IT・テクノロジー

U-NEXTが2018年2月度の視聴ランキングを発表 『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』が幅広い層に …

投稿日:

見放題ランキング総評見放題ランキングでは、前月度に引き続きアニメ『ポプテピピック』が堂々の第1位。2位以下を大きく引き離す結果となりました。 放送される度にSNSで話題となったり、テレビやWEBなど各ニュースでも取り上げられることで注目度が高まり、視聴層がさらに拡大しているようです。 またTOP10の半分 …

-IT・テクノロジー

関連記事

KEN Tackeyのデビューシングル「逆転ラバーズ」がオリコンデイリーランキングで3日連続1位獲得

KEN Tackeyのデビューシングル「逆転ラバーズ」がオリコンデイリーランキングで3日連続1位獲得

逆転ラバーズ」は、一度聴いたら頭から離れないサビの「Can touch it !Can touch it! Can take it!」が、自分たちのユニット名でもある「ケンタッキー」を連呼し …  RBB TODAY KEN☆Tackeyのデビューシングル「逆転ラバーズ」が…https://www.rbbtoday.com/article/2018/07/21/162180.html三宅健と滝沢秀明で結成された新ユニットKEN☆Tackeyのデビューシングル「逆転ラバーズ」がオリコンデイリーランキングにて、3日間連続で1位を獲得していることが分かった。

世界スマート都市ランキングで首位

世界スマート都市ランキングで首位

英調査会社ジュニパーリサーチが発表した「世界スマートシティー・ランキング」で、シンガポールが首位に立った。同ランキングはモノのインターネット(IoT)の活用度について世界の主要都市を調査したもので、シンガポール政府が掲げるIT国家「スマートネーション」構想への… 関連国・地域: シンガポール. 関連業種: 経済一般・ …  NNA.ASIA 世界スマート都市ランキングで首位 シンガポール・…https://www.nna.jp/news/show/1738041英調査会社ジュニパーリサーチが発表した「世界スマートシティー・ランキング」で、シンガポールが首位に立った。同ランキングはモノのインターネット(IoT)の活用度について世界の主要都市を調査したもので、シ…

BtoBサイトランキング 1位は12年連続オムロンFAサイト FA(制御機器等)分野のサイトが高評価 ―トライ …

BtoBサイトランキング 1位は12年連続オムロンFAサイト FA(制御機器等)分野のサイトが高評価 ―トライ …

調査概要>. 調査時期 : 2018年4月21日~5月2日. 調査方法 : インターネットを通じたアンケート調査. 有効回答数 : 7,600人. 調査対象サイト数: 195(14分野).  www.atpress.ne.jp 403 Forbiddenhttps://www.atpress.ne.jp/news/159191

1位はYahoo! JAPAN、2位は楽天市場、3位Amazon――ネットユーザー3万人が選んだブランド力の高い …

1位はYahoo! JAPAN、2位は楽天市場、3位Amazon――ネットユーザー3万人が選んだブランド力の高い …

Webブランド指数 総合ランキング(画像は編集部がキャプチャ) … インターネット/ソフトバンク」は「態度変容:企業活動」や「態度変容:製品・サービス」が上昇した。  ネットショップ担当者フォーラム 1位はYahoo! JAPAN、2位は楽天市場、3位Amazon――ネ…https://netshop.impress.co.jp/node/5574日経BPコンサルティングが実施した国内500種類のWebサイトを対象としたブランド力調査の結果は?

ロシアでインターネットを巡り大戦争が勃発

ロシアでインターネットを巡り大戦争が勃発

これを見る限り現時点では世界のIT産業の勢力図とACM-ICPCランキングには高い相関は認められないようである。 今回の世界大会の参加選手の顔ぶれを見てみよう。参加選手の多くが日々プログラミングの能力を競い合っている「CODE FORCES」というサイトがある。 米国の「TOP CODER」や我が国の「AT CODER」と …  JBpress(日本ビジネスプレス) ロシアでインターネットを巡り大戦争が勃発 仮想通…http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/52993現在ロシアで繰り広げられている戦争がある。ロシア政府と人気メッセンジャー「Telegram」との戦いである。2014年ウクライナ紛争の後、欧米諸国との緊張関係が高まるなか、インターネットへの監視体制強化が顕著になっている。その狙いは、ロシア政府が発行を目論む仮想通貨がある。