映画・エンタメ

『ボヘミアン・ラプソディ』、アカデミー賞5部門ノミネート!

投稿日:

-映画・エンタメ

関連記事

樹木希林さん映画は異例のヒットとなるか 著書は120万部突破

樹木希林さん映画は異例のヒットとなるか 著書は120万部突破

樹木希林さん映画は異例のヒットとなるか 著書は120万部突破 … そのドキュメンタリー映画「樹木希林を生きる」が10月4日から公開されることを、一部 … 昨年12月に発売された同書だが、ランキングが発表された時点で発行部数は120万部を突破。  WEB女性自身 樹木希林さん映画は異例のヒットとなるか 著書は12…https://jisin.jp/entertainment/entertainment-news/1766698/昨年9月に75歳で亡くなった女優の樹木希林さん。そのドキュメンタリー映画「樹木希林を生きる」が10月4日から公開されることを、一部スポーツ紙が報じた。   希林さんを長期密着取材し、昨年9月26日に「NHKスペシャル・樹木希林を生きる」として放送されたたドキュメンタリーに未公開映像を加えて再編集。希林さん…

北米映画興行収入=シャマラン監督の「ミスター・ガラス」が首位維持

北米映画興行収入=シャマラン監督の「ミスター・ガラス」が首位維持

ロサンゼルス 27日 ロイター] – バラエティ・ドット・コムによると、週末の北米映画興行収入ランキングは、M・ナイト・シャマラン監督のスリラー「ミスター・ガラス」 …  JP 北米映画興行収入=シャマラン監督の「ミスター・…https://jp.reuters.com/article/usa-boxoffice-idJPKCN1PM01Tバラエティ・ドット・コムによると、週末の北米映画興行収入ランキングは、M・ナイト・シャマラン監督のスリラー「ミスター・ガラス」が1900万ドル(約20億7600…

『アンナチュラル』急上昇で1位! TBSドラマ上位席巻 VM月間ランキング

『アンナチュラル』急上昇で1位! TBSドラマ上位席巻 VM月間ランキング

動画配信サービス・ビデオマーケット(VideoMarket)の2月視聴ランキング(集計期間:2月1日~28日)が発表され、現在放送中のTBS系ドラマ『アンナチュラル』(毎週 … アンナチュラル』は前月10位からのランクアップ。2月下旬のウィークリーランキングでは2月16日からの集計週で初めて1位になり、その翌週(2月23日~)も1位を …  T-SITE 『アンナチュラル』急上昇で1位! TBSドラマ上位席…http://top.tsite.jp/news/news/o/39109654/動画配信サービス・ビデオマーケット(VideoMarket)の2月視聴ランキング(集計期間:2月1日~28日)が発表され、現在放送中のTBS系ドラマ『アンナチュラル』(毎週金曜22:00~)がドラマ部門で1位になった。『アンナチュラル』は前月10位からのランクアップ。2月下旬のウィークリーランキングでは2月16日からの集計週で初めて1…

『検察側の罪人』が2週連続1位!『アントマン』続編は3位スタート【映画週末興行成績】

『検察側の罪人』が2週連続1位!『アントマン』続編は3位スタート【映画週末興行成績】

土日2日間(9月1日~9月2日)の全国映画動員ランキングが興行通信社より発表され、木村拓哉と二宮和也が共演した映画『検察側の罪人』が2週連続の1位に …  楽天WOMAN 木村拓哉のニュース – 『検察側の罪人』が2週連続1…https://woman.infoseek.co.jp/news/entertainment/cinematoday_N0103304『検察側の罪人』が2週連続1位!『アントマン』続編は3位スタート【映画週末興行成績】, 土日2日間(9月1日~9月2日)の全国映画動員ランキングが興行通信社より発表され、木村拓哉と二宮和也が共演した映画『検察側の罪人』が2週連続の1位になったことが明らかになった。 人気漫画を実写化した『銀魂』の続編となる『…

80年代の洋画ランキング やっぱりアメリカのアクション映画!?

80年代の洋画ランキング やっぱりアメリカのアクション映画!?

平成も終わろうという今振り返れば、すでに「歴史」の域に組み込まれつつある80年代。昭和どっぷりの御仁が「面白かった」と思い出す洋画ランキングをCM …  OVO [オーヴォ] 80年代の洋画ランキング やっぱりアメリカのアク…https://ovo.kyodo.co.jp/ch/mame/a-1262035 平成も終わろうという今振り返れば、すでに「歴史」の域に組み込まれつつある80年代。昭和どっぷりの御仁が「面白かった」と思い出す洋画ランキングをCMサイト(東京)が発表してくれた。それによると、アメリカの“スカッとアクション系”が多く、1位はスピード感あふれる『バック・トゥ・ザ・フューチャー』が選ばれた…