映画・エンタメ

『ボヘミアン・ラプソディ』動員500万人&興行収入70億円突破 洋画年間1位も視野に

投稿日:

-映画・エンタメ

関連記事

ドラゴンボール最強だと思う敵はあのキャラ!調査結果が発表

ドラゴンボール最強だと思う敵はあのキャラ!調査結果が発表

アニメ「ドラゴンボール」は昨年12月に劇場最新作『ドラゴンボール超(スーパー) ブロリー』が公開され、公開初週の全国映画動員ランキングで1位を獲得。6日時点 …  シネマトゥデイ ドラゴンボール最強だと思う敵はあのキャラ!調査…https://www.cinematoday.jp/news/N0106020鳥山明原作の人気アニメ「ドラゴンボール」の「最強の敵は誰!? ランキング」が、ランキングサイト「ランキングー!」にて発表された。

北米映画興行収入=アベンジャーズ新作が初登場1位、SW抜き過去最高

北米映画興行収入=アベンジャーズ新作が初登場1位、SW抜き過去最高

2位は公開4週目に入ったパラマウントのホラー映画「A Quiet Place(原題)」で、興行収入は1060万ドル。ジョン・クラシンスキー監督、エミリー・ブラント主演の同作は、宇宙からやって来た怪物が少しでも音を立てると襲ってくるため、静寂な生活を強いられる一家に恐怖が襲い掛かるストーリー。 3位は公開2週目の「I Feel …  JP 北米映画興行収入=アベンジャーズ新作が初登場1位…https://jp.reuters.com/article/film-avengers-premiere-idJPKBN1I22MUバラエティ・ドット・コムによると、週末の北米映画興行収入ランキングは、ディズニー/マーベルによるスーパーヒーロー映画「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」が2億5000万ドル(約273億円)を稼ぎ、初登場1位となった。

AIがぴったりの感動をお届け。TSUTAYA AI映画版スタート

AIがぴったりの感動をお届け。TSUTAYA AI映画版スタート

株式会社TSUTAYA(本社:東京都渋谷区/代表:中西 一雄)はAI(人工知能)が顧客の趣向に合ったエンタテインメント作品をすすめるレコメンド …  ECのミカタ AIがぴったりの感動をお届け。TSUTAYA AI映画版ス…https://ecnomikata.com/ecnews/19885/顧客が自身のTwitterでつぶやいていることをAIが分析し、おすすめの映画を紹介してくれるサービス。TSUTAYAのホームページに自身のTwitterアカウントを連携させるだけという簡単操作で、もちろん利用料は無料の画期的なサービスだ。観たい映画を認知できるだけではなく、レコメンド結果をフォロワーと共有することもでき…

【今週のTSUTAYA】人気の本ランキング(2018年5月7日~5月13日)

【今週のTSUTAYA】人気の本ランキング(2018年5月7日~5月13日)

第90回アカデミー賞脚色賞」ほか、話題を呼んでいる映画『君の名前で僕を呼んで』。切なくも甘いひと夏の恋を描いた青春小説は、映画あわせて楽しみたい傑作 …  T-SITE 【今週のTSUTAYA】人気の本ランキング(2018年5月7…http://top.tsite.jp/news/magazine/i/39871798/「SHIBUYA TSUTAYA」(東京・渋谷)では今どんな本が売れているのか。多彩なラインナップとなった最新のBOOK総合売上ランキングを一挙紹介する。

常識を打ち破る快挙達成!映画『ボヘミアン・ラプソディ』が『グレイテスト・ショーマン』を抜いて2018年公開 …

常識を打ち破る快挙達成!映画『ボヘミアン・ラプソディ』が『グレイテスト・ショーマン』を抜いて2018年公開 …

… 物語『ボヘミアン・ラプソディ』が6週目週末を迎え、興行収入53億円突破して『グレイテスト・ショーマン』を超える2018年公開洋画興行収入ランキングNo.2となる …  Qetic 常識を打ち破る快挙達成!映画『ボヘミアン・ラプ…https://qetic.jp/film/bohemianrhapsody-181217/304980/伝説のバンド・クイーン(Queen)。常識を打ち破り世界を変えたフレディ・マーキュリーの生き様を、魂に響く28の名曲と共に贈る感動の物語『ボヘミアン・ラプソディ』が6週目週末を迎え、興行収入53億円突破して『グレイテスト・ショーマン』を超える2018年公開洋画興行収入ランキングNo.2となる快進撃が続いている。