映画・エンタメ

『ブラックパンサー』V4!マーベル映画史上初の快挙

投稿日:

先週末(3月9日~3月11日)の全米ボックスオフィスランキングが発表され、漆黒のヒーローを描いたマーベル映画『ブラックパンサー』が興行収入4,081万7,579ドル(約44億8,993万3,690円)で4週連続となる首位に輝いた。マーベル・シネマティック・ユニバース作品が公開から4週連続で首位を記録するのは、これが初めて。

-映画・エンタメ

関連記事

映画『空飛ぶタイヤ』、3日間で興収約3.4億円の大ヒットスタート

映画『空飛ぶタイヤ』、3日間で興収約3.4億円の大ヒットスタート

土日も好調に数字を重ね、3日間の累計興収で約3.4億円(3億3,534万8,800円)、動員26万6,810名の大ヒットスタートを切った。週末興行ランキングでは新作の1 …  ニコニコニュース 映画『空飛ぶタイヤ』、3日間で興収約3.4億円の大…http://news.nicovideo.jp/watch/nw3602921映画『空飛ぶタイヤ』(公開中)が、公開から3日間で累計興収約3.4億円の大ヒットスタートを切った。同作は、『半沢直樹』『下町ロケット』『民王』など数々のヒット作を送り出し、ドラマ化される度に高視聴率を記録する作家・池井戸潤の同名小説を…

【全米映画ランキング】スピルバーグ監督のSFアドベンチャー大作「レディ・プレイヤー1」が首位デビュー

【全米映画ランキング】スピルバーグ監督のSFアドベンチャー大作「レディ・プレイヤー1」が首位デビュー

アーネスト・クラインによるベストセラーSF小説「ゲームウォーズ」(SBクリエイティブ刊)を、巨匠スピルバーグが映画化。貧富の格差が拡大し、荒廃した2045年の米オハイオ州コロンバスを舞台に、<OASIS(オアシス)>と呼ばれる仮想現実の世界の運営権をめぐり、巨大企業と若者たちが現実と仮想現実を行き来しながら戦い …  映画.com 【全米映画ランキング】スピルバーグ監督のSFアド…http://eiga.com/news/20180403/7/2本の新作が上位に入ったイースターの週末。約4100万ドルのオープニング興収で首位デビューを果たしたのは、スティーブン・スピルバーグ監督のSFアドベンチャー大作「レディ・プレイヤー1」だった。アーネスト・クラインによるベストセラーSF小説「

是枝監督『万引き家族』が初登場1位!

是枝監督『万引き家族』が初登場1位!

土日2日間(6月9日~10日)の全国映画動員ランキングが興行通信社より発表され、第71回カンヌ国際映画祭で最高賞パルムドールを受賞した是枝裕和監督の …  シネマトゥデイ 是枝監督『万引き家族』が初登場1位!:映画週末興…https://www.cinematoday.jp/news/N0101466土日2日間(6月9日~10日)の全国映画動員ランキングが興行通信社より発表され、第71回カンヌ国際映画祭で最高賞パルムドールを受賞した是枝裕和監督の映画『万引き家族』が初登場1位を獲得した。

関東版“住みたい街”No.1は横浜

関東版“住みたい街”No.1は横浜

不動産・住宅サイト『SUUMO 住みたい街ランキング2018関東版』発表会が28日、都内で行われ、総合ランキングで横浜が1位に輝いた。トップ10には、東京都から6駅、神奈川県から2駅、埼玉県から2駅がランクイン。山手線の駅が5駅を占める結果となった。 同ランキングは、関東圏(東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城)在住 …  朝日新聞デジタル&w 関東版“住みたい街”No.1は横浜http://www.asahi.com/and_w/interest/entertainment/CORI2106559.html 不動産・住宅サイト『SUUMO 住みたい街ランキング2018関東版』発表会が28日、都内で行われ、総合ランキングで横浜が1位に輝いた。トップ10には、東京都から6駅、神奈川県から2駅、埼玉県から2駅

福岡の高校での実話元に 17日から佐賀市で上映

福岡の高校での実話元に 17日から佐賀市で上映

福岡県の高校であった実話を元にした映画「野球部員、演劇の舞台に立つ!」が、17日から佐賀市松原のシアター … 八女農高や八女学院の協力を得て、9割のシーンを同市内で撮影したという。2月23、24日公開のぴあ映画初日満足度ランキングで1位を獲得したことでも話題になった。 公開に先立ち、製作プロデューサーの …  佐賀新聞LiVE 福岡の高校での実話元に 17日から佐賀市で上映  …http://www.saga-s.co.jp/articles/-/190155福岡県の高校であった実話を元にした映画「野球部員、演劇の舞台に立つ!」が、17日から佐賀市松原のシアターシエマで始まる。公開初日は10時からの映画上映後、中山節夫監督らが舞台あいさつする。 元高校教諭の竹島由美子さんが、西日本短大附属高(八女市)で2003年から08年に経験した出来事を書き記した…