映画・エンタメ

『ハン・ソロ/スター・ウ​ォーズ・ストーリー』:“2018年夏映画”一番乗りの大ヒット!初登場No.1の大ヒット …

投稿日:

週末動員&興行収入ランキングで初登場 No.1の大ヒットスタートとなった!土日2日間の週末興行ランキングでは観客動員数 37 万 5,293 人、興行収入 4 億 …

-映画・エンタメ

関連記事

『のび太の宝島』初登場1位

『のび太の宝島』初登場1位

本作は、脚本を映画プロデューサーであり、『世界から猫が消えたなら』など小説家としても活躍する川村元気氏が担当。テレビシリーズの演出を務めてきた今井一暁氏が長編映画監督デビューを飾った。声の出演はおなじみのメンバー、水田わさび(ドラえもん)、大原めぐみ(のび太)、かかずゆみ(しずか)などに加え、ゲスト …  朝日新聞デジタル&w 『のび太の宝島』初登場1位http://www.asahi.com/and_w/interest/entertainment/CORI2106959.html 3月3・4日の映画動員ランキング(興行通信社調べ)は、『映画ドラえもん のび太の宝島』が、土日2日間で動員71万7000人、興行収入8億4300万円という圧倒的な強さで初登場1位を獲得した。【動画】

何度も聴きたくなる、映画『アリ―/ スター誕生』音楽の魅力

何度も聴きたくなる、映画『アリ―/ スター誕生』音楽の魅力

今年ヒットした映画(洋画)に共通するもの。それは、音楽だ。2018年公開洋画興行収入ランキングの1位の『ジュラシック・ワールド2 炎の王国』(81億円)は …  Web東奥 何度も聴きたくなる、映画『アリ―/ スター誕生』音…https://www.toonippo.co.jp/articles/-/131478今年ヒットした映画(洋画)に共通するもの。それは、音楽だ。2018年公開洋画興行収入ランキングの1位の『ジュラシック・ワールド2 炎の王国』(81億円)はシリーズものの別格として、2位に躍り出たのは、世界的ロックバンド・クイーンの知られざる真実を描いた『ボヘミアン・ラプソディ』(公開中)。3位はヒュー・ジャ…

北村匠海の演技に映画館で大号泣!祭nine.・神田陸人がお気に入りの胸キュン映画BEST3

北村匠海の演技に映画館で大号泣!祭nine.・神田陸人がお気に入りの胸キュン映画BEST3

3月21日〜28日に掲載されるインタビュー&ランキング記事にキーワードが出ています。その文字を繋げるとある言葉が … 浜辺美波さんの自然体の演技が良いですし、北村匠海さんの「もう泣いてもいいですか」って泣きながら言うシーンがあって、胸キュンしつつも映画館で大号泣しました。よく感動して泣くので、基本ひとりで観 …  ニコニコニュース 北村匠海の演技に映画館で大号泣!祭nine.・神田陸…http://news.nicovideo.jp/watch/nw33878352ndシングル「HARE晴れカーニバル」をリリースした祭nine.。ピンク担当の神田陸人は、カレンダーに予定を入れ、ひとりで観に行くほど胸キュン映画が大好き。そんな彼にお気に入り作品BEST3を紹介してもらいました!特に好きなシーンも語…

女性版「オーシャンズ」が初登場首位-週末の北米映画興収

女性版「オーシャンズ」が初登場首位-週末の北米映画興収

週末の北米映画興行収入ランキングは、ジョージ・クルーニーやブラット・ピットらがすご腕の泥棒を演じてヒットした「オーシャンズ11」の女性版、「オーシャンズ8」( …  Bloomberg.com 女性版「オーシャンズ」が初登場首位-週末の北米…https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2018-06-11/PA511O6JTSE901週末の北米映画興行収入ランキングは、ジョージ・クルーニーやブラット・ピットらがすご腕の泥棒を演じてヒットした「オーシャンズ11」の女性版、「オーシャンズ8」(ワーナー・ブラザーズ)が初登場首位となった。

口コミ拡大興行が話題の『カメラを止めるな!』10位に初ランクイン

口コミ拡大興行が話題の『カメラを止めるな!』10位に初ランクイン

夏映画の公開ラッシュとなった8月4日・5日の全国映画動員ランキング(興行通信社調べ) … 館で初日を迎え、満席が続くヒットから7週目にしてシネコン最大手のTOHOシネマズ … これまで短編映画で各地の映画祭を騒がせてきた上田慎一郎監督が …  楽天WOMAN トム・クルーズのニュース – 口コミ拡大興行が話題…https://woman.infoseek.co.jp/news/entertainment/oricon_2117068口コミ拡大興行が話題の『カメラを止めるな!』10位に初ランクイン, 夏映画の公開ラッシュとなった8月4日・5日の全国映画動員ランキング(興行通信社調べ)で異彩を放っているのが、圏外から10位に初ランクインした『カメラを止めるな!』(配給はアスミック・エース/ENBUゼミナール)。6月23日に東京・新宿のK's…