映画・エンタメ

『ボヘミアン・ラプソディ』さらに勢力拡大中、4度目週末も興収は右肩上がり ― 全米では音楽映画の歴代 …

投稿日:

映画『ボヘミアン・ラプソディ』が日本全国に巻き起こした“クイーン旋風”は、いまや台風 … オリコンの週間デジタルアルバムランキングにおいても、クイーンは「同一 …

-映画・エンタメ

関連記事

【週末アニメ映画ランキング】「ドラえもん」V4、「プリキュア」は46万人、「えいがのおそ松さん」は20万人突破

【週末アニメ映画ランキング】「ドラえもん」V4、「プリキュア」は46万人、「えいがのおそ松さん」は20万人突破

3月23日~24日の国内映画ランキング(全国週末興行成績・興行通信社提供)が発表された。春休みに突入したこの週末も「映画ドラえもん のび太の月面探査記」 …  アニメハック 【週末アニメ映画ランキング】「ドラえもん」V4、…https://anime.eiga.com/news/column/eiga_ranking/108279/3月23日~24日の国内映画ランキング(全国週末興行成績・興行通信社提供)が発表された。春休みに突入したこの週末も「映画ドラえもん のび太の月面探査記」が強さを発揮し、4週連続で首位をキープ。週末2日間で動員26万2000人、興収3億…

一週間の話題にキャッチアップ!THE RIVER今週の人気記事ランキング(2018/2/17~2/23)『ブラック …

一週間の話題にキャッチアップ!THE RIVER今週の人気記事ランキング(2018/2/17~2/23)『ブラック …

一週間の話題にキャッチアップ!THE RIVER今週の人気記事ランキング(2018/2/17~2/23)『ブラックパンサー』特集まとめ付. いいね! ツイート · B!はてブ. 今週一週間の人気記事を集計し、最も読まれた記事を5位までのランキング形式で発表。 … ブラックパンサー』。THE RIVERによる総力特集で、映画がより面白くなる!  THE RIVER 一週間の話題にキャッチアップ!THE RIVER今週の人…https://theriver.jp/180224-0302/今週一週間の人気記事を集計し、最も読まれた記事を5位までのランキング形式で発表。また、編集部がオススメしたい記事もご紹介。今週の海外ポップカルチャー最新動向は、この1記事でキャッチアップしておこう!集計期間:2018/2/24~3/2の一週間 全65記事今週の人気記事ランキング第5位:マーベル『ブラックパンサー』…

「ボヘミアンー」BDが平成~令和週の売り上げ1位

「ボヘミアンー」BDが平成~令和週の売り上げ1位

13日付でも1位を記録しており、3週連続でBDランキングを制している。映画作品では15年の映画「ワイルド・スピードSKY MISSION」以来、3年7カ月ぶりの快挙だ …  nikkansports.com 「ボヘミアンー」BDが平成~令和週の売り上げ1…https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201905080000593.html伝説のロックバンド「クイーン」のボーカリスト、フレディ・マーキュリーの半生を描いた映画「ボヘミアン・ラプソディ」がオリコン週間DVD、Blu-ray Disc… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

岡田浩暉、話題沸騰の劇中曲「握手券付ければ1位」

岡田浩暉、話題沸騰の劇中曲「握手券付ければ1位」

劇中歌「永遠の川」は、CDシングル予約ランキングで8位に入るなど、映画を見た人 … 永遠の川」が各種CDランキングに食い込んでいることについて聞かれると、「 …  朝日新聞デジタル&M(アン… 岡田浩暉、話題沸騰の劇中曲「握手券付ければ1位」https://www.asahi.com/and_M/interest/entertainment/Cfettp11808250086.html俳優の高橋和也(49)が25日、東京・ユナイテッドシネマアクアシティお台場で、主演映画「たった一度の歌」(宮武由衣監督)の東京凱旋(がいせん)舞台あいさつを行った。埼玉・本庄市などを舞台に「地元で出資

押井守監督、偏愛的映画本刊行

押井守監督、偏愛的映画本刊行

押井氏のフェティッシュを刺激した、いつまでも忘れられない映画を、ジャンルごとにランキング形式で紹介。イタリアの映画『愛の嵐』(1975年、リリアーナ・ …  朝日新聞デジタル&w 押井守監督、偏愛的映画本刊行https://www.asahi.com/and_w/interest/entertainment/CORI2117499.html 『機動警察パトレイバー the Movie』(1989年)、『GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊』(95年)、『イノセンス』(2004年)などの作品を監督した、押井守氏が、新著『シネマ