映画・エンタメ

『ドラえもん』驚異の数字で2週連続1位!吉永小百合主演作が2位【映画週末興行成績】

投稿日:

国民的アニメシリーズ最新作『映画ドラえもん のび太の宝島』が、12日に興行通信社から発表された土日2日間(3月10~11日)の全国映画動員ランキングで2週連続1位を獲得した。 2週目を迎えた同作の週末成績は動員59万9,000人、興行収入7億400万円で2位以下を大幅に引き離す圧倒的な数値で2週連続の1位を …

-映画・エンタメ

関連記事

初登場3位『孤狼の血』は「東映復活」の鍵となる超重要作

初登場3位『孤狼の血』は「東映復活」の鍵となる超重要作

先週末の映画動員ランキングは、3週連続で『名探偵コナン ゼロの執行人』と『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』の1、2フィニッシュ。『ゼロの執行人』は …  Real Sound|リアルサウンド … 初登場3位『孤狼の血』は「東映復活」の鍵となる超…http://realsound.jp/movie/2018/05/post-194096.html 先週末の映画動員ランキングは、3週連続で『名探偵コナン ゼロの執行人』と『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』の1、2フィニッシュ。『ゼロの執行人』は前作『から紅の恋歌』が記録したシリーズ最高興収68.9億の更新目前、『インフィニティ・ウォー』もマーベル・シネマティック・ユニバース作品史上最…

今年の1位はスパイダーマン&ロキ!アメコミ・アワード2018発表 & 今年もやります!ハロウィン&ホラー …

今年の1位はスパイダーマン&ロキ!アメコミ・アワード2018発表 & 今年もやります!ハロウィン&ホラー …

9月21日発売、映画雑誌「SCREEN 11月号」は読者が選ぶアメコミ・アワード2018発表号! ヒーロー部門、ヴィラン部門、総勢50キャラクターのランキングを一挙 …  ValuePress! 今年の1位はスパイダーマン&ロキ!アメコミ・アワ…https://www.value-press.com/pressrelease/208095株式会社近代映画社のプレスリリース(2018年9月20日 10時)。9月21日発売、映画雑誌「SCREEN 11月号」は読者が選ぶアメコミ・アワード2018発表号!ヒーロー部門、ヴィラン部門、総勢50キャラクターのランキングを一挙大公開!今大人気のMARVEL&DCキャラクターが勢揃い。そして、今年もやります!ハロウィン&ホラー映…

「007」シリーズ最新作、ダニー・ボイル版なら「トレスポ」脚本家とタッグ

「007」シリーズ最新作、ダニー・ボイル版なら「トレスポ」脚本家とタッグ

しかしここにきて、以前からボンド映画のメガホンを熱望していたクリストファー・ノーラン監督が参加を否定したほか、製作を手がけるイオン・プロダクションズやMGMがダニー・ボイル監督を希望していると報道されるなど、プロジェクト周辺が騒がしくなっていた。 米Deadlineによれば、ボイル監督は2012年のロンドン五輪の開会 …  映画.com 「007」シリーズ最新作、ダニー・ボイル版なら「ト…http://eiga.com/news/20180320/21/「007」シリーズの最新作「ボンド25(仮題)」の脚本を、「トレインスポッティング」などで知られるイギリスの脚本家ジョン・ホッジが執筆していると、米Deadlineが報じた。本作は、ダニエル・クレイグ版ジェームズ・ボンドの5作目にして最終作

『コナン』V4!GW制し62億円超え!『アベンジャーズ』2週連続2位

『コナン』V4!GW制し62億円超え!『アベンジャーズ』2週連続2位

ゴールデンウィーク後半の4連休と重なった土日2日間(5月5~6日)の全国映画動員ランキングが興行通信社から発表され、『名探偵コナン ゼロの執行人(しっこう …  シネマトゥデイ 『コナン』V4!GW制し62億円超え!『アベンジャー…https://www.cinematoday.jp/news/N0100631ゴールデンウィーク後半の4連休と重なった土日2日間(5月5~6日)の全国映画動員ランキングが興行通信社から発表され、『名探偵コナン ゼロの執行人(しっこうにん)』が4週連続で1位を獲得、ゴールデンウィーク興行を制した。

『万引き家族』アジアでも大ヒット!中国では実写邦画で今年No.1オープニング興収

『万引き家族』アジアでも大ヒット!中国では実写邦画で今年No.1オープニング興収

これは今年中国で公開された実写邦画で最高のオープニング成績。 … 万円だった。6月23日に行われた上海映画祭での公式上映には是枝監督、松岡茉優、 … をたたき出した。7月26日より公開となった韓国でも、ミニシアターランキングで1位を獲得。  シネマトゥデイ 『万引き家族』アジアでも大ヒット!中国では実写…https://www.cinematoday.jp/news/N0102703日本国内で5日までに興行収入42億7,000万円、約349万人の動員を記録した是枝裕和監督作『万引き家族』が、アジアでも旋風を巻き起こしている。