の波」…主役となる技術は?

日本が遅れをとるITビジネス「第4の波」…主役となる技術は?

本連載は、囲碁AIの研究開発を行う福原智氏の著書『テクノロジー・ファースト』(朝日 … このランキングこそ、福原さんが聞きたいことにとって象徴的な出来事だよ」 …. そのPC市場に参入しようとしたIBMは、自社のPC「IBM5150」の開発に着手。 … 2000年代から2010年代はインターネットという第3の波が立ったわけである。  幻冬舎ゴールドオンライン 日本が遅れをとるITビジネス「第4の波」…主役とな…https://gentosha-go.com/articles/-/20089世界的に過熱するAI開発競争。そのなかで日本のAI開発が周回遅れになっていると、度々指摘されてきました。本連載は、囲碁AIの研究開発を行う福原智氏の著書『テクノロジー・ファースト』(朝日新聞出版)のなかから一部を抜粋し、筆者が囲碁AIの開発を続けるのなかでわかった日本のAI業界が抱える問題点について紹介し…